横野弘征

㈱横正機業場の専務。新潟県五泉市で絹織物白生地製造を行っています。2013年に36歳でシステムエンジニアから家業に入る。兄である社長と共に、白生地(素材)の素晴らしさはもちろん、「100年企業」としての歴史を支えた職人さんに感謝し、次の100年に向けて、白生地のみらい、を探る。

100年白いシルクを織り続ける絹織物工場がマスク作りをITシステム構築"ふう"に考えてみた

シルクの織物工場として、不織布マスクを少しでも医療機関に回せるように、シルクの布マスクの生産すること、それをシルクを欲している人に届けたい と思っていますが、内…

マスクが日常によりそうスマートシルクマスクという取り組み

このnoteに書くのも大変久しぶりとなりました。 連載していたユナイテッドアローズ創業者の重松さんとのストール開発。2年たって納められないという超恥ずかし系な進行中…

[その8]UA重松名誉会長に2年たって納められない話➞草木染の作戦会議

重松さんからご要望を頂いたのは ・70cm幅以上の絽と紗の草木染のストール ・一度試作した生地は、もう少しボリュームがほしい あと生地を見ていた時の雰囲気から、 ・…

[その7]UA重松名誉会長に2年たって納められない話➞草木染は星名さんとやるで。

2016年11月30日、東京国際フォーラムにて行われていたPremiumTextileJapan(以下、PTJ)に出展していた私たち(横正機業場)のブースに重松さんに来ていただきました。 ブ…

[その6]UA重松名誉会長に2年たって納められない話➞要望された生地を試しに作ってみる

過去2回にわたり、本当は私たちが伝えたいことを、タイトルから少し逸脱して、書いてきました。 五泉のシルクを知って頂きたいがために、ユナイテッドアローズ名誉会長の…

[その5]UA重松名誉会長に2年たって納められない話➞誰のための何のためのブランド

前回、生地の展示会にでるのに生地を売らない、という選択をしたと書きました。 その効果について先に書いてみたいと思います。 吉とでたか、凶とでたか。 それは、はっ…