リワードローブ株式会社

「自分らしさを愛し、私が私を装い、私が私を生きること」 パーソナルスタイリングサービスを提供する会社です。 公式youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC-2nc0rzd_rDgnhw4GjOzzA

リワードローブ株式会社

「自分らしさを愛し、私が私を装い、私が私を生きること」 パーソナルスタイリングサービスを提供する会社です。 公式youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC-2nc0rzd_rDgnhw4GjOzzA

    最近の記事

    • 固定された記事

    スタイリング特訓①白シャツワンピ

    ※同じ内容を動画でもご紹介しています。こっちも観て頂けたら嬉しいです。 お悩み編 解決編 リワードローブ南部です。 スタイリングの技術と楽しさをお伝えするシリーズ「スタイリング特訓」 リワードローブの商品の1つはスタイリングなわけですが、 雑誌やメディアで見るのは、スタイリングが完成した後のコーディネート。 雑誌にもSNSにも、素敵なコーデが溢れています。 でも、思うことありません? 「モデルさんがキレイじゃん、手足長いじゃん、元が違うじゃん」 「素敵だけどそれ全身の合計

      • 「プロフィール写真の大難民なんです」【プロフィール写真ケース紹介】

        2022年12月のプロフィール写真撮影会に参加してくれたNさん。 都内で働き、仕事用のプロフィール写真を撮ろうと思っていたところだそう。 申込前、最初のメッセージの冒頭で、 「直近、プロフィール写真の大難民と化しておりまして、、、」 との言葉。 大難民!本当に困っていそうな様子が伝わってきた。 これはぜひとも、チームリワドロで気に入る写真を!!とこちらも気合いが入る。 メッセージのやり取りは終始丁寧、早い、的確。これまでのご経験を伺いさらに納得、「仕事でご一緒したらとてもす

        • リワードローブのプロフィール写真撮影会のご案内

          リワードローブで開催しているプロフィール写真撮影会のご案内です。 「これからのあなた」を表現するプロフィール写真を撮影します。 あなたを表すプロフィール写真、本人に対面するよりも先にプロフィール写真を見る機会も多く、あなたを表すものと言えます。 プロフィール写真は撮ってからしばらくの間、使用するので、その期間、「どんな私として生きていくか」の宣言のようなものだと捉え、あなたが今考えていること、これからしたいこと、これまでやってきたこと、いろんなことを伺って、「これからのあな

          • スタイリストとして、伝えたいことを伝える記事が出来た。今すぐデニム買うつもりはない人にも是非見てほしい。

            みなさんは、服の解説記事を読んで、「うおおお、そういうことかああああ、欲しい、いますぐ欲しい」となったことはあるだろうか? 今回は、そうなって欲しいと願いながら 一生懸命書いた解説記事の裏側をお届け致します。11月に、とあるお話をいただいた。 ご連絡を頂いたのはプレミアムアウトレットさんのWEB担当様で、 「デニムの記事の監修をお願い出来ませんか?」とのことだった。 とても嬉しく、もちろん即お受けした。 どこで私のことを知ってくださったのか問うとSNSの解説を見てくださ

            デニムの記事制作でファッション記事あるあると向き合った話

            リワードローブ南部です。 この度、プレミアムアウトレットのウェブメディアで、デニムの記事をリワードローブが書かせて頂きました。 記事はこちら。 【人気スタイリストが解説】有名デニムブランドの推しポイント&良さが引き立つコーデ - PREMIUM OUTLETS TIMES このお仕事の中で、「ファッションを言葉で説明するってどういうことか」をいつもの動画解説とは違う角度で捉え直すことができた! ってことをお伝えしたいんですが、 もともとは監修のみの依頼だったのに、細かい表現

            服を着る時に必要なのは、センスではなく楽しい気持ちだと思う。

            こんにちは、ReWardrobeスタイリストの川村です。 1つ前の記事、ご覧いただけたでしょうか。(まだの方、是非!) 今日はこの記事を出した後の話です。(読んでなくてもついていけますのでもしお時間ない方はそのまま進んでくださーい!^^) この中で南部がこう書いているんです。 "服オタクでファッションについてアドバイスできるスタイリストは、知識もセンスもある人ほど、 「つまんない服にはこんなアクセントを入れたらいいよ」「今日の恰好つまらないってときは、小物か着こなしで工

            「私の服、つまんないなって」に希望を見る

            リワードローブ南部です。 今日のキーワードは「つまんない」 つまんないって、字面も本当につまんないって感じするし、退屈で、あーあってな感じがする、この言葉。 「私の服、つまんないなぁって思ったんです」 今日午前中にやっていたスタイリング講座の中で、参加者の女性が。 こんなかんじ、というのを画面共有で見せてくれる。 「ね?ほら、つまんないでしょ」と言わんばかりの表情で。 そこに写っていたのは、まあたしかにシンプルで、個性的って感じではない、普通の服。 私は「何をつまらないって

            リワードローブのプロフィール写真撮影会の様子

            リワードローブ南部です。 リワードローブでは、プロフィール写真撮影会を不定期開催しています。 まずは12月の開催で撮った写真の一部をご紹介。 個人で仕事をする人が増え、プロフィール写真のニーズは高まっています。それに加え、LINEのアイコン、SNSのアイコンに悩む!という経験は、現代は誰しもありそうです。 リワードローブでは、スタイリスト、ヘアメイク、カメラマンという三人の技術者の技を存分に使ってプロフィール写真を撮影するのですが、 プロフィール写真って、撮影からしばらく

