マガジンのカバー画像

Edge Faci-Leader 受講生インタビュー

8
Pure Edge主催の「Edge Faci-Leader ファシリテーション型リーダーシップ開発トレーニング」をご受講くださった方のインタビュー記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

「答えは参加者のなかにある」と実感

ピュア・エッジ「Edge Faci-Leader ファシリテーション型リーダーシップ開発トレーニング」受講生インタビュー、今回は、「チームをまとめる」ことと、「リーダーシップを発揮する」こととの間で葛藤を抱えていた、アッヴィ合同会社の宮村 佐和子さんです。 宮村 佐和子(みやむら さわこ)さん アッヴィ合同会社 人事本部 自分の進行の仕方に課題を感じていた──受講のきっかけを教えてください。 会議の場などでファシリテーターを任される機会が多いため、自分の進行の仕方につい

スキ
1

意見が異なるのは当然。だからこそ価値がある

ピュア・エッジ「Edge Faci-Leader ファシリテーション型リーダーシップ開発トレーニング」受講生インタビュー。今回ご紹介するのは、若いスタッフを骨太に育てるために、継続的に本トレーニングに人材を送ってくださっている(株)マイナビからご参加いただいたA.Sさんです。 A.Sさん (株)マイナビ 人事部 間違えたらいけないと緊張していた ──受講の動機を教えてください。 人事部へ異動して以来、会議を進行する機会が格段に増えました。会議には、部長や課長など私からし

スキ
2

自分とは異なる意見がとても大切だと感じるようになりました

ピュア・エッジ「Edge Faci-Leader ファシリテーション型リーダーシップ開発トレーニング」受講生インタビュー、今回はオンライン開催を活かしてアメリカから参加してくださった香月俊裕さんです。 香月俊裕(かつき としひろ)さん マクセル株式会社 経営戦略部経営企画部 Maxell Corporation of America 駐在 分かっているのに実践できない ──なぜ、14時間の時差を越えてまで受講しようと思ったのですか? これまでNLPなどを通して、自分なり

スキ
7

目指すのは、多様な背景を持つ人たちを束ね調和を生み出せる指揮者のようなファシリテーター

【インタビュー:高田亜希子さん】福祉を身近に感じてもらうための活動を行う団体で、プロジェクトマネージャーをされている高田さん。他にも、フリーのコンサルタントやコーチと、活躍の場を多岐に広げています。いずれはそれぞれの活動を融合させていくことが目標。自ら描くロングジャーニーの途上で、今は目の前の課題にひたすら向き合う日々だとお話しいただいた高田さんに、講座の受講動機や感想を伺いました。 Edge Faci-Leader(ファシリテーション型リーダーシップ開発トレーニング)は、

スキ
9

自分の正解を手放す

【インタビュー:Y.Y. さん】若手層に向けた研修の講師をなさっているY.Y.さん。研修時も、社内会議でも、とにかく「予定調和」「型通り」に進めることに違和感を感じておられる一方、計画した通りにいかないことに対する課題感も持たれていたとのこと。その場のライブ感を大切にしながら進めるスタンスに確信を持ちたい、そのメソッドを掴みたいと受講を決意されたそうです。 Edge Faci-Leader(ファシリテーション型リーダーシップ開発トレーニング)は、「ファシリテーション」という

スキ
8

ファシリテーション力には、人として大切なものが凝縮されている。

【インタビュー:髙田 直子さん】人材派遣会社で25年間のキャリアを積まれ、現在部長職を担われている髙田さん。2人のお子さまの子育ても落ち着き、昨年からコーチとしてのパラレルキャリアにも挑戦されているそうです。とても順調にキャリア形成を図られているように感じますが、ご本人は「頭打ち感があり受講を決意しました」とのこと。髙田さんは講座を通して、どのようなことをお感じになったのでしょうか? Edge Faci-Leader(ファシリテーション型リーダーシップ開発トレーニング)は、

スキ
9

相手の視点から物事を見る。「向かい合う」より「並び合う」関係に。

【インタビュー:秋戸 千尋さん】コロナの影響などもあり、働き方は様変わりしました。今後ますますオンラインでのコミュニケーションやファシリテーションの機会が増えることは必至であり、その能力を高めていく必要性を感じたという秋戸さんにお話を伺いました。 Edge Faci-Leader(ファシリテーション型リーダーシップ開発トレーニング)は、「ファシリテーション」というツールを介して、現代のリーダーに必須の人間力を培うプログラムです。 「向かい合う」より「並び合う」関係性に ─

スキ
9

会議に対する捉え方や概念がガラリと変わりました。

【インタビュー:K.N.さん】現在所属する新しい部署の中で、色々な考えや価値観を持つ人たちをリードしていくことの難しさを感じていたと言うK.N.さん。上司からの勧めもあり、この度本講座の受講を決められたそうです。 Edge Faci-Leader(ファシリテーション型リーダーシップ開発トレーニング)は、「ファシリテーション」というツールを介して、現代のリーダーに必須の人間力を培うプログラムです。 目指す道が決まれば霧がかかっていても歩いていける── 元々ファシリテーション

スキ
6