見出し画像

写真と音の展覧会「You Can't Touch Forever 永遠に触れることはできない」

目には見えるが直接触れられない月や星、深い海はもちろん、そこにあるのはわかっているのに、見えない、聞こえない、触れることのできない存在がある。

多くの創作者はなにかをつくるときそのプロセスを通して、その存在に直に触れたい、そのエッセンスを作品に閉じこめたいと願う。私もその一人だ。
インスピレーションに導かれて制作していると、それに触れそうだと思える瞬間がある。だが、次の瞬間にそれは、波のように彼方へと還るのである。

画像1

コロナ渦にあって我々の「触れる」ことへの定義や価値が大きく揺らいでいる。

Room Aには、触れられそうなのに触れられない(がもしかすると触れているかもしれない)ものの象徴としての写真を

Room Bには、触れられなさそうなのに触れられる(が本当に触れているかは定かではない)ものの象徴としての音を

それぞれ展示する。

写真と音の展覧会
「You Can't Touch Forever 永遠に触れることはできない」

1/26 (Tue) - 2/7/2021 (Sun) 月曜休廊
Open 12:00-19:00(最終日17時まで) 入場無料

Gallery Camellia ギャラリーカメリア 
東京都中央区銀座1-9-8奥野ビル5階 502号
http://www.gallerycamellia.jp
https://www.facebook.com/gallerycamellia
info@gallerycamellia.jp

写真はすべてアナログプリント(リスプリント、タイプCを含む)

サウンドと音楽は安達ロベルトの制作、小松"KMD"久明と田尾優子構築のサラウンド音響システムによるパフォーマンス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
I love you too!
9
【アートは豊かにする】人がどのようにつながり創造するかに常に関心を持ち、十代で外国語、プログラム言語、アート、大学で国際法を学び、22歳で作曲、32歳で独学で写真を始める。国内外で受賞多数。メディア掲載情報はツイッターかFBをどうぞ。作曲家、写真家、画家、演出家。上智大学卒業。