水野和敏(プロジェクト・カーズ)

デイトナ24hr始め全てのレースでチャンピオンを獲得し、日産GT-Rではグローバル責任者として僅か2.5年でポルシェと肩を並ぶブランドを創り「カリスマエンジニア、ミスターGT-R」と世界から呼ばれる水野が真のプロエンジニア&指導者目線で信頼あるクルマ知識や先見の思考法を訓えます。

水野和敏(プロジェクト・カーズ)

デイトナ24hr始め全てのレースでチャンピオンを獲得し、日産GT-Rではグローバル責任者として僅か2.5年でポルシェと肩を並ぶブランドを創り「カリスマエンジニア、ミスターGT-R」と世界から呼ばれる水野が真のプロエンジニア&指導者目線で信頼あるクルマ知識や先見の思考法を訓えます。

    マガジン

    • 水野和敏と”愉しいクルマライフ”や”未来への思考”を創ろうⅡ

      たった2年半の短い時間と通常の半分以下の”人、モノ、金”で、ポルシェを凌ぐ世界ブランド日産GT-Rを創り上げ、’90年代には” Gr-Cメーカー選手権やデイトナ24時間レース”等で、初参戦から全レースでチャンピオンを獲り続けた「ミスターGT-R」とも呼ばれる水野和敏が提供する総合情報と知識のマガジンです。 巷のメディアで流れる単なる試乗の感想では無く、実践したプロエンジニアとしての正確な目線で、開発の背景や企画の狙い製造の造り等、正しい様々な知識や情報と、併せて世界初を創りだした発想&思考法を楽しみと共に訓える、世界の何処にもない「クルマと研鑽が一体となったコミュニティ」です。 背景にある様々な事を知ると、技術や暮らしや価値観や文化等色々な事を、逆に教えてくれるクルマは不思議な商品。 定期マガジンの特典には、正しく愉しい様々なジャンルの、以下の5つのコンテンツが用意されています。

    最近の記事

    <定期購読マガジン特典映像>    【Q&A編 2022年9月配信(2022年8月受付分)】

    勢力の大きい台風の到来や蒸し暑さと肌寒さの繰り返しなど、気候が目まぐるしく変わる毎日ですが、皆さん体調の管理は大丈夫でしょうか…?  私は変わり続ける気候より「夏も終わり、また冬が来るのか…」という、寧ろ一年の短さを感じてしまう日々ですが… 今回は頂いたご質問の中から、他のメンバーにも是非聞いて頂きたいと思う "クルマ編 2問+思考編 2問 " の4つの質問にお答えしました。 その内容をお愉しみ下さい。取り上げられなかった質問も今後 機会をとらえてお答えする予定です。 【

    スキ
    2
      • <定期購読マガジン特典>【水野和敏、本当の自動車技術講座!!…紙面では書ききれなかった正しい知識…吸気ダクトの配置と冠水路の走破性】

        雑誌ベストカーとの "Relation 企画"の配信として「紙面の限られたページの中だけでは伝えきれない、確かな知識や情報を届ける」ために、ベストカー編集委員 梅木さんのご協力も頂き、今回から新たな特典プログラムとして配信します。  【水野和敏が斬る!!…紙面では書ききれなかった確かな検証…】との交互配信となります。 『雑誌ベストカーを読んで全般を理解し、この特典配信で正しい知識や情報の詳細までを知る』そして、雑誌の「取材の情景~実際の紙面」になっていく様子も一緒に愉しみま

        スキ
        3
        • <定期購読マガジン特典>【対談編-18回】中村敬佳さんとの裏話対談...カーボンコンポジットの話-そのⅡ 「R35GT-Rと、R34GT-Rに装着した、カーボン製品の新技術開発と製造について…」

           R33GT-Rの販売促進策の一環として、スカイラインGT-Rファンの皆さんと一緒にル・マン24時間レースにチャレンジする企画に応えるため、急遽 '94年の秋に栃木工場で製造されたR33GT-Rを種車にしてGTレース仕様車をつくり上げ、'95年6月の24時間レースに出場しました。  競合車は、ポルシェGTやマクラーレンGT-R等、フルカーボンコンポジット・モノコックで作られレース専用に開発されたGTカー。 そんな中でも量産工場で作られたR33GT-Rのレースでの戦闘力を向上さ

