ぽつねんとして、

《ぽつねんとして、》鈴木恵里(イラスト)と松山由佳(テキスト)によるユニット/主にZI…

ぽつねんとして、

《ぽつねんとして、》鈴木恵里(イラスト)と松山由佳(テキスト)によるユニット/主にZINEを制作

マガジン

  • ふたりごと

    ふらりと立ち寄った場所で拾ったものがたりをイラストとテキストで不定期更新(2019.4〜)‬‪それぞれが見る景色は二人でいるのにぽつねんとして、‬

  • Books

    鈴木恵里(イラスト)と松山由佳(テキスト)による販売中ZINE一覧

  • News

    《ぽつねんとして、》最新情報

  • About

    個人/ユニット プロフィール

最近の記事

  • 固定された記事

ぽつねんとして、

鈴木恵里(イラスト)と松山由佳(テキスト)によるユニット 主にZINEを制作 2019.01.25 『つくねん』発行                       比べる物のない世界 出品(ギャラリー螺旋/高円寺) 2019.03.06 『ともこ』発行       Book Lovers 出品(motoya Book・Cafe・Gallery/初台) 2019.03.15  ユニット結成 2019.04.06 『ふたりごと』(note内連載)始動 2019.06.05 『しず

    • 2021.05 お酒

      七時間の立ち仕事を終え、さてハイボールを飲もうと安物のボトルを開けたのだが、誤ってスマートフォンにストレートを飲ませてしまった。彼女は突然の事態に状況が飲み込めないような顔をして、しかし次第に焦点が合わなくなっていった。たったの一口で酔っ払ってしまったようだ。私は大変疲れていたので、こんな女を介抱するのは面倒であった。望んでもいないのに眠った彼女を米びつにぶち込み、やっと一人でハイボールを飲んだ。小癪にもカットレモンなんかを浮かべて。 一人きりで飲む酒の味を転がしながら、一人

      • 2020ふたりごと

        noteで連載している《ふたりごと》の2020年分を掲載。異なる質感と色合いの紙に印刷。前年よりもボリューム感のある一冊となった。 2019ふたりごと A5/106P/¥1500 2021.06.02〜販売開始

        • 2021.06.02〜06.27 : 個展「カノジョたち」 & Book + (motoya Book・Cafe・Gallery/初台)

          2021.06.02〜06.27 :  個展「カノジョたち」 &   Book + (motoya Book・Cafe・Gallery/初台) http://www.mo-to-ya.com/gallery/exhibition/2106.html ともこ、しずか、玲子、未帆。 《ぽつねんとして、》がこれまでに描いてきた“カノジョ達”の気配に触れるインスタレーション作品を展示。 立体やドローイングを得意とする鈴木と、テキストによるインスタレーションを制作してきた松山によ

        • 固定された記事

        ぽつねんとして、

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ふたりごと
          ぽつねんとして、
        • Books
          ぽつねんとして、
        • News
          ぽつねんとして、
        • About
          ぽつねんとして、

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          さいごのふたり

          台詞を松山が先に書き、その台詞に沿って鈴木が漫画を作成。作品の中のコマをシルクスクリーン印刷した巾着に入れて頒布。 さいごのふたり A6/29P/¥1500 2021.05.16〜販売開始

          2021.05.16 : 第32回文学フリマ東京 (東京流通センター)

          2021.05.16 : 第32回文学フリマ東京 (東京流通センター) ブース:ス-14 新作『さいごのふたり』を含めた過去全作を出展します。ぜひ足をお運びください。

          2021.05.16 : 第32回文学フリマ東京 (東京流通センター)

          玲子と未帆

          玲子と未帆、二人の女性の同時間の感情を、ジャバラの裏と表に時間を追うように描いた一冊。玲子は漫画で、未帆は文章で表現。それそれがお互いに宛てた手紙も封入している。 玲子と未帆 A5/27P/¥1000 2020.11.22〜販売開始

          2021.4.30(fri)花かんむり

          花かんむりを完成させたことがない。 きらいな物も、きらいな人もいなかった五つの頃、自分がオンナノコであることだけが仄かなユウウツだった。 足の遅いのは仕方がない。力で敵わない存在がいることを知って、悪あがきに武道を習った。髪を短く切ってもらうのがうれしかった。だって翼くんとワタルも短かった。 ただ私として揺られている。毎日化粧をすることは嫌ではなくて、まぶたにオレンジを引けば、素顔よりもすてきに見える。属したくないわけでなく、何者であるのかを知らないまま、知ったふりで生き

