見出し画像

アタック・オブ・ザ・ユグドラシル

正に晴天の霹靂だった、その日東京スカイツリーは一瞬にして天を貫く巨木に変身したのである。

日本は大混乱に陥った。地デジ放送は停止し、あらゆる経済活動が減衰。外国人観光客も大幅に減り、終末思想カルトがにわかに流行...

「それももう三年前の事かぁ~」

「あの時は本当祭りだったねっ!」

巨木の根元、人混みの中で三人組の女子高生がフラペチーノ(樹木フレーバー)片手に談笑する。あれからこの巨木は新たな電波塔兼観光施設『東京ユグドラシル』として生まれ変わり、世界中から観光客を集めている。だが...

「...あら?あれって」

そう言って上空を指した女子高生は、爆ぜた。代わりに直径2mものリンゴめいた果実がクレーターを形成し佇んでいる。

「え、あ、ああ、うそ、なん、で...」

二人が呆然してる間にも果実は次々と落下し、観光客を次々と圧殺!周辺住宅を破壊!混迷する人々!

東京ユグドラシルは今、実りの秋を迎える...!

【続く】

#小説 #逆噴射プラクティス #逆噴射小説大賞 #天変地異 #パニック



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
PERFECT
7
マリオ35は大変な物を盗んでいきました 私の執筆時間です https://twitter.com/namiuzuman

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1858本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。