本読みの記録(2018)

71

大阪は本当に大阪的か!?〜『大阪的』

◆井上章一著『大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた』 出版社:幻冬舎 発売時期:2018年11月 大阪論です。厳密にいうと「大阪論」に関する論です。これまで人々はどのように大阪を論じてきたか。その議論の紋切型を解体すること。それが本書の趣旨です。「大阪は、ほんとうに大阪的か…

比較研究法による人類史〜『歴史は実験できるのか』

◆ジャレド・ダイアモンド、ジェイムズ・A・ロビンソン編著『歴史は実験できるのか 自然実験が解き明かす人類史』(小坂恵理訳) 出版社:慶應義塾大学出版会 発売時期:2018年6月 これまで歴史に関する本はたくさん読んできましたが、本書の面白味は格別です。キーワードは「自然実験」。一般読者…

民主主義は暗闇の中で死ぬ!?〜『情報隠蔽国家』

◆青木理著『情報隠蔽国家』 出版社:河出書房新社 発売時期:2018年2月 情報隠蔽国家。現代日本の政治社会のありさまを端的にあらわす言葉をそのままタイトルにもってきました。共同通信記者を経てフリージャーナリストとして活躍している青木理がサンデー毎日に発表した文章をもとに編集した本です…

研究者として、組織のリーダーとして〜『走り続ける力』

◆山中伸弥著『走り続ける力』 出版社:毎日新聞出版 発売時期:2018年7月 iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥の研究内容をはじめ、研究に対する姿勢や人となりがよくわかる本。本人が毎日新聞に連載した文章、江崎玲於奈や井山裕太との対談、山中の研究に関心をもってフォローし続けてきた…

明治維新の暗黒面を掘り起こす〜『仏教抹殺』

◆鵜飼秀徳著『仏教抹殺 なぜ明治維新は寺院を破壊したのか』 出版社:文藝春秋 発売時期:2018年12月 日本の宗教は世界の宗教史のなかでも特殊な歴史を刻んできました。中世以降江戸時代まで、神道と仏教が混淆していたのです。平安時代に生まれた本地垂迹説という神仏習合思想がその土台を成してい…

国民の生活よりも大企業の利益〜『日本が売られる』

◆堤未果著『日本が売られる』 出版社:幻冬舎 発売時期:2018年10月 日本を世界一ビジネスのしやすい国にする。これは安倍政権が掲げる主要政策のひとつです。これまで何気なく聞き流していましたが、本書を読んでその意味するところを十二分に理解することができました。要するに国民一人一人の生活…

計算社会科学で情報化社会を読み解く〜『フェイクニュースを科学する』

◆笹原和俊著『フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ』 出版社:化学同人 発売時期:2018年12月 フェイクニュースが政治を大きく動かす時代がやってきました。2016年の英国のEU離脱に関する国民投票や米国大統領選挙では、人々を惑わす虚偽情報がインターネット…

憲法を意識し憲法と対話する〜『憲法問答』

◆橋下徹、木村草太著『憲法問答』 出版社:徳間書店 発売時期:2018年10月 これまで私が読んできた憲法に関する対談や座談の記録は、もっぱら護憲の立場から考えの近い者どうしが集まって安倍政権を批判しつつ立憲主義を考える類の本でした。もちろん有益な読書体験ではあったものの、時に退屈するこ…

古典から平成の新作まで〜『上方らくごの舞台裏』

◆小佐田定雄著『上方らくごの舞台裏』 出版社:筑摩書房 発売時期:2018年12月 上方落語に関する薀蓄や芸談といえば故桂米朝の著作が群を抜いて優れていると思います。講談社文庫に入っている『米朝ばなし』は上方落語愛好家には必読の書といっていいでしょう。実演者以外の書き手ということなら、や…

多様な学問を多様なスタイルで〜『学ぶということ』

◆桐光学園、ちくまプリマー新書編集部編『学ぶということ 続・中学生からの大学講義1』 出版社:筑摩書房 発売時期:2018年8月 ちくまプリマー新書と桐光学園の共同によるシリーズ企画〈中学生からの大学講義〉の一冊です。登場するのは、内田樹、岩井克人、斎藤環、湯浅誠、美馬達哉、鹿島茂、池…