            勝ち筋見えないまま迎えた2023年をどう生きようか

            リワードローブ南部です。 弊社はゆるやかに今年の仕事が始まっていて、明日、川村と今年の作戦会議をして来週から本格稼働の予定です。 計画立てたら、「今年も頑張りまーす!」って感じでnote書くか、と思ってたんだけど、 明日の作戦会議がどんな時間になればいいか、今話さないといけないことは何なのか、一人で考えていて、 何とも言えない、このぐちゃっとした、もやっとした、どろっとした、薄暗い感じのものが胸と頭を占拠している。 きれいな計画よりもこっちを出す方がいいでしょ、と思い、今日の

            川村、2022を振り返る。

            3月に会社を設立し、9ヶ月が経過した。 この9ヶ月は、本当に修行のようなものであった。修行はアシスタント時代に経験したが、今回の修行は誰も教えてくれない、サバイバル修行。 全部自分でやるしかないし、やらないと進まない。そんだけ。 完全自己責任サバイバル修行である。(そういうゲームありそうだね、それかテレ朝の番組) まず私はお恥ずかしながらビジネスが全くわからないところから始めたようなもなので、相方彩子には大変迷惑をかけつつ、なんとか進んできた。 会社始めた当初なんか、誰か

            盲目の章代と服の話してみたら、服の楽しみって何か考えるきっかけになった。

            服を着る楽しみは大きく2つ。 ①「自分が楽しい」 ②「人に見てもらっての感想や、見た目への効果、共有などが楽しい」 この二つかなと思います。 そんな中、盲目の章代と先日トークライブしたんです。 その様子はこちら。(アーカイブ) 友達同士のノリで内輪のおしゃべりのようなものだけど、公開にしました。 私たちは「服に正解はないし、人はみんないろんな価値観やいろんな視点で服を着てる」と思っています。私はスタイリストだけど、私が思う服が正解なわけじゃない。 それぞれの見方を尊

            服オタクに付き合ってコレクションを観たら想像と違う感動の涙だった話

            リワードローブ南部です。 コレクションって、皆さんは観たことありますか? パリコレ、ミラノコレクション、などなど。 「ランウェイがあって、モデルさんが歩いてて、っていう映像が観たことあるな、写真はニュースで流れてくるのたまに観るな」 私を含め、一般の人にとってはそんなものかと思います。 スタイリスト川村のような服オタクにとって、コレクションは超絶テンション上がるもののよう。 今日は川村の自宅で打ち合わせ。昼。 川村「ごはん作るから、待ってる間、これを観て」 画面に映し出され

            個人向けのサービスメニューご案内

            リワードローブ南部です。 tiktokやfacebookで動画を観て頂き、ありがとうございます。 動画を観て「スタイリングってこういうことか!おもしろい!」 と思ってもらえるといいなと思ってやっています。 頂くコメントや反応を通して、皆様とコミュニケーションしながら作れるのもとても楽しいです。 コメントで困りごとや悩みごとを頂いたりするのですが、動画ではどうしても、一般的でいろんな人に当てはまるような内容を扱うことが多くなってしまいます。 でも、スタイリングの価値の1つは個別

            アパレルブランドの展示会に行ったら服の面白さが言語化できてリワドロの夢が広がった

            こんにちは、リワードローブ南部です。 昨日は川村と2人で展示会に行ってきました。 展示会っていろんな業界でやってますよね、アパレル業界に縁がなかった私が行ったことあったのは、IT関連のいろいろ、食品、住宅設備、など。 それに比べてアパレルのおしゃれなことよ。そりゃそうか。 秋冬の服が置いてあるわけなんですけどね、 このnoteは「こんなのとか、こんなのとか、可愛かったです~」っていうレポじゃないです。 それきっとスタイリストさんや雑誌などメディアの方が書かれたSNSやらブログ

            ファッションは、だし巻き卵。

            こんにちは。ReWardrobeのスタイリスト川村です。 突然ですが皆さんはだし巻き卵を作れますか? 簡単ですか?それとも難しいと感じますか? 私は、実は「そんなん誰でも出来るっしょ」 とナメていまして、20歳くらいの時に作ってみたら、 「噂の東京マガジン」の、街中でご飯作らせる企画くらいくちゃくちゃでした。 びっくりしました。 焼けばいいんじゃないの?なんでこんななんの? 一人暮らし歴もそこそこ。でも自分のために作る料理は形とか気にせず、テキトーにスクランブルエッグ

            「tiktokフォロワー1万人達成」のその日

            リワードローブ南部です。 昨夜、 tiktokのフォロワーが1万人になりました。祝! アカウントはこちら↓ スタイリングってなにするの? スタイリングって何ができるの? スタイリングの価値と面白さを伝えています。 なぜtiktokやってるのかっていう真面目な話はまた今度。 なにせ今日はめでたい!そして最後にオチがついてそれも私たちらしい気がする。 たまたま撮った、私が川村に自分の服の相談してる動画(noteに書いた記事はこちらスタイリング特訓①白シャツワンピ|リワード