Roko|ライター

北欧好きの30代医療系会社員|広報・取材ライター|暮らしを愉しむ工夫や読書、旅行がすき…

Roko|ライター

北欧好きの30代医療系会社員|広報・取材ライター|暮らしを愉しむ工夫や読書、旅行がすき🌿SONY📸|男の子(3y.0y)のワーママ|マーブルスクール1期生

マガジン

  • 写真がうまくなりたい

    カメラや写真の勉強から得た学び📷

  • 読書記録

    読書記録📚小説、エッセイが多め。

  • 北欧が大好きな私のフィン活日記

    大好きなフィンランド🇫🇮や日本にいても北欧を感じられるイベントやカフェ・雑貨屋・インテリア巡りなどの記録。略してフィン活

  • 広報・取材ライターの月報

    2023年から複業でライターをはじめました。 学びや仕事の振り返りをまとめています。

  • 日々の記録

    日々の暮らしや、日常に取り入れて良かったものの記録✍︎

最近の記事

  • 固定された記事

「器用貧乏」こそ、走りつづけろ! 人気ライター・ゆぴさんが語る「器用富豪」への道

何でも卒なくこなすことができるけれど、何をやっても中途半端。 これといった自分の強みが特にない…。 私ってもしかして器用貧乏かも…と一度は悩んだことがある人も多いのでは? 今回お話を伺ったのは、現在、ライターだけでなく作家、声優とマルチに活躍されているいしかわゆき(ゆぴ)さん。一時期は「器用貧乏は何者にもなれない」と悩んでいた時期があったそう。 でも、さまざまなことをやめずに取り組んでいった先に「すべてが形になった」と語ってくださいました。 ゆぴさんが「器用貧乏」を続

    • 俯瞰しながら粒もみる #AURORA写真塾

      わたしは、写真の大切な要素のひとつである「構図」に苦手意識がある。構図通りにモノを並べても、何故かお洒落にならない。イマイチな写真になることが度々あり、頭を抱えていた。不思議である。 そんな苦手意識を持ったまま、フォトグラファーNana*さんのAURORA写真塾で、遂に構図を学ぶ会がやってきた。この講座で、なにかヒントが得られますように!と願って、始まった1時間半。ずっと悩んできたことが、徐々にクリアになってうきうきした。 講座の内容は共有できないため、今回もわたしの感想

      • AURORA写真塾での作品たち

        フルーツを使って光の使い方を学ぶ 好きなものを持参して、構図を学ぶ

        • テーブルフォトも人生も、準備できるひとになりたい #AURORA写真塾

          こんなにも美しい実用書があるのか」と、時間を忘れるほど魅入ってしまい、ページをめくる手が止まらなかった本がある。 書店の棚の前で、わたしの目を釘付けにしたのは、フォトグラファーNana*さん著書「the moment of SLOW LIVING 写真で紡ぐ、暮らしの時間」だ。 瑞々しい食材や花、手元においておきたくなる魅力的な器、珈琲を淹れるときに沸き立つ湯気など、おいしそうな日常を切り取った写真。 育休中、育児の隙間時間に、何度もこの写真集をひらいては癒されていた。

        • 固定された記事

        「器用貧乏」こそ、走りつづけろ! 人気ライター・ゆぴさんが語る「器用富豪」への道

        マガジン

        • 写真がうまくなりたい
          11本
        • 読書記録
          9本
        • 北欧が大好きな私のフィン活日記
          10本
        • 広報・取材ライターの月報
          13本
        • 日々の記録
          24本
        • インタビュー記事
          2本

        記事

          息子から教わる、好きの狩りとり方

          電車や昆虫、植物、ままごと、すみっコぐらし。子どもは、1つ好きなものが見つかると、どんどん夢中になりますよね。 3歳の息子は花と、特に恐竜がだいすき。 そのため、恐竜グッズを集める日々がここ数ヶ月続いております。おもちゃや図鑑に留まらず、洋服や靴下、お兄ちゃんパンツまでも恐竜柄。プールバックにもトリケラトプスが。 息子がInstagramをやっていたら、「#ダイナソーのある暮らし」「#パキケファロサウルス好きと繋がりたい」とのハッシュタグをつけて投稿しそうな勢いで、何か

