見出し画像

PHOTOSHOP/パスとマスクを使用した合成方法

こんにちは。
レタッチャーの大谷です。

前回《PHOTOSHOPテクニック!! 描画モードを使用して30秒でできる雰囲気写真》という記事で使用したカフェの写真が、実はあるものが合成されてできていた、というクイズの種あかしをしようと思います。

まずは写真を見てみましょう。

こちらが合成後の完成画像です。

画像1

この写真のどの部分が合成されてるかというと

キャラメルラテの泡の部分です。

次に元の写真を2枚見てみましょう。

画像2

Aがベースの写真、Bが合成した泡の部分です。

Aは、カップの向きはいいですがイマイチ美味しそうではありません。

Bの泡は美味しそうですよね。

ですので、この両方のいいとこ取りをして1枚の写真を作り上げているんです。


では合成方法を見ていきましょう。

1.Bの画像の泡をパスで切り抜く

切りぬき方法はいろいろありますが今回はパスを使用します。

このように

泡だけではなくカップの口を少し含めてパスを取ります。

泡は背景の暗い部分が入らないように少し内側を切るのがコツですね。

画像3


2.パスで選択範囲を作成し、マスクをつける。

1で作成したパスで選択範囲を作ります。

この時選択範囲を少しぼかしておくと良いでしょう。

選択範囲を作った状態で、上のメニューから《選択範囲》→《選択範囲を変更》→「境界線をぼかす」を選びます。

エッジをぼかす事でより自然になじませる事が出来ます。

ここでは1ピクセルぼかしておきます。

画像4

次にこの選択範囲を作成した状態でマスクをつけるアイコンをクリックするとマスクがつき、選択された部分以外は透過されます。

画像5

画像はこのようになってます。

画像6


3.レイヤーを移動してサイズを合わせる

では切り抜いたBの画像をAの上に移動させます。

画像7

上にかぶせる様に位置とサイズを合わせます。

サイズは自由変形で丁度良い感じにしてください。

画像8

位置や形は合いましたが、このままだとカップの口のあたりに違和感があります。

では次に行きましょう。


4.マスクを修正する

マスクをブラシで調整していきましょう。

まず、マスクを選択してください。

選択するとサムネールの周りに白い枠が付きます。

画像9

2で作成したマスクは今このような状態です。

画像10

境界線がはっきりしているので違和感のある箇所を黒のブラシで軽くなぞり、下のレイヤーにある元のAの画像を少し出していきます。

この時ブラシの不透明度か流量を少し弱めにし、

少し大きめでボケのある柔らかいブラシを使用するとよいでしょう。

今回は流量を14%程度にしておきます。

画像11

実際の画像を見ながら弱めのブラシで何度かなぞってあげます。

この青く囲った辺りの境界をぼかしてあげるイメージです。

画像12

画像13

マスクだけを見てみるとこの様な感じです。

画像14

このようにブラシで境界を薄くしてあげる事で境界線をとかして自然な合成をする事ができます。

画像15

これで写真の合成が完成です。

このあとに前回やった《PHOTOSHOPテクニック!! 描画モードを使用して30秒でできる雰囲気写真》をすることでより写真の完成度が上がります。

いかがでしたか?

ライティングが同じような写真は、わりと自然な感じで合成することが出来ます。

1発撮りが難しい時はそれぞれの箇所を良いとこ取りして合成してみるのもいいですね!!

是非試してみてください!!

このカフェ写真のレイヤーデータがDLできるレタッチ書籍はこちら



パスを使用したオススメ記事

PHOTOSHOP/カラバリ作成で大活躍!!商品の色変更テクニック!!

スキボタンを押すとPHOTOSHOPのショートカットキーがでるよ。
沢山おして覚えてね☆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
レタッチャー / 大谷キミト

頂いたサポートは新作の素材や資料などに使用させていただきます。

ショートカットキー:スタンプツールはS
レタッチャーという職業です。 写真とPhotoshopで広告ビジュアルを制作しています。 noteでレタッチテクニック大放出中です。 レタッチ事務所NORD WORKS代表 https://www.nordworks.net