見出し画像

プレサンティール佐藤セラピスト

三浦京子

こんにちは!プレサンティール代表三浦京子です。

本日はプレサンティールのNO.1甘えたいセラピスト、佐藤さんを取材してきました!優しく母性溢れる素適なセラピストさんです。

◆プレサンティール◆https://pressentir.jp/

画像1

◆セラピストになったきっかけ

セラピストになったきっかけを教えて下さい☆

私は今まで観光業等の接客業に長年従事しておりました。
多数のお客様と直にふれあい、喜んでもらうことが喜びでしたが、休日にふとマッサージ店を訪れたところ、感銘をうけ、今度は一対一で接客をし美容を目的としたエステで仕事がしたいと思いました。

元々家族にマッサージをするのが好きだったのと、自分自身も凝りや痛みに悩まされていましたので本やDVDで学んでいました。

ご家族の為にマッサージをしてあげる方、自分の凝りを和らげたいと思っている方は多いと思うけど、本やDVDを買って学ぶ方は少ないと思います。偉いです!

実際に仕事を始めるにあたり、エステスクールを検索していた時、偶然プレサンティールのスクールにたどり着きました。

決め手は三浦オーナーです。こんな素敵なオーナーの元で働けたら良いなという思いから、絶対この方にマッサージを教えてもらいたいという思いに変わりました。

スクールはマンツーマン指導でしたので初めてお会いした時にプレサンティールで働かせて下さいとお願いしました。

スクールで出会った日を凄く覚えています♪ 「プレサンティールで働きたいけど敷居が高くて・・・。スクールなら京子さんとお話し出来るしチャンスがあるかもと思い、申込みしました」と言って頂けて嬉しかったです♡

初めてお会いした日は緊張とワクワクの時間でした。京子さんが明るく気さくな方だったのでホッとしました(笑)

◆働く前の印象、働いてからの印象

一般的にマッサージと言えば整体があげられますが、そのイメージとは全く違うなと思いました。
アロマトリートメントサロンでは直接トリートメントをするだけでなくお客様が施術時間内に求めているものが多種多様です。

店舗の雰囲気はもちろんですが、セラピストとの会話精神的なリラックス等、その日の様子で何を求めているか判断し多角的な面から仕事をしてゆくことが課題だと思っています。

働いてみて、セラピストという職業の奥深さ難しさ、そして何よりも楽しさを学びました。

画像2

優しい表情で話す佐藤さん。こちらも優しい気持ちになります。

◆働いてみて戸惑った事、嬉しかった事

サロンでは接客だけでなくお客様の予約管理も任せて頂いていますので、最初は覚える事が沢山ありました。

もちろん最初はオーナー、先輩スタッフがフォローして下さいましたので皆さんがやっている1つ1つの作業を全てメモしました。

この作業は将来、スタッフが独立してサロンを開業する時に困らない為にと、オーナーが各店舗スタッフに一任して下さっています。

間違えても失敗し丁寧に指導して下さり軌道修正させて頂けるので安心して取り組めます常に見守って下さってる安心感があるのでサロンで一人きりでも怖いという気持ちにはなった事がありません。

あと細かな所に気がついて下さり労いの言葉をいつもかけて下さる事に感謝をしています。

◆オーナー、スタッフとの関わり

オーナーは現役セラピストでもありますので経験をいかしてオーナーとしてのサポートから現場の面で従業員のアドバイスをしてくださいますので励みになります。
現場では常に一人ですので、判断に困った時はすぐにオーナーに相談をします。
些細な事でも迅速に優しく丁寧に指示を下さるので本当に心強いです。

先輩セラピストは皆さん、素敵で憧れの女性です。
業務はパソコン、携帯メールを使用してのやり取りになりますのでなかなかお会いする事が出来ません。
限られた時間で開催されるミーティングや研修は本当に大切な時間なのでかなり濃厚で充実した内容になります。

◆お休みの日は何をしてる?