          息子から教わる、好きの狩りとり方

          月報|2024.04 グレーの美学と写真で表現できるもの

          既に5月も半月がたってしまいました。4月は次男のヒトメタニューモウイルス(乳児の風邪)の感染や慣らし保育とバタバタした月で、noteと向き合えず。 それでも、月報は自分のための記録としても継続したい!と今更ながら書いております。 4月はたくさんの名言と恐竜に出会った月でした。美容液のようなステキな名言達とともに先月を振り返っていきます。 写真は、見た人の未来を変える力があるマーブルコミュニティ限定のイベントで、フォトグラファーの三浦えりさんに取材をさせていただきました。

          月報|2024.04 グレーの美学と写真で表現できるもの

          2024年 じぶん手帳の活用方法|体調管理編

          新生活が始まり、数週間がたちましたね! ということで、これからの生活をより良いものにするため、新たな気持ちで今月から手帳を始められた方もいらっしゃるのではないでしょうか…? 実はわたしもその1人です。 サボり気味だった手帳を4月からフル活用する、と決意表明を込めて、いまこのnoteを書いております。 今回は、わたしが昨年じぶん手帳を使ってみた感想と体調管理に特化した手帳活用方法をご紹介します。 2024年の手帳紹介:じぶん手帳Ligt mini今年も昨年同様に「じぶ

          2024年 じぶん手帳の活用方法|体調管理編

          子どもから手が離れたらやりたいことは?

          育休中、カメラロールを見返すと、息子オンリーや夫と息子の姿ばかりの写真で溢れている。夫は写真をあまり撮らないタイプのため、わたしの姿はいずこへ…?と思うことが度々あった。 同じように思っている人がいるかもしれない。 そう思い立ったわたしは、公民館の講座で出会ったママ達に「写真を撮らせてもらえませんか…?」とお願いをしてみました。 今考えても、わたしにしては勇気を振り絞った行動だったと思う。 そして、想像以上にわたしに豊かさをもたらしてくれたので、このnoteに書き留め

          子どもから手が離れたらやりたいことは?

          笑っていきましょう、母の友が教えてくれる私がわたしのままでいてもいい感覚

          踏ん張って、笑っていたいのに笑えない。 そんな気分だったからなのか、久しぶりに訪れた本屋でディスプレイされた雑誌の一文に目が止まった。 笑っていきましょう。 と、いう言葉に惹かれて手に取った母の友。幼い子を育てる母へ向けた雑誌だ。 子どもはこうやって遊ぶと笑う、母はいつでも笑顔がよい。という内容の本かと思ったら全くもって違った。 この文章にわたしは突然、鈍器で頭を殴られたように、驚いた。そして、こんなにも母に寄り添ってくれる雑誌があるのかと。 「子どもは大事、わたし

          笑っていきましょう、母の友が教えてくれる私がわたしのままでいてもいい感覚

          月報|2024.03 少しの挑戦をはじめました

          今日は春日和でしたね。さささっと光の速さで過ぎ去った3月ですが、春が近づいてくるのはうれしいです! 今月から写真関連で新しいことに1歩踏み出してみました。早速、振り返っていきます。 ママは子どもと一緒の写真が少ない 育休中に私が思っていたことです。可愛い場面や思い出を残したい!と、シャッターを切ることばかりでスマホのカメラロールには、息子や夫と息子ツーショットなどの写真ばかり。 あれ、私の姿はいずこへ…と思い、同じような気持ちを持つママに向けて写真撮影をはじめてみまし

          月報|2024.03 少しの挑戦をはじめました

          映画「夜明けのすべて」を見て、わたしでも誰かの背中をさすってあげられるかもと思えた新宿の夜

          自分の心と身体のことなのに、自分が1番わからない。感情のコントロールもうまくできない。 そんなときに、そっと寄り添ってくれる人がひとりでもいたら、ちょっとだけ気持ちが救われますよね。 瀬尾まいこさん原作の映画「夜明けのすべて」は、他者を想いやるとはどうゆうことなのか、をやさしく説いてくれました。 普通そうに見える人も、みんな何かしらの深い悩みや傷と言えるものを抱えているのかも知れない。そんな複雑なモノを抱えながらでも、相手の負担は軽くすることができる。自分と関わる人にほ

