らっきょ

カホンという箱型の楽器に人生狂わされた人。カホンで人生を共に豊かにしたい、をモットーに音楽活動をして、ライブやカホン教室を年間180本全国でしてます。訪問介護士もしています。大阪市立大学生活科学部人間福祉学科卒。

あなたの街へ行きたいわけ

いつの間にかもう11月も終わろうとしていて ふと気が付くとこのnoteも半年近く更新されていない。 飽き性はよくもわるくも自分を体現しているなと感じる。 色んな事をやっ…

1年前

ハコフェスとともに

私にとって カホンという楽器を愛する人たちが 全国から集ってお祭り騒ぎをする日 【カホンの祭典 HAKO FES】というものが もはやライフワークへと化している。 昨年は過…

1年前

私は「男らしさ」っていう要素が正直強くない。かわいいものが好きだし、しなやかに生きていたい。でも恋愛対象は女性で、女装をしたいという感情もない。筋肉質になりたい。未だに「男なんだから行動を改めろ」と(たまに観客からも)言われることもある。私らしく、弱い立場にも立てる人でいたい。

2年前

あなた「も」大切

最近知ったアーティストがオススメだと言っていた エヴァ・デュヴァネイ監督のドキュメンタリー 「13th 憲法修正第13条」(2016)を仕事終わりに鑑賞した。 表題にもなって…

2年前

「役に立つ の反対の言葉は みじめだと思う」るってぃさんがラジオで仰ってた言葉。役に立とうと行動しても、それが空回りしてしまったら惨めな感情に苛まれる。過去の「誰かの役に立ちたい」「誰かのためになりたい」という感情から発生した行動。見つめ直し前を向け。私はやりたいことをして生きる

2年前

「らしさ」とは何だろう。人前で表現をする私の、見えている部分、見せている部分は100%真実ではない。演技の部分はある。自然と「カホン奏者のらっきょ」というキャラクターを少し演じている。ただ100%別の私でもない。リアルとフェイクの狭間に生きている。それが肩書きのない「私らしさ」。

2年前