remgoto / 後藤連平

建築メディア「アーキテクチャーフォト( もっとみる

remgoto / 後藤連平

建築メディア「アーキテクチャーフォト( https://goo.gl/NCpmxD )」編集長。組織・小規模事務所勤務を経て、独学でメディアを設立。実務を知り設計者の心情を理解した編集者。単著は『建築家のためのウェブ発信講義』( http://amzn.to/2nB4KOw

マガジン

  • アーキテクチャーフォト後藤の思考推敲

    アーキテクチャーフォト編集長が、単著『建築家のためのウェブ発信講義( http://amzn.to/2ESVm0N )』執筆以降に考えたことを綴っていきます。 日々の雑感や、建築家・クリエーターの活動のヒントになるアイデア・ノウハウなど。

  • #建築 まとめマガジン

    note上の建築系記事をまとめていきます。 #建築 をつけて投稿しよう!

  • アーキテクチャーフォト後藤のメモ帳。

    ネットや書籍で見つけた、建築・ウェブ発信・ビジネスに役立ちそうだと思った記事を「メモ」していきます。せっかくなので皆さんと共有します。宜しければどうぞ。

  • 「建築家」のためのアーキテクチャーフォト流ウェブ情報発信講義

    組織設計・小規模設計事務所での実務経験の後、独学でウェブメディアを立ち上げビジネス化した経験をもとに、「建築」を生業とする人たちに参考になる考え方・情報・ノウハウ・を綴っていきたいと思います。

  • 建築レビュー

    実際の建築を訪問した体験から、その建築をレビューします。

最近の記事

  • 固定された記事

remgoto / 後藤連平について

■プロフィール1979年静岡県磐田市生まれ。2002年京都工芸繊維大学卒業、2004年同大学大学院修了。建築と社会の関係を視覚化するメディア「アーキテクチャーフォト®」編集長。アーキテクチャーフォト株式会社代表取締役。 組織系設計事務所勤務の後、小規模設計事務所に勤務。twitterやfacebook、iPhoneが登場する以前の、2003年からウェブでの情報発信を始め、2007年にアーキテクチャーフォト®の形式に改編。たった独り地方・浜松ではじめた小さな建築メディアを、現在

    • 藤田雄介さんのインタビュー記事後編を公開

      少し遅くなりましたが、藤田雄介さんのインタビュー記事後編を公開しています。 未読の方、是非ご覧ください!

      • アヴァンギャルドとその背景にある基礎

        今日はふと思い立って、コムデギャルソン社のメンズのコレクションラインの製品をみて気づいたことを書き綴ってみたいと思います。いつも通りのザックリした内容をお許し下さい。 ぼくはコムデギャルソン社の中の、メンズのコレクションライン「comme des garcons homme plus」が好きでコレクション画像をみたり、お店で実物を見たり、時々買わせてもらったりするのですが、長らく、その製品(作品と言っても良いと思いますが)を見ていると色々な気づきがあります。 今日書いてみ

        • 出自と経験、建築に対する思想、建築作品、をストーリーづける

          今日も、日々の仕事や生活の中で、私自身が気づかされ、なるほど!と思ったエピソードをこのクローズドな場でシェアしてみたいと思います。いつもの乱文、誤字脱字をご容赦ください、、、! *** アーキテクチャーフォトでは、海外の建築家の作品や海外で行われている展覧会を紹介する記事も作成しています。プレスキット等にある英文を翻訳して載せたりもしているのですが、それらの文章を読んでいると色々な気づきがあります。 先週は、藤本壮介さんのドイツでの展覧会のプレスリリースを翻訳しながら読

        • 固定された記事

        remgoto / 後藤連平について

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • アーキテクチャーフォト後藤の思考推敲
          remgoto / 後藤連平
          ¥480 / 月
        • #建築 まとめマガジン
          remgoto / 後藤連平
        • アーキテクチャーフォト後藤のメモ帳。
          remgoto / 後藤連平
        • 「建築家」のためのアーキテクチャーフォト流ウェブ情報発信講義
          remgoto / 後藤連平
        • 建築レビュー
          remgoto / 後藤連平

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          丁度良いくらいに稼ぐ

          寳神尚史+太田温子/日吉坂事務所による「KITAYON」を先日拝見したのですが、「KITAYON」のことを、引き続き思い出していました。 今日もそんな話をこのクローズドな場を使って書きたいと思いPCに向かいました。

          丁度良いくらいに稼ぐ

          マガジン限定

          作品をアーカイブするメディアと、作品をブランディングするメディア

          今日もこのクローズドな場を活用して気づきをまとめてみたいと思います。いつもの誤字乱文をご容赦ください、、、、! *** メディアという立場で仕事をするようになってから、以前とは違うスタンスで人付き合いをしなければいけないかもしれない。と思うようになりました。世の中に中立はないとはいえ、メディアというものには公平や中立である事を求めたくなりますし、志としてそれを目指すべきではないかと思っています。 なので、建築メディアの運営が仕事になってからは、そのような事をより一層考え

          作品をアーカイブするメディアと、作品をブランディングするメディア

          マガジン限定

          建築人生の、生業の側面を支えてくれた本

          自分が良いと思う建築を追及したり考えたりするために、様々な本を読んだり見に行ったりするのが好きなのですが、それと同時に、様々なジャンルのビジネスの本を読むのも好きです。 また、アーキテクチャーフォトが存続する為には、ビジネスの面が必須で、当たり前ですが、お金を稼がなくては、サイト自体も維持することが出来ません。サーバー代、メンテナンス代、外部サービス使用料等々、人件費を除いても、様々な費用が掛かります。それは、ネット上の家賃のような物で、リアルな事務所の家賃を大きく凌駕して

