西田亮介(Ryosuke Nishida)

西田亮介。東京工業大学准教授。博士(政策・メディア)。専門は社会学、公共政策学。情報と政治、社会における民主主義、無業社会等を研究。著書多数、コメンテーター等も。 http://ryosukenishida.blogspot.jp/

西田亮介(Ryosuke Nishida)

西田亮介。東京工業大学准教授。博士(政策・メディア)。専門は社会学、公共政策学。情報と政治、社会における民主主義、無業社会等を研究。著書多数、コメンテーター等も。 http://ryosukenishida.blogspot.jp/

    最近の記事

    自民党と講談社『ViVi』コラボ企画の問題の本質

     自民党が講談社の女性ファッション誌『ViVi』とコラボレーションしたキャンペーンを実施し物議を醸している。概要はこうだ。『ViVi』のサイト内に、自民党の企画広告のページを作成(下記、なお6月19日に6月21日付で企画が終了する旨が付記されている)。 わたしたちの時代がやってくる!権利平等、動物保護、文化共生。みんなはどんな世の中にしたい?【PR】 | ViVi https://www.vivi.tv/post33579/   そこで9人の「ViVi girl」「こ

    有料
    200
      • 第3回 #note書評 竹中平蔵『平成の教訓 改革と愚策の30年』(PHP新書)

        この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

        • 日本共産党の「TikTok」アカウント開設と脊髄反射的反応によるイメージ政治招来の懸念

          この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

          • 日本共産党の「TikTok」アカウント開設と脊髄反射的反応によるイメージ政治招来の懸念

             日本共産党が短編動画共有サイト「TikTok」にアカウントを開設したことがちょっとした話題になっている。 2015年秋に当時の主要政党の広報などに取材して執筆した拙著『情報武装する政治』(KADOKAWA)などでも紹介したが、日本共産党は広報やプロモーションにかなり熱心な政党だ。共産党は政党助成制度について異議を唱え、受け取りを拒否している。  資金的なハンディキャップを有するだけに、やり方次第で比較的低コストでも効果的な宣伝広報が可能なネットの活用において、かなり創意

            有料
            100

            #note書評 第2回 東浩紀(2019)『ゆるく考える』河出書房新社.

            有償マガジン 情報と政治、社会を読み解く教養読書ガイド|西田亮介(Ryosuke Nishida)|note(ノート) では制限なしで公開しています(ただし2019年2月に開始したばかりでまだエントリ少なめです・・・)。 ――― 過日、東浩紀さんの新著をご恵贈いただき読了。本書は日経や文芸誌の連載、日記等を並べ直したものといえる。東さんといえば先日、朝日新聞の「平成の30冊」の4位に『観光客の哲学』が選ばれていたことも記憶に新しい。 2000年代以後、もっとも敏感かつ端

            有料
            100

            #note書評 第2回 東浩紀(2019)『ゆるく考える』河出書房新社.

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            #note書評 第1回 小島慶子『さよなら! ハラスメント』(晶文社)

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            #note書評 第1回 小島慶子『さよなら! ハラスメント』(晶文社)

            小島慶子さんからいただいた新著対談集『さよなら! ハラスメント』(晶文社)読了。小島さんにはリアルには一回しかお目にかかったことがない、しかも現場でほぼすれ違いだったにもかかわらず、ご恵贈いただきありがとうございました。 小島さんといえば、最近では#MeTooを発展させた#WeTooの活動などでも知られている。 本書では、 多様な論者と多様なハラスメントについて議論することで、同時に小島さんの問題意識やこれまでの経験、葛藤が浮き彫りになる印象。作家の桐野夏生さんとの対談は

            有料
            100

            現代日本政治とソーシャルメディア

            ○はじめに  ソーシャルメディアとスマートフォンは生活のあらゆる場面に浸透した。世代を越えて広く利用され、いつでもどこでも情報のやり取りがなされるようになった。また写真や動画、位置情報の機能を利用することで、あらゆる対象を情報化し、送受信することができるようにもなった。  それに伴って、本書の他の章でも論じられるように、メディアとその力学、ビジネス、人々の生活など多くの分野で大小さまざまな変化が生じている。政治もそのひとつである。政治とIT、ソーシャルメディアというと、た

            有料
            300

            現代日本政治とソーシャルメディア

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            車検整備 #三菱 #ギャランフォルティススポーツバックラリーアート

            体調不良で連休の主たる進捗はごく短い原稿を書き上げた以外は愛車の車検整備を終えたことくらいだ。 サーフィンの道具として、不便な場所に立地していた大学、大学院に通学の足として、日常的に車を運転するようになって15年弱。昔は格安車検を利用したが、最近は少し余裕が出たのでもっぱら販売店にお願いしている。 ディーラー車検はアコギだなどといわれたものだが、現在ではさすがにそうでもない。定期メンテナンスの契約に入っているから、基本費用とプラスアルファでずいぶんリーズナブルだ。以前外車

            note再開してみます。

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            政治、選挙関連の2エントリ(『現代ビジネス』『BUSINESS INSIDER』)著者解題

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            noteの使い方

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            そうか、マガジンとエントリというのは、同時投稿だけだとマガジン内無料の仕様ではないのか。

            政治、選挙関連の2エントリ(『現代ビジネス』『BUSINESS INSIDER』)著者解題

            先だって2本の政治、選挙関連の記事、ロングインタビューが公開されました。自分のサイトではないので正確なpvを知るよしもないけれど、ソーシャルメディアのシェアの状況を踏まえると、どちらもそこそこ読まれている印象です。以下では、2つのエントリの著者解題というか補足を試みてみたいと思います。 ちなみに下のエントリは、「2019年、世界と日本の経済はどうなる?株価は?注目IPOは?消費税は?厳選5本」に選ばれています 前者は最近のぼくのわりと中心的な関心事項です。記事中でも言及し