【読書記録】ケン・リュウ「愛のアルゴリズム」 もう『愛してる』なんて信用できない?
見出し画像

【読書記録】ケン・リュウ「愛のアルゴリズム」 もう『愛してる』なんて信用できない?

リューゴンス

物語は夫に伴われた不安定な女性の登場で始まる。どうやらなんらかの病気からの回復の途上の様だ。どうしてこうなったのか? 彼女は答えを求めて過去に想いを巡らすが、それが読者の疑問にも応えるための仕掛けとなる。ロボット開発を縁に愛した夫、そして幼い子供の死。それを乗り越えるための新たなロボット開発。彼女がこうなってしまった原因となる事件が回想され、現在時間軸と入れ替わりに読者に提示される。何かを見るたび彼女は過去の事件に引き戻される。進むにつれ読者は彼女の心の傷に同期していく。彼女は決して回復することはない。それに気がついた瞬間を捉えて物語を収束させる。愛のアルゴリズムに従い夫に対して彼女は「愛してる」と口にする。部屋の隅で反応して「わたしも愛してるわ」と言うロボットと等しいアルゴリズムによって。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
上手!
リューゴンス
自由人です。平和主義。時々作曲、ベース弾く。巨匠の技術を学ぶべく名著の冒頭を写経したり、観たアニメやドラマを解析します。さすらいの購買部資材課。サプライチェーニスト。ロジスティッカー。コントラクティスト。バンド活動はBigdaddysとANYなど。現在無期限停止中だが近日復活予定