ポプラ社通信

広報スタッフが運営する、ポプラ社の想いや取り組みを紹介していくnoteです。ポプラ社が何を大事にしてどんな活動に取り組んでいるのか、どんな想いで新しいことにチャレンジしているのかなど、ポプラ社をいろいろな角度から発信していきます。

ポプラ社通信

広報スタッフが運営する、ポプラ社の想いや取り組みを紹介していくnoteです。ポプラ社が何を大事にしてどんな活動に取り組んでいるのか、どんな想いで新しいことにチャレンジしているのかなど、ポプラ社をいろいろな角度から発信していきます。

最近の記事

【後編】石巻市子どもセンター「らいつ」館長・NPO法人ベビースマイル石巻代表理事 荒木裕美さん~尊い命をともに育む「あったかい地域」のつながり~

前編ではらいつの施設運営のあり方を中心にお話をうかがいましたが、後編は館長である荒木さんご自身のことにも話題を広げていきました。 荒木さんはらいつを指定管理するコンソーシアムの構成団体のひとつ、NPO法人「ベビースマイル石巻」の代表理事として、妊娠期から未就学児までの親子の支援に尽力されています。 大切にしているのはコミュニティの力。ご自身も、仙台市から結婚を機に移り住んだ石巻での妊娠・子育てに孤独感を感じていた時に、親同士のつながりによって救われた経験があるそう。そして、た

    • 【前編】石巻市子どもセンター「らいつ」館長・NPO法人ベビースマイル石巻代表理事 荒木裕美さん~子どもの可能性を信じれば地域が手を取り合う~

      今回は私のふるさとである宮城県石巻市の児童館、石巻市子どもセンター「らいつ」を訪れました。 ご存じの通り、石巻市は2011年3月11日の東日本大震災における最大被災地となった地域。らいつは、国際子ども支援団体のセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)による被災地支援の一環で整備された市内唯一の児童館です。 一般的な児童館と大きく異なるのは、小学校から中高校生世代の利用者たち自身が地域と連携しながら主体的な施設運営を行っているところ。「子どもの権利(right)」と「未来の光

      • 【後編】株式会社オガール・岡崎正信さん、紫波町図書館・藤尾智子さん、手塚美希さん~「好き」で輝く大人の姿が最良の教科書~

        岩手県紫波町の「オガールプロジェクト」と、その一環で設立された図書館について、前編では現在に至るまでの経緯を中心におうかがいしました。 そこには公共の文化施設を維持し得る経済システムの構築と、行政が民間視点を活かすことについての重大な示唆が含まれていましたが、私が「学び」の場としての紫波町に関心を惹かれるのには、実はもう一つ大きな理由があるのです。 それはつまるところ「出会い」や「ふれあい」といった言葉に集約されるコミュニケーションの場所として活発に機能していること。後編では

        • 【前編】株式会社オガール・岡崎正信さん、紫波町図書館・藤尾智子さん、手塚美希さん~民間主導の循環型経済で実現する学びの持続可能化~

          岩手県のほぼ中央に位置する紫波町。このまちは、「オガールプロジェクト」と名付けられた公民連携事業による町有地開発を行い、定住・交流人口の増加や地域内の経済循環を実現したことで、まちづくりの成功例として広く知られています。 開発エリア内は統一感ある景観が広がり、芝生広場を挟むようにして文化・産業・スポーツなどの各種公共施設やテナント店舗、分譲住宅地などが整備されています。そんな中でも、独自の取り組みでコミュニティを育むと同時に「稼ぐ公共施設」の役割も果たしている紫波町図書館は、

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • こどもの学びが未来をつくる
          ポプラ社通信 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「ポプラ社通信」note始めます。(会社見学編)

          ポプラ社の想いや取り組みを紹介していく「ポプラ社通信」noteの第2回。社名の由来や企業理念を紹介した第1回に続き、今回は会社見学風に、もう少しポプラ社を紹介させていただきます。 「本の話」でつながるライブラリーウォール 今年創業75周年を迎えたポプラ社。2004年から新宿区大京町に大きな看板がある本社ビルを構えていましたが、老朽化もあり70周年を機に本社移転を決定し、2018年10月から千代田区麴町にある住友不動産ビルに本社を置いています。 本社エントランスの受付から

          「ポプラ社通信」note始めます。

          はじめまして。ポプラ社の想いや取り組みを紹介していく「ポプラ社通信」noteの第1回目です。  「かいけつゾロリ」等の人気シリーズを刊行するこどもの本の出版社、というイメージで見られることが多いポプラ社ですが、「総合百科事典ポプラディア」をはじめ、図書館・学校向けの学習資料や、2000年から本格展開した一般向け書籍でも文芸書やエッセイ、文庫・新書、『かがみの孤城』、『その本は』等の人気作品も数多く刊行している出版社です。  出版を起点とした海外展開やキャラクターライセンス

          【後編】いすみ市・鮫田晋さん~夢持つまちの一手が世に共感を広げる~

          地域を変えるには、まず子どもからーー。冒頭から新しい気づきをくださった千葉県いすみ市農林課の鮫田さんとのお話。前編ではいすみ市の環境保全活動が、有機米の生産や学校給食への導入、そして子どもたちへの教育まで発展していった経緯を詳しく伺いました。そこには情熱を持った地域の大人の存在が不可欠だということも。 後編では、いすみ市の取り組みのどんなところを他の自治体が参考にできるのか、そしていすみ市は、まちや子どもたちの未来をどのようにイメージしているのかにまで話が広がっていきました。

          【前編】いすみ市・鮫田晋さん~子どもを軸にしてこそ生まれる地域転換~

          この企画の最初におうかがいしたのは房総中部に位置する千葉県いすみ市。海と里山、田んぼといった豊かな自然を有する人口約3万6000人のまちです。 ここはコウノトリの飛来するまちづくりの一環で有機米の生産を始め、現在では市内全小中学校の給食に100%提供するまで発展、全国から広く熱い注目を集めています。特徴的なのは農業の活性化はもちろん生物多様性の保護や食育まで分野横断的に官民が連携して取り組み、子どもたちの教育へとつなげていること。 お話のお相手は行政側のキーマンの一人、農林課