見出し画像

Tableau Tips① 外部サイトへのダッシュボード埋め込み ~ログインなしで閲覧可能にする方法~

こんにちは、Sharing Innovations Tableauチームです!
今回は業務中に詰まってしまった部分の解決方法をご紹介するコーナーです!

TableauOnlineの限界

今回のプロジェクトではBtoCのダッシュボードを作成して、ログインなしで一般ユーザーにも見られるようにしなければいけなかったのですが、残念ながらTableau Onlineにはそれを実現できる設定がありませんでした…。
そこでやり方を模索した結果、TableauPublicにワークブックをパブリッシュし、そのURLを使用して公開するという方法に辿り着きました!
どのように実装したのか?どこに気を付けるべきなのか?を記述していきたいと思います(^^)/

実装方法

①TableauDesktopでパブリッシュしたいワークブックを開き、TableauPublicにログインします。

画像1

画像2


②名前を付け、TableauPublicへパブリッシュします。

画像3


③必要に応じて設定を変更します。
ここで設定を変えないとデータソースなどをダウンロードできてしまうようになるので要注意!

画像4

プロフィールに表示しないようにすると以下のような表記になり、他のアカウントからはダッシュボードが見られないようになります。

画像5


④URLをコピーして、表示させたい先に埋め込みます。
(今回はSalesforceのExperienceCloudにダッシュボードを埋めこみました。)


注意事項

①Tableau Publicにあげると、全世界の人が見られるようになります。
そのため、他の人に知られてはならない情報が入っているダッシュボードをパブリッシュするのには向いていません。

②設定を間違えるとデータソースなどをダウンロードできてしまうようになります。
手順の③にもあるように、ダウンロードを許可した状態にすると他の人がダウンロードできてしまうので設定には注意が必要です。

③Tableau onlineと違って、データの自動更新をスケジュールすることができません。
そのため、更新時には都度手動でTableau Desktop上のデータを更新し、Tableau Public上のダッシュボードを上書き保存する必要があります。

最後に

TableauPublicは、自分で作成したダッシュボードをパブリッシュする以外にも様々な活用方法があります。
私は定期的にお気に入りのクリエイターの方が作成されたダッシュボードを見にいったり、新しいプロジェクトのダッシュボード案を作成する際に参考にしたりと日常的にTableauPublicを使用しています!
世界中のクリエイターが作成したダッシュボードにアクセスしたり、ダウンロードして実際に触ってみたりできるので非常に便利なツールになっています。皆さんも1度見にいってみてはいかがでしょうか?

参照URL

内閣官房:https://cio.go.jp/c19vaccine_dashboard
日本テレビ:https://www.news24.jp/archives/corona_map/index.html

株式会社 Sharing Innovations | シェアリングイノベーションズ
2021年3月に東証マザーズ上場したIT企業、株式会社Sharing Innovationsのnoteです。このnoteを通じて普段お伝えしきれていない社内の様子をお伝え出来ればと思っています! https://sharing-innovations.com/