写真_2019-01-01_16_17_55

企画は32文字以内にすると、けっこうバズる

■32文字でまとまらない場合、何かムダがある

雑にnoteを更新していこうと思う。お前誰やねんと思われるかもだが、まあ書いていくうちに「何ができそうか/できなさそうか」はなんとなくわかるのではないだろうか。
 
標記の件、一応編集者という仕事もしているので企画の相談を受けることがある。その際、プロであろうとアマであろうとほぼ全員にアドバイスするのは「それを32文字でまとめて」ということだ。
 
32文字の根拠は、グーグルの検索窓に表示されるのがだいたい全角で32文字なので「SEO的に大事だから」という面もあるのだが(画像、赤ワクでかこったところが32文字ぐらい)

それだけでなく、単純に「32文字にまとまらない場合、何かムダがある」ことが多いから(アリバイ:もちろん、そうでないケースも多々あるが、あくまでここは「雑然としたアイデアを企画に落とし込む」ケースを想定)。

■具体例1:ジェフ千葉がエスナイデルを留任させるべき10の理由

たとえば、最近すごくバズったのがこの記事。

これは25文字だ。タイトルだけを僕が決め、tkqさんという天才的な書き手に発注した。結果、ものすごくバズって、一時期「エスナイデル」でTwitterのトレンド入りも果たした。

後出しで言うのはアレだが、僕はこのタイトルが思いついた時点で「絶対にバズるな」と思っていた(正確には「*つの理由」で発注し、10の理由にしたのはtkqさんの判断)。

というのも、エスナイデル率いるJ2・ジェフ千葉は就任二年目の今季、J1昇格を期待されながらプレーオフ圏内にも届かない14位という成績に低迷。サポーターからの信頼が、失墜していた。にもかかわらず契約が更新され、サポーターのフラストレーションが高まっていた状態にあった。

このタイミングで、tkqさんという「ユーモア」の塊のような人材にあてがきで企画を投げることで確実に面白い、単なるネタやサゲ記事にならないものができるという確信があった。ただ、僕が越えなくてはいけなかったハードルはそれを「32文字以内でtkqさんに端的に伝える」だけであった。

結果、この記事はフットボリスタのtwitterからも、tkqさんのツイートからも猛烈にバズり、トレンド入りを果たすほどになり、2018年12月で最も読まれた記事になった。2位が僅差でミスチル×サッカーの記事であり、「ジェフ千葉がミスチルに勝った」と言えなくもないw


tkqさんの記事だけだと「tkqさんがインフルエンサーなんだから、バズって当たり前やんけ」と思われるかもしれない。なので、他にも具体例をもう一つ。

■具体例2:酷暑サッカーにはお金がかかる

タイトル、日本語的に少しアレなのは大目に見てほしい。そのうち直る。

この記事は、執筆時点では界隈ですらまだ有名ではなかった、わっきーさんこと脇真一郎氏の記事である。この記事も猛烈にバズった。実は、数字的には僅差だがtkqさんの記事を上回ってさえいる(tkqさん記事はSEO的にも強いので、近日中に入れ替わるとは思うが)。

この記事もまた、32文字以内に企画をまとめたことでバズった。この記事の場合、フットボリスタ・ラボ内で行なわれた会話の中で、「酷暑の中で練習するのは、かなりのお金がかかるんです」という生活者の実感に基づいた、わっきーさんのコメントを受けて企画化したものだった。

これなどは、もはや32文字どころか「酷暑のサッカーにはお金がかかる」という15文字だけである。残りタイトルは、属性を説明しているにすぎない。言いたいことは、ここにすべて詰まっている。

このタイトルも、思いついた瞬間に「あ、バズる」と思った。当時は酷暑が続いており、厳しい環境下で練習に取り組まねばならない高校サッカーの現場には様々な葛藤があるはず。ただ、それを「一言」に凝縮する必要があった。わっきーさんは他にも言いたいことをたくさん書いてくれたが、その中で最も切迫度が高く、かつ意外性があるのは「お金が余計にかかる」ということだと判断した。

tkqさんの記事もそうだが、「インフルエンサーに頼る」という発想ではなくあくまで正攻法で「企画に頭をひねる」「ふさわしい書き手を選ぶ」「遠くまで届くために切迫度・意外性の高い箇所を抽出する」という、編集者なら誰でも当たり前にやらなきゃいけない作業をやった。

■この記事は21文字しかない

シーザーが全部説明してくれているのだが、

これに尽きる。「水鉄砲の穴」に当たるのが、タイトルである。あまり書くことに慣れていない人ほど、「タイトルを32文字以内におさめてから書き始める」というクセを付けるといいと思う。

そこを掘り下げるとタイトル論にもなってくるので、いったんここで筆を置く。筆どころか1000円の安キーボードを使ってるだけですが。

この辺の話はTwitterでもちょいちょいやってますので、ぜひフォローしてくださいませ(サンフレッチェ広島の話もちょいちょい入りますが大目に見てくださいW


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やってやりましょう
281
遠くに飛ぶ方法を研究している編集者。

この記事が入っているマガジン

澤山大輔の外付ハードディスク
澤山大輔の外付ハードディスク
  • 3本

まとまってない思考を、脳の負荷を減らすために外に出します。外付ハードディスクがわりの連載です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。