          スキ
          2
          • 【思考編-第36回】目的に合う価値を見極める… ベースは時間の視点

            皆さんは日頃、サービスやモノという商品を選んだり買ったりする時に「どんなことを重点」に考えていますか…? ネットを使った通販がますます盛んになっている昨今の選定や購入では、「安さやバリューなど、その場での比較や嗜好」のウェイトが自然に高くなってきているのではないでしょうか…?  確かに消費型といわれるサービスやモノの購入はそれが効率的な方法だと思います。 しかし…消費型と恒久型との狭間にある商品や、恒久型の商品を選んだり購入したりする時に最も考えなければいけないのは「過去と未

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 水野和敏と”愉しいクルマライフ”や”未来への思考”を創ろうⅡ
            水野和敏(プロジェクト・カーズ)
            ¥5,000 / 月

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【クルマ編-第37回】PEUGEOT 308 Allure

            フランス車独特の優雅なデザインセンスと、ドイツ車のような走行安定性と実用性を身につけ進化した 新しいPEUGEOT 308 近年躍進が著しいStellantisグループの中核を担う、PEUGEOTの代表的なミッドサイズモデル 308。 輸入車で " 実用燃費 ナンバーワン" と評価されるその走りとデザイン、そして各部の造り込みなど、何故 PEUGEOTが躍進しているのか…? その実力を評価、検証しました。 300万円台前半からという価格も、もはや「国産車 VS 外国車」と

            スキ
            3

            <定期購読マガジン特典映像>    【Q&A編 2022年8月配信(2022年7月受付分)】

             テレビのスイッチを入れると、聞こえてくる言葉は「酷暑が続く毎日…」 皆さんは体調を管理して、元気に活躍されていますか…?  1月の酷寒の長野県で生まれた私にとっては、花粉症の季節と並んで最も残酷な日々です…。こんな時、私は時々「激辛系統の麺類」を食べて体と自身に喝を入れて、エネルギーを注入しています。 ただし、これが正しい方法かどうかは定かではありませんが…? 今回は頂いたご質問の中から、他のメンバーにも是非聞いて頂きたいと思う "クルマ編 2問+思考編 2問 " の4つ

            スキ
            2

            <定期購読マガジン特典>【水野和敏が斬る!!…紙面では書ききれなかった確かな検証…】Mercedes C220d 4MATIC All-Terrain と SUBARU LEGACY OUTBACK X BREAK

            『雑誌ベストカーを読んで全般がわかり、Youtubeで取材の様子を観る、そして このライブ配信で正しい本当の知識や見識を知る』 多次元に渡ったメディア媒体を一元化した、ユニーク&唯一の配信!! 今回は、Mercedes C220d 4MATIC All-Terrain と  SUBARU LEGACY OUTBACK X BREAKを取り上げてみました。 クルマという商品は、大枠のカテゴリー区分だけで無く、その背景や商品の狙いなどまで含めて知識化すると、興味としてのクルマ情

            スキ
            3

            【水野が語る…「よもやま話」-7】アメリカ西部発展のマザーロード Route66-後編

            開発実験や市場調査、そして海外講演やプライベートなどで「様々な処に行った時のエピソードや、素晴らしい風景や面白い文化などを紹介して」という皆さんからのリクエストにお応えするシリーズの第4弾。 あの、アルカポネの舞台でもあり、当時商業や工業の街として発展していたイリノイ州のシカゴから、まだ発展途中の西部ロサンゼルス地区のサンタモニカを結ぶ、路線長さ2,347mileの国道 Route66。 1930~40年代に大ヒットした小説や映画「怒りの葡萄」の中でもマザーロードと言われ、

            スキ
            3

            【思考編-第35回】敵対の無い改革のポイントは…目的やビジョンの共有

             前回の第34回では、「なぜ争い事は絶えないのか、それは動物にはない "人間だけが持つ能力" だから…」というテーマをあげました。  人間だけが持っている、未来をつくりだす素晴らしい能力 "想像力" は、個人の頭の中にあり、時として、他人からすると「個人の勝手な将来の価値やビジョンを描いているように思えたり、失敗の可能性も高い未経験なゾーンへの無謀な挑戦」のようにも思え、争いや抵抗の元にもなります。   今回の思考編では、「敵対の無い革新のポイントは…目的やビジョンの共有」

            スキ
            4
            有料
            1,500

            【クルマ編-第36回】Mercedes C class ALL-Terrain

            クロスカントリーオフロード車のイメージを演出して、車高のアップや 大径タイヤでユニークな車型をつくり出しているSUVに対し、ワゴンの下回りに大径タイヤや黒塗りのシルカバーを追加して「力強さや走破性」を演出した クロスオーバーワゴン。  このカテゴリーには、既にスバルやフォルクスワーゲンからも発売されていますし、Mercedesにも Eクラスにはこのバージョンは設定されていました。  今後このカテゴリーの拡大を予測し、Mercrdes は C class ALL-Terrain

