oViceで変わるリモート新人研修のコミュニケーション【人事部必見】
見出し画像

oViceで変わるリモート新人研修のコミュニケーション【人事部必見】

りょうさん

みなさん、こんにちは。
在宅ワークが大好きなりょうさん(@RyosanBIMania)です。

ひょんなことからバーチャルオフィスツールであるoViceに出会い、これはリモートワークに革命を起こすツールだと直感し、自分の勤めている企業に導入をしました。

画像11

※gifはoVice公式サイトから拝借しております。

その時の導入までの歩みがこちらです。

導入してから「あれ、このツールって新人教育に最適なんじゃない!?」と考え、この記事を書いています。
そこで、2021年4月もまだまだ在宅ワークが続くだろうと想定し、新人教育にoViceを活用するべきという内容を投稿します。

画像1

2020年4月の新人教育の課題

画像13

ぼくは毎年、新入社員に自社製品を教育する立場にいて、毎年試行錯誤をしながら教育を進めています。

2020年4月は緊急事態宣言が出されたこともあり、ほぼ用意のないままでのリモート新人研修となりました。どこの企業も同じように手探りで教育をされたことと思います。

予定していた外部業者のIT基礎研修は対面型であったため、急遽できなくなり、ぼくたちがZoom越しにIT基礎研修をするなど、来週の研修内容をどうするかをその場で考えるような事態でした。

そのときはなんとかZoomでできる研修を実施しましたが、どうしてもコミュニケーションが取りにくい環境になってしまい、2020年12月現在でも新人さんに対するフォローアップ研修をしています。

2020年のリモート研修は以下の課題が残ってしまいました。

①受講者同士の気軽なコミュニケーションができない
②受講者と講師が気軽に質問しあえる環境がない
③Zoomで座学をすると、講師が伝えるだけの一方通行になりがち

また、
「配属後に同期が今何をやっているかわからない」
「OJTとはZoomでよく会話をするが、業務のことばかりで雑談はできない」
と言った声を新人さんの声を多数聞きます。
上記課題にあるとおり、リモート教育では気軽にコミュニケーションをとる場がなくなっていたのです。

画像2

oViceを試してみた

このような課題を抱えていて、解決する糸口がないまま悶々としていましたが、2020年11月にoViceの存在を知りました。

会社がリモートワーク主体となって、事業部のメンバーと疎遠になっただけでなく、部のメンバーともコミュニケーションが取りづらい状況になっていました。

oViceを社内でトライアルしていたときに後輩が言った言葉が胸に刺さります。

oViceは"気軽"にコミュニケーションがとれることが利点なのです。これはそのまま新人研修に生かされると思いました。

画像3

oViceをどのように使うのか

画像14

使い方は極めてシンプルです。
oViceの仕事は学校の廊下と教室を作ることです。

画像15

朝、決まった時間に全員がoViceに入り、フロア内で点呼をします。

その日が座学であれば、大きめの会議室にみんなで入り、講義。
画面共有もできますし、講師も新人さんもカメラONにできます。

座学の中でワーキンググループを作って議論となれば、他の小さな会議室に移動して議論します。フロアでまとまって会話するのもOKです。

画像12

画像8

oViceは多人数での雑談ができますので、グループワークが円滑にできます。
講師の方も会議室に入ったり、近くに寄ったりして会話を聞きながら進捗を確認できます。
Zoomでブレークアウトセッションを行き来するより、早くて効率的です。

その日が個人作業の日であれば、各自がフロアに散らばって、それぞれの作業をします。途中わからないことがあれば気軽に講師に質問ができます。
新人さん同士の相談もその場でできるでしょう。

画像8

このような形でフロア内で画面を共有して、議論ができます。


集中して作業をしたい場合、「もくもくルーム」に入ると外部との連携をシャットアウトできます。

画像12

自分がもくもくルームに入ると、周りに誰かがいても、見えない状態になります。(フロアにいる人は誰がもくもくルームに入っているかはわかります)


管理者は会議室の数や大きさをその場で自在に変更できますので、時間割によっては会議室を変えることも良いと思います。

画像10

oViceの使い方についていろいろ書きましたが、特別な工夫をする必要はないと思います。oViceは"oViceがあるだけ"で十分効果を発揮します。

朝、集合時間よりちょっと早くoViceに入って、新人さん同士で雑談をしたり、お昼休みにご飯食べながら雑談をする。

それだけで2020年では体験できなかったコミュニケーションを円滑にとることができます。

画像5

価格を知ろう

oViceは定期利用と単発利用がございます。
新人研修で使うのであれば、単発利用でOKです。

20人が快適に過ごせるスペースで週2,500円です。
仮に新人研修が2ヶ月あっても20,000円です。
部門予算の中で、決済もイージーにいける金額だと思います。

画像5

さぁ、体験しよう

もしここまでで、実際どんなものかを見てみたいと思いましたら、すぐにトライしてみましょう。その場ですぐに体験できます。

👆こちらをクリックしたらすぐ体験できます👆
ぜひ操作性をお確かめください。
24時間、体験することができます。

その後はもし時間に余裕があれば無償トライアルをやってみるといいと思います。
トライアルは2週間試せます。
簡単な入力をする(個人利用としてもOK)だけで、すぐに自分たちのスペースを使うことができます。

トライアルをする際には、この記事が役に立つと思います。

PoCの内容や運用ルールについて記載をしています。

画像6

さいごに

ここまで読んでくださってありがとうございます。
あなたがこの記事を読んでいる今は何月ですか?
2月? 3月? まだ間に合います。申請したらすぐに利用できるようになります。
ぜひ最初の一歩を踏み出してみてください。


みなさまの会社で2021年の新人研修が成功し、新人さんたちが笑顔でいられますように。




スキと言っていただけてうれしいです!
りょうさん
Business Intelligenceと在宅ワークをこよなく愛する高田馬場の中華料理屋のCMO兼CTO