我が家には先住犬のヨークシャーテリア1匹と5匹の保護犬、1匹の保護猫合計7匹の動物達と暮らしています。
それぞれ性格が違い個性があるので本当に可愛いです。
休みの日は早起きをしてみんなの散歩に出かけます。
近所の公園や海、ドッグランが併設されているドッグカフェに行くのが楽しみです♪

画像3

佐藤さんは「京子さん、最近ちゃんと休めていますか?」なんてワンちゃんや猫ちゃんの写真を送ってくれるんです。も~可愛くてニヤけちゃいます(笑)

親の私もいつもこの子達には元気をもらっています。愛情をたっぷり注ぎ、一生大切に育てようの思います♪

◆個人の目標、ビジョン

具体的にはまず日々の経験を積み重ね、様々なマッサージ法会話を学び自分の持てる選択肢を増やし、お客様の状況を汲み取り満足のできるサービスを提供していきたいです。

忙しすぎたり疲れがたまって、自分の身体が辛いときはいつも自分の近くにいてくれる家族や友人に優しく出来ませんから…マッサージ、リラクゼーションで心身共に癒されて欲しいです。

「マッサージを今まで一度も受けた事が無いんだけと最近疲れがたまってね」とか、「整体は受けた事があるけどオイルマッサージは初体験なんですよ」と言ってドアを叩いてくださるお客様と沢山お会いしています。

これからも既存のお客様は勿論ですが、プレサンティールの施術をまだ体験した事の無い方とも沢山お会いしてマッサージを受けて頂きたいです。

◆セラピストをして良かったと思った事、嬉しかった事

来店時には疲れて無口だったお客様がお帰りになる頃には身体が軽くなりました!癒されました!と笑顔でお帰りになる姿を見るとセラピストという仕事を選んで良かったと思います。

家では母にマッサージする事もあります。凄く上手くなったね気持ち良いよと喜んでもらえるのでこちらも嬉しいです。

画像4


◆セラピストをして成長できた事、リピート頂ける理由は?

正直、学生時代から勉強嫌いだった私がスクールに通ったり講習を受けたり、資格を取る為に勉強をしたりと切磋琢磨している所が成長した部分だと思います。

お客様が転勤で疎遠になってしまったけど、ふと懐かしくなってね…と10年以上振りにご予約頂いて担当させて頂きました。

プレサンティールのマッサージが衝撃的でまだ脳裏に焼き付いてると…ここまで言って頂ける事は本当に素晴らしいと思います。当時の京子さん、勤務されていたスタッフさんの施術に対する意気込み真剣さを改めて感じリピーターが多い理由が分かりました。

これからもまだまだ沢山指導して頂いて学ばせて頂き、一期一会を大切にお客様の記憶に残る施術が目標です。

◆セラピストと母業との両立

佐藤さんは私と同じシングルマザーですので、スタッフでありママ友でもあります。同じ環境のセラピストさんは他にもたくさんいると思います。

以前の職場では常に50人~100人のスタッフと働いていました。

沢山の方との関わりがあり楽しい事も沢山ありましたが正直、人間関係などでは気を使っていました。常に周りに負けたくない隙を見せたくないという毎日でした。

子供には「あの頃のママのはいつもピリピリしていたよね」って言われます。サロンでの仕事は「好きな事をしてのびのびと働いているのが嬉しい」と言ってくれています。

もちろん親である私は子供の為に働きます。その中でもセラピストになった事で、子供達に優しく出来たり、改めて母性が出て来たのではないかと思います。

確かにそれはありますね。喜ばせる事、先を読んで行動する事で家族もいつも穏やかでいられる気がします。

本当にそうです!セラピストという職業は、人と深く関わる事で人の思い感情を感覚的に察知して対応できる能力が自然と備わるのではないかと思います。だから嬉しいです。

他に良かった事は外見に気を使うようになった事です。

特にお金をかけると言う事ではなくて自分の出来る範囲で女性らしく魅力的になりたいと思うようになりました。

◆皆さんへメッセージ

プレサンティール横浜店は私がスクールで学んでいる時に京子オーナーが「横浜店、出しちゃおうか!」と提案して下さり、2019年1月にオープン致しました。

都内では勤務時間がかなり長い私を思ってオープンして下さった嬉しさはもちろん、京子さんの決断力に改めて驚きました。

横浜店はまだまだこれから成長していくサロンです。横浜店限定メニューもございます!是非ともお越し下さいませ(^^♪

画像5


佐藤さん、ありがとうございました♪
いつもニコニコ前向きな姿を見て、私もたくさんのパワーをもらっています。
可愛い声と優しい笑顔、そしてダイナミックな施術で、横浜店は佐藤さんのお店だと私は思っております。
まだ未体験の方は、是非佐藤さんの施術を受けてみて下さいね♡
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!