見出し画像

中小企業のWeb採用 【成功事例に学ぶ②】「 成功企業のIndeed活用法 」

こんにちは。リクデジ運営事務局の吉見です。

Indeedを使ったWeb採用で成功している企業は本当にあるのか?
またはどういう企業が成功しているのか?など疑問に思っていませんか。

今回は実際にIndeed採用に成功した企業事例のご紹介です。
Indeed初心者の方が分かるように、成功のポイントも詳しく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

■Indeedで専門職採用に成功したピー・シー・エス株式会社

ピー・シー・エス株式会社は関東を中心に、中古フォークリフトの販売やレンタル、買取、修理を展開するフォークリフト専門店です。
豊富な取り扱いメーカー数と、国内最大級の在庫数を誇るなど、
フォークリフトに関わるワンストップサービスで、近年、企業業績も右肩上がりで成長中です。

業績拡大によって人材不足の解決が急務の課題となっていましたが、
整備士のような国家資格が必要な専門職の採用は非常に難易度が高くなっており、自社ホームページで採用をしていたものの期待するような成果を上げられずにいました。

画像1

そこで、有料広告も使ってIndeed募集を始めたところ、
すぐに応募者が殺到し、開始約1ヶ月で整備士の採用に成功したのです。
トータルで5ヶ月の応募期間のうち、エントリー数は33名、採用にいたったのは3名にのぼりました。

また有料広告の費用は、2週間でたった1万円程度しかかかっていません。
採用サイト制作費用も含めるとWeb採用トータルにかかった費用は約24万円弱です。一人当たりの応募単価にすると7千円程度でした。

■Indeed成功ポイント

ピー・シー・エスが実際に行った採用ページを見てみましょう。
ここでは中途採用に限って内容をご紹介します。

一見すると同じような内容の募集要項がたくさん並んでいるだけのように見えますが、実は多くの“カラクリ”がここに仕掛けられているのです。
では、一体、どこがIndeed採用に成功したポイントなのかご説明しましょう。

画像2

【ピー・シー・エス採用サイトより】


■カラクリ①
職種名から仕事内容がすぐイメージできる

―【フォークリフト整備士募集!】自動車整備士からの転職者多数/土日祝休み/年収800万円可/宮城県仙台市勤務―

Indeed検索をしてまず、求職者の目に止まるのは「職種名」ですから、
できるだけ仕事内容がイメージできる職種名を考えることが重要です。
同社の募集職種名には、はっきりと「フォークリフト整備士」と明記されていますが、初心者が陥りがちな失敗は「整備士」とだけ書いてしまうことです。

整備士とひと言で言っても、発電機やドリルといった小型機械から、建設機械といった大型のものまで様々です。
同じ整備士でも得手不得手な分野があるので、早い段階で「フォークリフトをやるのか」とイメージできるとピッタリな人材が見つけやすくなります。

また職種名に気になる「休日」「給与」などアピールできる情報も入れて、より求職者の関心を引くことができます。
ただし、Indeedに表示できる職種名の文字数は23字までと決まっていますから、注意が必要です。

■カラクリ②
職種別、勤務地別に分かれた募集要項

募集要項一覧を一見すると、同じような募集が並んでいるだけのように見えますが、よく見ると最後の一文だけ違いがあります。

「宮城県仙台市勤務」「千葉県船橋市勤務」「神奈川県相模原市勤務」・・・

そうです。勤務地が違うだけで、そのほかの職種名、仕事内容などはまったく同じです。
わざわざ勤務地を分ける理由は、Indeedの表示ルールに「勤務地別に募集要項を分けなければならない」というものがあるからです。

このルールは職種に対しても同様で、「整備士」と「営業」を同じ募集要項に書いてはいけません。募集要項は職種別、勤務地別に分けることによって初めてIndeedに表示させることができます。

■カラクリ③
求職者が安心する情報

募集要項には、会社の事業内容、どういったことをするのか仕事の具体的な説明、求める人物像、職場の雰囲気が分かる写真などを使って丁寧に説明しています。

勤務時間や休日、給与など基本的な勤務条件だけでなく、こうした情報があると求職者が安心できるのでエントリー率を上げやすくなります。
今はスマホで仕事探しをする求職者が大半ですから、小さい画面でも見やすく工夫して書くことが大切です。

■カラクリ④
有料広告を活用

Indeedは基本的には無料で利用できますが、ピー・シー・エスは有料広告も並行して求人したため、たくさんのエントリー獲得に成功ししました。
有料といってもWeb広告の場合、費用はクリック数に応じて決まるので、
数円~始められますし、様子を見ながら1~3万円程度に収めることも可能です。同社がかけた有料広告の費用も、2週間でたった1万円でした。

もっと応募数を増やしたい、長期間にわたって募集したいという場合は、
有料広告を検討してみるのもいいでしょう。

■Indeedで成果を上げるために

いかかでしたか?
今回はIndeedを活用したWeb採用の基本をご紹介しましたが、成果を上げ続けるためには、継続的に結果を検証し、見直していくことが必要です。
最近は無料で簡単にIndeedを活用した採用サイトを作れるサービスも出ているので、ぜひ一度トライしてみてください。

今回ご紹介する「リクデジ」は、そうした中小企業の方が始めやすいテンプレート型の採用サイト制作パッケージです。実際、私たちが「リクデジ」を使った採用活動に取り組んだところ、なんと50件以上の応募に成功!実際の効果が検証されている採用ソリューションなのです。

■採用サイト制作パッケージ「リクデジ」の特長

①初期費用無料
求人原稿、写真などコンテンツはユーザー自身で準備すること前提。
だから、無料で気軽にWebを活用した採用活動がはじめられます。
(オプションで原稿作成、撮影等も可能)

②会社をアピールするのに必要な機能を準備
会社情報、募集要項、動画、先輩インタビュー、採用コラムなど、採用活動に必要な機能も無料で利用可能です。自分たちでコンテンツを充実させて、Google for JobsやIndeedなど検索エンジンにヒットしやすくすることもできます。

③費用は成功報酬型。サイトの買取も可能
費用が発生するのはエントリーがあった時のみ!獲得案件1つにつき、ご利用料金3,000円がかかります。また件数が増えてきた場合にはサイトを買い取ることもできます。

この他、フレアーズ合同会社ではアピールする求人原稿の書き方、Webマーケティング支援、広告運用など採用活動のノウハウもサポートしています。
なかなかWebを活用できない、何から始めたらいいか分からない···という方は相談してみてはいかがでしょうか?
ご興味がある方はぜひ、一度、フレアーズ合同会社リクデジ担当までご連絡ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
採用できそう!
1
初期費用0円で始められるリクルートWebサイトツール「リクデジ」を運営しています。 主に中小企業に特化したWeb採用をお手伝いさせていただいております。 https://recruiting-in-the.digital/