          2021.4.30(fri)花かんむり

          2021.03 みなとみらい

          馬車道から歩いた まだすこし寒いねと言って どんどん夜に近づいていくと 観覧車が透けた夜の空にでしゃばっていた わたしはすこし浮かれて 船の前でポーズを取って見せた iPhone8の画質 わたしのSEではとうてい敵わない 閉園した小さな遊園地で 汚れた遊具がじっと押し黙っている それを横目に見ながら 饅頭のような月へ向かって走った たぶん 近づいてもiPhone8では写せなかったので わたしはすこし嬉しかった 写真にはあまり興味がない それなのにこのあいだ 一眼レフカメラを

          2021.03 みなとみらい

          2021.02 小鳥

          悲しいことにいまだ、 自分のことを持ち上げる腕力はあっても重力には逆らえなかった。 あれは東京タワーではなく電波塔だし、 悲しいことにいまだ、 人をかき分けてでないとまっすぐ歩くこともおぼつかない。 二本の脚だけではどうしても不十分で、 悲しいことにいまだ、 徒競走ではこの世のすべてに追い抜かれていくばかりだ。 それなのに他のなにかを飼い慣らそうとして、 それなのにいまだ、 あの小さな、羽に怪我をした動物の行く末を案じていた。 ヒトに倫理観は必要だったでしょうか

          2021.01.31(sun)新宿

          すこしずつ捨てていく 消耗してすりきれたもの ともだちがくれた古いアイエイチや いらないと言ったのに持たされた寝袋 もう似合わなくなったスカートに いつかフラッグスで買ったバッグすらも 変なシミひとつでいらなくなってしまった ああここまで来ても結局言えずじまいだったな もういいけど だってどうせ後悔する ちょっとの旅行から帰るみたいに 昔のように手を振ってくれますように まだあちこちに停留所があったころ さまよっていた都庁の足元にももう慣れたもので あそこのタリーズで作業

          2021.01.31(sun)新宿

          2021.01.15〜01.31 : アートブック/アートグッズ@BankART KAIKO (BankART KAIKO/みなとみらい線「馬車道駅」)

          2021.01.15〜01.31 : アートブック/アートグッズ@BankART KAIKO (BankART KAIKO/みなとみらい線「馬車道駅」) 下記4作を出品しています。ぜひお立ち寄りください。 ■ともこ B5/78P/¥1000 ■しずか A5/102P/¥1500 ■2019ふたりごと A5/66P/¥1300 玲子と未帆 A5/¥1000(画像、ページ準備中)

          2021.01.15〜01.31 : アートブック/アートグッズ@BankART KAIKO (BankART KAIKO/みなとみらい線「馬車道駅」)

          2020.12.31(thu)交換ノート

          ねえ明日は元気にしていますか 今日はそれなり 新しい靴を買いました きっとあなたも気に入ると思います 朝と夜に野菜のスープを食べたけど あなたも明日 同じものを食べるのでしょうね 昨日のあなたが作ってくれた味のうすいスープ おかげで酩酊した体の調子は戻りました ところでどうしてあんなに泣いたのですか あなたは私のただひとりだけの友達 そして恋人 そして私のひとり娘 ただひとり 私だけのわたし できればずっと ひとりでこうしていたいと思います お返事待ってます ー ー ー

          2020.12.31(thu)交換ノート

          2020.11.30(mon)金山駅

          中央本線でひたすらゆられた25分 19歳とハタチの若者ふたりで 赤い鉄格子におおわれた駅構内はだだっ広く どんなに広くても欲しいものは見つからない この先にドンキがあると言って 好きだった人と歩いた一駅がとんでもなく長かった 結局なにが欲しかったのかは思い出せないままだけど それもチャチな思い出にすぎない もうずっと大人になってしまってから 好きだったんですよねと伝えた語尾には「笑」がついている そこに切なさも未練もなくただ笑い話だった ときどきひとりで訪れた美術館も今は

          2020.11.30(mon)金山駅

          2020.10.28(wed)喫茶店

          アルコールをしこたま摂取したあとはカフェインに限る。 ラーメン屋へ向かう集団に、わたしはじゃあねと手を振り先をゆく。 駅の向こう側、遅くまでやっている普通のチェーン店で普通のコーヒーを一杯だけ。 豆の違いなんて大人になっても分からないままだから、この二百円のやつが一番美味しい。 中年の男女が色恋沙汰に声を潜めている。一緒になろうよとささやく男の声の本心を探るようにしながら、そんなつもりはないのよと女が躱した。 斜向かいで参考書を覗き込むあの男も、その声に耳を欹てているかも

          2020.10.28(wed)喫茶店

          2020.09.30(wed)十五夜

          2020.09.30(wed)十五夜