          建築人生の、生業の側面を支えてくれた本

          マガジン限定

          哲学のあるハウツー書籍

          しばらく、時間が空いてしまいましたが、こちらを見てくださっている方にご紹介したい本があったので、それについてご紹介したいと思います。 まだ途中までしか読めていないのですが、抜群に面白いなと思いました。これは、建築系の本ではなく、エンターテイメントの世界で、普通とはちょっと違うスタンスで成功した方が書いたものなのです。 その中身は、自身の作品と言える制作物以外での、お客さんとの関係性を構築したり、如何に楽しんで貰ってファンになって貰うかというアイデアや工夫がこれでもかという

          哲学のあるハウツー書籍

          マガジン限定

          仕事を小さなチームでシェアするーー小さな組織が生き残る方法論

          少し時間が空いてしまいました。 今回は、仕事を自分一人で(会社内で)簡潔ささせないことで、自身が関わっている情報が自然と伝播していくのではないか、ということを書いてみたいと思っています。 *** 建築家の渡辺隆さんと昔話したときに聞いた記憶があるのですが、建築プロジェクトに関し、様々な専門家に入ってもらって、進めていく。それによって、関わった人たちが、そういうプロジェクトに携わっていることを、更に繋がっている人に広めてくれる。自然と情報やネットワークが広がっていくという

          仕事を小さなチームでシェアするーー小さな組織が生き残る方法論

          マガジン限定

          短時間での理解と、長時間での熟考を両立する建築メディアは作れるのか?

          こんにちは。また少し時間が空きましたが、ふと思ったことを書き綴ってみたいと思います。いつもの推敲なしの文章申し訳ございません。 *** 最近、アニメ化されて話題になっている漫画があり、最前線のエンターテイメントを学ぼうと思って、ネットアプリで途中まで読んでいました。凄く印象的だったのは、テンポと展開の早さでした。え、もうこの設定切ってしまうの?という感じで次から次へと話が展開していく。。。ドランゴンボールの数話がバトルシーンとにらみ合いに慣れていた僕からすると、もう少し余

          短時間での理解と、長時間での熟考を両立する建築メディアは作れるのか?

          マガジン限定

          内覧会と建築界

          少し時間が空いてしまったように思いますが、今日も最近考えていたことを書き綴ってみたいと思います。毎度ながら特に結論や主義主張がある訳ではなく、気づきを共有したいというスタンスです。 *** 今日考えてみたいなと思ったのは、内覧会と建築界の関係です。内覧会というのは、住宅の場合オープンハウスとも呼ばれますが、設計者が自作が完成した時に、友人や知人を招いて行うお披露目会の事を言うのが一般的だと思います。

          内覧会と建築界

          マガジン限定

          インタビューを掲載頂きました。

          NTTアーバンソリューションズ総合研究所「地域想合研究室.note」さんに、インタビューして頂きました。 これまでに暮らしてきたまちでの気づきとメディア運営の中で大切にしていること等をお話しさせて頂きました! 是非ご覧ください! こちらのnoteには、様々なジャンルの方に、まちについて聞いているインタビューが盛りだくさんで興味深いです!是非他の方のページもご覧頂ければと思います!

          インタビューを掲載頂きました。

          サービスとしてのレファレンス(参照)

          (※ChatGTPを使って、本文を350文字に要約してみました) 20年前、スイスの現代建築が日本で注目され、建築における「参照」の概念を知りました。ペーター・メルクリの建築は過去の建築物を参照し、自身の作品を建築の歴史に位置づけていました。現代建築は過去の建築を解釈し、提示することで歴史とつながります。 最近は、地域の文化や特性を参照することが増えています。例えば、MVRDVの上海のブルガリ店舗は中国の翡翠から着想し、へザウィック・スタジオは日本の暖簾を参照してデザイン

          サービスとしてのレファレンス(参照)

          マガジン限定

          やらなくてよいこと探し

          皆さん、いつもこちらのコラムを読んでいただきありがとうございます。ふと思いついたアイデアを、ぼんやりしたままに文字化して、自身の考えを整理しつつ、それを、これまでに繋がった方々に見て頂いて1mmでも、ヒントになる事があればよいなと思って何とか継続しています。 今日もそんな感じで、少し書き綴ってみたいと思います。 *** 今回のお話も、私が主戦場としているネット上のお話なのですが、ほんの10年くらい前を思い出しても、ネット上の状況は2023年の現在と全く違っていました。

          やらなくてよいこと探し

          マガジン限定

          設計の関わり方の深さをコントロールする

          建築家の山本嘉寛さんが、instaに投稿してた、建築設計を3つのコースに分割して受注しようとする試みを知って興味深く思ったので、こちらでもご紹介したくPCに向かいました。 また、こちら簡単にtwitterやinstaにも書いたところ、個別にメッセージをくれる建築家の方が何人かいらして、その仕組みへの注目度の高さを感じました。 https://www.instagram.com/p/Co4yxnFP0d8/ 詳しくは、上記リンクを見て貰いたいのですが、その内容は「設計の関

          設計の関わり方の深さをコントロールする

          マガジン限定

          経営的な話、徒然

          昨日の今日ですが、経営者的な観点で色々と印象的な言葉やスタンスに出会ったので、書き綴ってみます。もちろん色々な考え方がありますので、賛否はあると思いますが、ぼくはハッとさせられて、自身を振り返る機会にもなった出来事でした。 ***

          経営的な話、徒然

          マガジン限定