見出し画像

紙とWebにおける決定的な違い

高校時代から雑誌を読むのが好きだったのだけど、ここ最近は消費文化総研の定例で『雑誌を深める会』を毎月開催していることもあって、いち消費者としてだけではなくビジネス視点で雑誌を読むことも増えた。

その中でも、VERYは毎号気づきと発見がある、という話はこれまでにもnoteやTwitterで散々書いてきた。

VERYのすごさは他にもいろいろあるのだけど、直近半年のVERYを読んでいて、『これは紙だからできることなのだな』と気づいたことがある。

それは、

この続きをみるには

この続き: 1,993文字
記事を購入する

紙とWebにおける決定的な違い

最所あさみ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます!!おかげさまで明日もnote更新がんばれます!
81
Retail Futurist / curator。「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。 将来は世界一の店舗メディアを作る予定。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」とコミュニティマガジン「消費文化総研」もよろしくどうぞ!

こちらでもピックアップされています

消費文化総研
消費文化総研
  • ¥2,500 / 月
  • 初月無料

「消費によって文化を創造し受け継いでゆくこと」を考えるコミュニティマガジンです。 有料マガジンの内容に加え、購読者限定Slackで議論を深めることができます。 ※購読していただいたあと、個別にフォームをお送りしますのでご確認ください。 アカウントが「ゲスト」になっている場合、フォームをお送りできないため必ずnoteのアカウント本登録をお願いします。 【コミュニティマガジンでできること】 ①Slack限定コンテンツの閲覧 →Twitterやnoteに書いていない日々のまなびや時事問題への考察をはじめ、インプットとアウトプットの間にある「考える」を促進するためのチャンネルを作っています。 ②イベントの参加 毎月1回の定例に加えて、店舗見学ツアーを定期開催しています。