見出し画像

最高のリモート&オフィス用ヘッドセットマイク AfterShokz OpenComm を紹介する

akira.akagawa

リモートワークが当たり前になった時代の必須製品が見つかりました。
コールセンター用のヘッドセットよりもクリアなマイク品質で、AirPods Proよりも、長時間使えて疲れない
それが、AfterShokz OpenComm です。

私の職場環境

商談、面接、ミーティング等、オンライン会議は多いときで一日10件以上。
すっかりオンライン会議に慣れてしまって、たまに出社しても、会議室にいかずに自席で商談やミーティングすることが当たり前になりました。

私が属するチームは、ミーティングがないときも、チームのDiscord(音声チャット、Clubhouseの部屋みたいな場所)に常駐していて「いってきまーす」「いってらっしゃーい」「おかえりなさーい」「ちょっと通話していいですかー?」など、声をかけあう文化です。
出社しているときですら、少し離れた席の人への簡単な声掛けは Discord を使います(常にマイクオンではなく、基本はマイクオフで、話したいときだけミュートを切って声かけ合う感じ。キーボードショートカットを駆使しています)。

そんな私にとってはイスと同じくらいヘッドセットが重要です。

これまでのオフィス用のヘッドセットには、以下のような悩みがありました。

マイクノイズ問題:オフィス内の話し声や、家事の音を拾って、相手に迷惑をかけてしまう
耳疲れる問題:一日中イヤフォンつけっぱなし、ヘッドフォンつけっぱなしで耳が痛くなる
肩こり問題:ヘッドフォンは重くて、首や肩が疲れる
ヘアスタイル問題:ヘッドセット型だと、髪がぺたんこになる
電池問題:Bluetoothなどのタイプだと、電池持ちが悪く終日利用に耐えない、接続が不安定になる
有線問題:席を移動するたびに、ヘッドセットのケーブルが邪魔になる
声をかけにくい問題:ヘッドフォンやイヤフォンをつけている人には周囲の人が声をかけにくい。コミュニケーションを遠慮してしまう

この悩みをすべて解決したのが、AfterShokz OpenComm です。

比較表

私がこれまで購入したヘッドフォン/イヤフォンと OpenComm を比較しました。

スクリーンショット 2021-02-18 20.16.07

以下に、コメントします。

高品質なノイズキャンセルマイクなのに疲れない

マイクの性能は、最重要項目です。私の場合、相手のマイクがノイズを拾っていると気になって会議に集中できません
人にされて嫌なことはなるべくしたくないものです。
かといって、ミーティングのたびに、いちいち静かな部屋に移動したり、自分が話さないときだけミュートに切り替えるのは、時間や脳内メモリの無駄です。
本当に大事なことだけに自分のリソースを使いたい人にとって、重要になるのが、ノイズキャンセルマイクです。

ノイズキャンセルマイクとは、周囲の音をキャンセルして、自分の声だけを相手に届けるマイクの機能を指しています。

これまで私は、ノイズキャンセルマイク機能を優先するために、コールセンターなどで利用されるJabra製品を利用していました。OpenComm は、そのJabra製品と比べても遜色ないノイズキャンセル機能がついています。

しかも、多くのノイズキャンセルマイク付きヘッドセットと異なり、頭頂に装着する必要がありません。耳は蒸れないし、髪は潰れないし、重さはメガネくらいで、肩こりもありません。これが革命でした。

AirPods Proよりも、長時間使えて疲れない

肩こりがないといえば、AirPods Pro も良いですよね。AirPods Pro は、ノイズキャンセル機能がないものの、その軽さと、外部音取り込み機能などで、使えるシチュエーションはあります。

ただ、インナーイヤータイプは、2時間もつけていると耳が疲れてくるし、
3時間くらいで電池がきれてしまい、終日の会議利用には向かない問題があります。
充電の早さを活かして、ミーティングの合間に充電しようにも、そんな余裕のあるときばかりじゃないし、不思議なことに、大事な時に限って使えなくなります。

OpenComm なら、骨伝導の仕組みがあるため耳の中に直接イヤフォンを指しません。
そのため、耳が疲れません
また、充電は常時接続でも8時間は持ちます
電源が切れかかっても、5分間の充電で2時間分のチャージが可能です。

周りの人が声をかけやすい

従来のイヤフォン/ヘッドセットは、装着している人に対して、話しかけにくさが生じてしまいます。ところが本製品は、耳が常時開放されているため、今話しかけにくいかな?という無用な心配を生むことがありません。

これは一長一短で、耳があいているがゆえに、外の音が聞こえて、会議に集中できない人もいるかもしれません(私は今の所それを感じません。自分の周囲の音は気にならないのに、相手のマイクがノイズを拾うのは気になってしまうのは、不思議です)。
大本のサイトでは耳栓をすることを推奨していましたが、今の所、耳栓が必要なほど周りがうるさいと感じたことはありません。

AirPods Pro と並用すれば、AirPodsで音楽ガンガンにかけながら、OpenCommで会話することもできそうですが…

残念な点

こんなに素晴らしい製品でも、まだ残念な点もあります。

ゴロゴロできない
首の後ろをバンドが通るタイプなので、仰向けに寝ようとしても、バンドが床にあたって寝られません。
首の位置まで背もたれがあるタイプのイスだと、寄りかかろうとした時にバンドがあたります。
リモートワーク中、ミーティングや商談で、「むぐぅぅぅう」となっても、商談後に隣のベッドにダイブできない難点があります。

音楽を聞くには適さない
音質は、特に低音がだめです。
ジャズ用の小口径のバスドラのような音がします。
ベースのスラップが、ギロみたいな音になります。
音楽が聞きたければ鑑賞用のヘッドセットを買いましょう。

充電ケーブルの汎用性がない
充電するために、専用のケーブルが必要です。
なぜ micro USB や Lightning にしてくれなかったのか…
ケーブルを自宅に忘れても、誰かから借りることができません。
充電が8時間持つとはいえ、うっかりケーブルを家に忘れて充電できない、みたいなことが起こりえます。
充電ケーブルだけでも発売する、とありますが、まだ見つかりません。

突然ミュートになってしまう 2022/09/02 追記
macOS を Monetery にしてから、Zoom や Meet で、会議中に突然ミュートになり、プープーとビープ音がなる現象が多発して困っていました。OSのバグのようで、以下の記事の方法で解決できました。ありがたや。

さいごに

OpenComm は、Amazonで 19,998円と決して安くないです。
同僚にぜひ買ってほしいと進めたのですが、高いと一蹴されてしまいました。
こんなに快適にチームでコミュニケーションができるのに月1,000円で約2年なら、買いだと思いますが、価値観は人それぞれです。
コミュニケーションには投資したいので、なんとか会社で購入できないかな、と感想をまとめていたら、一般公開しても良さそうな内容になったので、ここに公開します。
よかったら❤️をください🦦

比較製品


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!