湯浅良介〈FLASH〉|プロセスと「ドメスティック・ランドスケープ」

湯浅良介の〈FLASH〉について、統一性のある全体像を永続的に形作る可能性を、設計プロセスに見出した話です。 西沢大良の「ドメスティック・ランドスケープ」的なモノとの…

2週間前

noteの感想、『建築情報学へ』に少しだけ関連して

記事タイトルと書き出しの調子の整合がとれておらず恐縮なところがある。 noteは読むのも書くのも結構面倒だ。なのでnoteのアカウントを作成するも使う事なく2021年が終わ…

4か月前

『DEATH STRANDING』レビュー 「なわ」と「棒」と「網」と

ゲームデザイナー小島秀夫がつくる『DEATH STRANDING』は、安部公房の小説『なわ』の一節を引用しプロローグを迎える。 “「なわ」は、「棒」とならんで、もっとも古い人…

1年前