私にとっての「6curry」という居場所
見出し画像

私にとっての「6curry」という居場所

2020年の11月で、6curryの会員になって1年が経ちました。あっという間の1年でした。週に1度は必ず行っていて、気づけば私にとって欠かせない居場所となっています。

会員になってからの1年を振り返りつつ、「6curry」という場所が、自分にとってどういう存在なのか改めて考えてみました。会員の人にも、会員ではない人にもお伝えしたいと思います。

そもそも6curryとは

招待制・会員制のコミュニティキッチン。
EXPERIENCE THE MIX.のコンセプトに共感した仲間が集まり、さまざまなMIXが起きています。
・・・6curryHPより

一言でいえば、「会員制、招待制のサブスクのカレー屋さん」といったところでしょうか。
でも、ただのカレー屋さんではないのは確か。HPに「コミュニティキッチン」と書かれている通り、「カレーを通じて人とつながるコミュニティ」といったほうがしっくりくるかも。

会費は、プランにもよりますが、月額980円または月額3980円。それぞれ特典が少し異なりますが、月額4000円のプランは、「1日1杯カレーが無料」になります。

6curryのメンバーになったきっかけ

私が6curryを初めて知ったのは、テレビで「ガイアの夜明け」を見たのがきっかけだった気がします。
当時、神戸で大学生をしていた私は、放送を見て「東京にはこんなイケてるカレー屋さんがあるのか…!就職で上京したら行ってみたい…!」と思っていました。

無事東京で就職をすることができましたが、6curryは「いつか行ってみたい」のままでした。
・・・が!忘れかけていたころに、大学時代の先輩がインスタのストーリーで6curryに行っていたのを見つけました。その後、先輩に「連れて行ってください!!!」とお願いをし、その時に渋谷店で会員になりました。

6curryは私に取ってどんな場所か

1年通って、6curryはどんな場所なのか、改めて考えてみました。

 1.圧倒的アットホーム感

画像1

これは他のメンバーもよく言ってるのですが、とても「アットホームな場所」です。
そのアットホームさが1番感じられるのが6curryの挨拶だと思います。

6curryに足を踏み入れると、普通の飲食店のように、「いらっしゃいませ」という声は聞こえません。代わりに、「こんにちは」とか「こんばんは」という迎え方をしてくれます。退店するときも、「ありがとうございました」ではなく、「おやすみなさい」です。

とっても温かい言葉でいいな、といつも思っています。
よく通っていると、メンバーと顔見知りになります。「おお!今日もいるんだ!」と会話を交わしていると、家族のような、温かみがあります。

 2.ゆるく繋がる、世界が広がる

画像2

6curryに来る1番の目的は、”色々な人と関わることで自分の世界を広げるため”です。6curryのおかげで、仲間がたくさんできました。
6curryで顔を合わせるだけでなく、休みの日にも会ったりするメンバーもいます。つい最近は、何人かで鎌倉にカレーを食べに行きました。
社会人にもなって、休みの日にも会う仲間ができるってすごいことだと思います。

社会人になって毎日働いていると、家と会社の往復になってしまいがち。油断すると、会社が自分の生きている人生のすべてになってしまうような気がします。

6curryには、色々な職業の人がいます。フリーランス、起業家、会社員、シェフ、作家、ダンサー、大学生、投資家、YouTuber…年齢も幅広いです。
6curryは、色々な人とmixできるからこそ、「どこの会社に属している」とか、「会社での役職」とか、そういうものをすべて脱ぎ捨てて、人とフラットに向きあえる場所だと思います。

「世の中にはこんな人たちがいるんだ」と、私が知らない世界がたくさんあるということを日々実感していて、毎日が発見の連続です。


 3.シンプルにカレーを求めて

画像3

私は6curryのカレーがシンプルに好きです。渋谷店の店長の一平さんが、「カレーは宇宙だ」と言っていましたが、本当にどんだけメニューがあるんだろうと思うくらい、レパートリーが無限です。2~3日おきにメニューが変わり、おかずも少し変わり、飽きることはありません。毎回、今日のカレーは何だろう、と楽しみにしながら向かっています。


画像4

(おかずも本当においしい…。イチオシはけいごさんのハンバーグです。)



6curryのメンバーになるには

こんな素敵な場所、6curryですが、メンバーでない方は少し興味がわいてきましたか…?

冒頭にも書きましたが、6curryは「会員制・招待制」なので、メンバーの誰かと一緒にお店に遊びに行って、その場で登録をするという手順になっています。

または、月に2回ほど開催される、非メンバーでも参加可能な「ワークショップ」に出ると、希望すればその場でメンバーになることができます。

おわりに

会員目線で、「わたしにとっての6curry」と語ってみました。

会員になる前、仕事終わりに何をしていたか忘れるくらい、6curryが毎日の生活に必要な存在になっています。
これからも6curryでたくさんの出会いや学び、新たな発見があって、きっと私にとって欠かせないコミュニティであり続けるんだろうなと思います。


告知  ~1日店長するよ!~

突然ですが、12月4日(金)に、渋谷店にて1日店長をします!

ずっと店長をいつかやってみたい、と思っていたのですが、店長をするテーマが全く思いつきませんでした。「自分のアイデンティティとは…?」という状態になっていたのですが、他のメンバーと一平さんから「地元愛媛をテーマでやりなよ!」と助言をいただき、”mix 愛媛(なぎNight)”をやらせていただくことになりました。

愛媛に来たことがある人もない人も、愛媛の良さとか、温かさを感じられるような1日店長DAYにしたいと思っています。愛媛の名産品を提供する予定です!(蛇口は用意できないだろうけど、ポンジュースは出したいなあ…)
キッチンに立つのが初めてなのですが、まだお話したことがない人ともたくさんおしゃべりしたいです。金曜日の夜ということで、仕事帰りにふらっとお越しいただけると嬉しいです。お待ちしてます。

最後まで読んでくださってありがとうございました!またキッチンでお会いしましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なぎ

読んでくださってありがとうございました! サポートは本や勉強代に使わせていただきます!

うれしい!
1996年生まれ。週5で広報の仕事をして、時々文章も書いてます。noteはキャリアの話や日々のつぶやき。読書とガジェットと珈琲が好きです📚☕️⌨️