          映画「夜明けのすべて」を見て、わたしでも誰かの背中をさすってあげられるかもと思えた新宿の夜

          保育園の先生にお礼を伝えると、何倍にもなってうれしいことが返ってきた

          それは、過保護じゃなくて親の愛だよ、お母さん。 そう言って、昨年の秋にわたしを励ましてくれた保育園の先生が3月末で辞める知らせが入った。 他にも長男と関わりのあった先生が4人も退職すると聞いて、今回こそはお礼を伝えたいなと思った。 過去には突然園を辞めることを知り、きちんと挨拶できずに去っていった先生が数人いる。ショックすぎる!と思いながらも、次に会えるわけでも連絡手段もないので、少し心残りだった。 だから、息子の忘れ物を届けるとともに、お昼に出向いてお礼を伝えに保育

          保育園の先生にお礼を伝えると、何倍にもなってうれしいことが返ってきた

          暮らしの中で良いことを見つけるのにも筋トレが必要だ

          今日も生産性のない1日だったなぁ…。 と、思うことが増えた育休中。そんな自分の考えを改めたくて、昨年末から3行ポジティブ日記を始めました。 これは1日の終わりにその日の出来事を振り返り、よかったことを3つ書くというもの。 寝る直前(15分前など)に書くのがポイントだそうで、良いことを考えたあとに寝ると、ポジティブ思考が高められるそう。書くものはノートだけでなく、スマホのメモでも構いません。 無理やりポジティブに物事を考えるの?それだけで、果たして意味はあるの?と正直、

          暮らしの中で良いことを見つけるのにも筋トレが必要だ

          月報|2024.02 会いたい人にあって、笑って、向き合って

          今年はうるう年のはずなのに、逃げるように過ぎ去った1か月。時間が経つのがはやすぎます〜! 2月はとことん自分を休めることを意識しました。そして、会いたい人にあったり、自分を見つめ直したりした月。そんな、私の月報です。 執筆しました 自主企画で取材させていただいた、管理栄養士の木村彩子さんの取材記事を公開しました。今、頑張っていることに疲れてしまった方に読んでいただけると嬉しいです。 イベント参加 lyf Creators' Lab主催のゆぴさんのイベントに参加し、刺

          月報|2024.02 会いたい人にあって、笑って、向き合って

          【イベントレポート】『活躍するフリーランスになるために必要なこと』作家・ライターいしかわゆきさんのトークイベント|#Lyfクリエイターズラボ

          lyf Creators' Lab主催の2024年2月28日(水)に開催された人気作家・ライターのいしかわゆきさんのイベントに参加しました。 現役フリーランスの方やフリーランスの働き方に興味がある方に向けて、「活躍するフリーランスになるために必要なこと」をテーマに多岐にわたって多くのことを語ってくださいました。 今回のnoteでは、イベントの様子をレポートしてお届けいたします。 作家・ライター いしかわゆき(ゆぴ) さん 経営者や著名人へのインタビューやコラムの執筆だ

          【イベントレポート】『活躍するフリーランスになるために必要なこと』作家・ライターいしかわゆきさんのトークイベント|#Lyfクリエイターズラボ

          呼吸をするように、ハグする習慣を

          ハグには物語があると思う。そして、いろんな意味があることを私たちは無意識に知っているし、万能な表現方法だということに気がついた。 大好きを表現するときや久しぶりに会った感動を伝える時にする抱擁は一般的だ。 それだけでなく、行ってきます、おかえりなさい、と挨拶を形容するものから相手の気持ちに寄り添ってあげたいとき、肯定したいときにも使えるから表現のレパートリーとしてはシンプルな割に幅広い。 双方の同意が成り立たないとできないものと思われがちであるが、片方の気持ちだけでも成

          呼吸をするように、ハグする習慣を