見出し画像

わたしが教員ではなく就活に切り替えた理由

大学生になり、今まで本当にいろいろな経験をしてきた。
教育学部ということもあり、特に教育の学習には力を入れてきた。

ラボパーティという3歳からやっている習い事では毎週異年齢の子と関わったり、母校でのボランティアや、海外の教育を知りたいと思い1人でアメリカに行き幼稚園でボランティアをしたり、アルバイトでは発達障がい児への支援塾をしていて今年で4年目になる。

こういった経験や教員採用試験の勉強や討論をする中で、

互いを理解し合い、尚且つ自分に自信を持って 学びに向かうことができる教育界

になればなあと思うようになった。

討論をしてても、「クラスでいじめがありました。担任としてどう対応しますか?」といういじめがある前提のテーマだったり、塾の生徒を見てても「自分はどうせできないから...」「周りの友達や先生がもっと〇〇しなさいって言うから...」という自己肯定感を否定するマイナスな言葉を耳にし、これが学校教育の現状かと実感した。

上記のことを踏まえ、私は学校としての限られた領域の教育ではなくて、社会としての教育について学び携わり、大きな影響を与えたいという想いが強くなった。

しかし、いじめの根本を改善したり、インクルーシブ教育に直接働きかけている企業はごく僅かだ。
だからといって、今の自分には起業をする知識も能力も無い。

だからまずは、子ども一人一人の可能性を引き出せる職業に就きたいと率直に思うようになった。
目指す教師像も「可能性を引き出せる教師」だった。

だったら教員でいいのでは?

という話になる。別にわたしは教員が嫌だとかそういうわけではなく、集団の前でアクションを起こすことは好きだし子どもはもちろん大好き。

しかし、実際に今の私が教育現場に出て、30人もの児童がいる中で、本当に1人1人にあった教育・1人1人の可能性を引き出せる教育を叶えられるのか。

もちろん努力はするしできる限りの時間は費やすが、学習指導要領のもとカリキュラムに縛られている中で、その授業をこなすのに必死で、1人1人に合わせた教育をこなすのははっきりいって難しいと思う。

そして社会を知らない私が、児童たちに未来や進路について寄り添って語ることはできない。

そして新学習指導要領では、「生きる力」を育むことが学校教育の基盤となっている。
それを児童たちに育ませるためには、まずは自分が “知識・技能” “思考力・判断力・表現力” “学びに向かう力・人間性”を育めるように、社会に出て成長したいと感じた。

どう職にしていく?

以上のことを踏まえて、教員としてではなく、民間企業として教育のことを考えられるように、就職活動にすることを決心した。

その子の可能性を引き出し、自信が持てるように、わたしが影響を与えられる職に就く。

人材教育、塾講師、教育コンサルタントなど、様々な職の中から、就活を通して想いを叶えられる企業を探していきたい。

教員を目指してきたから、教育を勉強してきたからこそ、改めて自分の理念に気づくことができた。
他の就活生よりスタートダッシュが遅れてるからこそ、今までの学びを生かし慎重に頑張ります。

なにかこれを見てアドバイスがあれば教えてください🙌

#就活 #就活生 #教育 #教員採用試験

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22
ただの女子大生☺︎感じたことを思ったままに書きます☺︎
コメント (4)
はじめまして!
きちんとご自身のやりたいことを見つめ、決断されたこと素晴らしいと思います。
私は逆の進みで、民間に勤めた後、小学校教員を目指します。
自己肯定感、自己効力感が低い大人が多いことに気づき、みんなそれぞれでみんないいと思える子供を育成していきたいと思うようになりました。
まだまだ勉強し始めたばかりなので、教育学先輩のrinnnさんの考え方に触れ、今後も教えていただきたいなぁと思いました。
就職活動がんばってくださいね!
はじめまして!私が大学生のときと境遇がかなり似ていたのでコメントしました。私も教員を目指して教採を受けたりもしていましたが、結局、某映像予備校に就職しました。子どもや教育に関わる仕事は民間企業でも山のようにありますが、会社ごとで目指しているゴールは全然違うので、自分の軸と合致するところを探していけばどんな職種でも活躍できると思います!応援してます。
いいね!応援してるぞー(^^)/
若いというだけで、あなたの人生チャンスありまくり(^O^)

>起業をする知識も能力も無い

んなことはない(^^)

起業に必要なのは、想いや情熱。

>就活を通して想いを叶えられる企業を探していきたい

そんな企業があればいいけど、なければ作った方がいいかも(^^)!


>自己肯定感を否定するマイナスな言葉を耳にし、これが学校教育の現状かと実感した

たしかになー
今の日本の教育は、いろいろな問題を抱えている。

ただ世界を見渡すと、学校に行けない子供が何千万人といるんよな。

たしかに今の日本の教育はベストではないだろうけど、
先人たちが、血のにじむような努力をし、いろいろな困難を乗り越え、
学校を作ったり、日本の教育を発展させてきた歴史がある。

そういう歴史を勉強したり、先人への感謝の気持ちも忘れないようにな(^^)/

あなたは賢く、想いもある。
応援してるぞー(^^)/
教育についての熱意、とてもすてきだと感じました。
教師はいろいろな経験を経てからなるのがよかったなあと今、思いかえしています。私は大学を出てから何も考えずに教師になりましたが、教師の世界は狭くてやたら忙しかったです。
今は教育コーチとして外からの支援をしていますが、本やセミナーなどで学ぶことが増えるたびにもっとこんなこと知っておけばよかったと思うことばかりです。

子供たちの未来を明るいものにしたい、その想いを形にできる日がきっとくると信じてたくさんの経験を積んでいってくださいね。応援しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。