            スキ
            3
            有料
            2,600

            <定期購読マガジン特典>【水野和敏が斬る!!…紙面では書ききれなかった確かな検証…】三菱OUTLANDER PHEV P と BMW iX3 Mスポーツ BEV

            『雑誌ベストカーを読んで全般がわかり、Youtubeで取材の様子を観る、そして このライブ配信で正しい本当の知識や見識を知る』 多次元に渡ったメディア媒体を一元化した、ユニーク&唯一の配信!! 今回は、三菱OUTLANDER PHEV P と BMW iX3 Mスポーツ BEV を取り上げてみました。   この二車の販売価格は300万円以上違いますし、SUVとしての商品の狙いも違います。 しかし…「日本の実用的なオフロードタイプ SUVをPHEV仕様で追及した OUTLAND

            スキ
            2

            <定期購読マガジン特典映像>    【Q&A編 2022年7月配信(2022年6月受付分)】

            6月の季節外れの暑さも終わったと思っていたら、今度は7月も半ばになろうとしているのに梅雨に逆戻りしたかのようなこの頃。ジメジメした暑さや突然の豪雨のニュースが流れる日が続きますが、皆さん体調管理は大丈夫ですか ? 「なんとなく感じるダルさや、少し落ちている食欲」との闘いが続く、近頃の私の毎日ですが… 今回は頂いたご質問の中から、興味深い質問で他のメンバーにも是非聞いて頂きたいと思う "クルマ編 2問+思考編 2問 " の4つの質問にお答えしました。 その内容をお愉しみ下さい

            スキ
            4

            <定期購読マガジン特典>【対談編-17回】中村敬佳さんとの裏話対談...カーボンコンポジットの話-そのⅠ 「チャレンヂを創設した経緯、そして'80年中頃、まだ日本には無かった カーボン製品の開発と製造を始めた理由…」

            最近ではカーボン製品はポピュラーなものになってきましたが、皆さんはカーボンコンポジット製品の開発や製造方法等について、どの程度ご存知ですか? 本物のカーボン製品の開発や製造方法は、人や企業が持つ「技術ノウハウ」により製品の競争力が決まるため、あまり情報は出回っていません。 今回は、カーボンコンポジット製品の開発や製造の、日本におけるパイオニア的存在で、株式会社チャレンヂを創設して活躍された "中村敬佳" さんに、カーボンの話題を中心に様々なお話を伺いました。 私も、グループ

            スキ
            6

            【思考編-第34回】なぜ争い事は絶えないのか、それは動物にはない "人間だけが持つ能力" だから…

             国単位では、ウクライナへの軍事侵攻、パレスチナ問題、北方領土問題など、そして身近なところでも、会社や家族、そして仲の良い友達やパートナーとの間でも、トラブルや争い事は起こります。  一方で、メディアなどでは「争わないのが 人間の本来の姿…人間は動物と違い、人間愛がある…」という言葉をよく耳にします。 しかし現実には、学校の成績や進学、スポーツから企業の事業活動まで全て「競争原理=闘いと 結果の比較」が基になって成立しています。 いわば争った結果です。 ・「争いは人間の本来

            スキ
            5
            有料
            1,500

            【クルマ編-第35回】SUBARU WRX S4 STI Sport R EX

             エモーショナルな感性を刺激してくれるホットなスポーツモデルは、海外ではVWのゴルフGTI や ルノーのメガーヌRS、更には MercedesのAMGやBMW のMシリーズなどに代表されるよう盛んに開発され販売されていますが、最近の国内マーケットでは、SUVやマルチパーパスが販売の主体になり、ホットスポーツは少し限られた市場になりつつあります。 そんな中で、スバルを代表する伝統的のスポーツバージョンWRXを冠にした、WRX  S4 が発売されました。 リヤにクーペ風の演出を取

            スキ
            6
            有料
            2,600

            <定期購読マガジン特典映像>    【Q&A編 2022年6月配信(2022年5月受付分)】

             梅雨の最中というのに、突然の雹や、厳しい暑さとさまざまな気候となるこの頃、皆さんいかがお過ごしですか ? 「何気ないイライラや、ハッキリしない嫌なダルさを感じたり」…暑くて寝苦しい日もありますが、体調管理には十分に気をつけてご活躍下さい… 今回は頂いたご質問の中から、他のメンバーにも知って頂きたいと思う "クルマ編 2問+思考編 2問 " の4つの質問にお答えしました。 その内容をお愉しみ下さい。 【 クルマ編 】 ・軽快な車両の限界について…? … ライトウェイトスポ

            スキ
            4