ponpoko tanuki

北陸地方での転職サポートを始めて17年目に突入のオバサンコンサルタントです。  「タヌキオヤジ」ならぬ「世話好きのタヌキババぁ」 目先の利益より確たる信頼を求めることを許された有難い職場で、優秀な後輩に助けられつつ送る日々で見つけた「大事なこと」を発信していきます。

ponpoko tanuki

北陸地方での転職サポートを始めて17年目に突入のオバサンコンサルタントです。  「タヌキオヤジ」ならぬ「世話好きのタヌキババぁ」 目先の利益より確たる信頼を求めることを許された有難い職場で、優秀な後輩に助けられつつ送る日々で見つけた「大事なこと」を発信していきます。

    最近の記事

    転職活動の目的は?

    こんにちは、北陸地方の転職エージェントに勤務する古狸です。 忘れた頃に投稿する独り言をご覧いただきありがとうございます。 今日は頑張って短めにまとめたいと思います。 例によって箸休めにもならない内容ですが良かったら覗いてみてください。 ■時代の流れ 私がこの仕事を始めた17年前から時代は大きく変わり、 最近では職安に行かれる方が随分減り、転職に際してエージェントを使うことが主流になってきました。 この会社に紹介して欲しい、と名指しでエージェントにご登録される方もいらっし

    スキ
    17
      • 未来を変えるにはまず自分から 

        北陸地方の転職エージェントに勤める古狸です。 毎度箸休めにもなりませんが、私の独り言へようこそ。 今回はものすごくありきたりな台詞がテーマです。 皆様何度となく聞いたことがおありだと思います。 今更そんな当たり前のこと・・・とお思いでしょうけれど、お付き合いください。 少なくとも私はこの言葉を求職者さんによく使わせていただきます。 大きな背中 今日機会を頂いてお話を伺った女性は、 知らない土地に来て一人で初めての子育てをする中で強烈な孤独と不安を感じられ本当に辛い日々

        スキ
        11
        • とおるさんってこんな人

          北陸3県を専門とする人材紹介会社、北陸人材ネット。 社内メンバーから「このコンサルタントはこんな人!」という情報を集めてみました。 こんな人間たちで構成されているんだなということ…が伝われば嬉しいです。 愛知県生まれ、温泉と旅をこよなく愛す行動派愛知県で生まれ育ち、大学4年間を金沢でを過ごされました。 実は金沢が嫌いで就職先は東京に。 バリキャリの道を歩いていたはずが、 旅好きが高じて気付いたら嫌いだったはずの石川県のお宿で働いていました。  石川に来なければ島根県の有名ホ

          スキ
          5
          • フルフレックス・フルリモートの意外な落とし穴

            私が勤務する会社(以下HJN)は数年前からフルフレックス・フルリモートです。 お陰で多くの恩恵を受けていますが、実は大きな落とし穴があることに気付いたのでここでシェアいたします。 ※誤解のないよう最初に宣言しますが、反対派ではありません。 そして、例によって箸休めにもならないお話ですことをご了承ください・・・ 念のため定義から  ※ご存知の方々は読み飛ばして「本題」に行ってください フルリモートとは・・・ 「フル」に「リモート」で仕事をすること。 英語で遠隔地で仕事を

            スキ
            9

            定着率の高い職場には理想の上司がいる!

            北陸地方で転職コンサルタントを務める古狸です。 今日も私の壮大な独り言ページを覗いて頂きありがとうございます。 前回「出来ない先輩の元で後輩が育つ」という投稿をしたばかりなのに、 今回はがっつり相反する内容になります。               反面教師も運が良ければ素敵な結果につながりますが、 やり甲斐を感じる職場には尊敬できる上司が必要! というお話。 そして、いないなら自分が理想の上司になってしまえ、な方にお勧めのHow to本と呼んでいいものが存在することをこっ

            スキ
            12

            仕事が出来ない先輩の元では後輩が育つ?

            北陸地方の小さな転職エージェントに勤務する古狸、ぽんぽこです。 今日も私の壮大な独り言を覗いて下さりありがとうございます。 HJNの背景元々は私と社長の二人で仕事をしていたのですが、 少しずつ少しずつ社員が増え、気付けば三人の優秀な後輩コンサルタントがいます。 そう、立派なお局です。 一応「チーフ」とつけて頂き、「上司」のポジションにるのですけれど・・・ 自慢になりませんが、仕事は誰よりもできない自覚がしっかりあります。 社歴、業界歴が一番長いということで、「知っている」

            スキ
            8

            「いいとこどり」を狙うと転職は失敗しがち

            北陸地方のエージェントに勤める古狸です。 箸休めにもなりませんが、今日も私の独り言を覗き見て下さりありがとうございます。 今回のテーマは 「いいとこどり転職」とってもストレートで、既に伝えるべきことの大半は伝わっているかと思います。 転職したいと思う時 = 何かを変えたい時 だと思います。 もっと言うと、何かを変えることで「今までなかった何かを得たい」のではないでしょうか。 人によってそれは「時間の余裕」「給与」「心の平穏」「遣り甲斐、成長」「場所」「地位」など様々。

            スキ
            13

            わが社の社長はいじられ役で広告塔

            北陸地方の転職エージェントに勤務する古狸です。 今日の話題はタイトルの通り、愛すべき「ヘンタイ」わが社の社長(以下「ヤマキン社長」)につきまして。 のっけからどこまで社長をバカにしているんだ! とお叱りを受けそうなのですが、どっこいヤマキン社長は自他ともに認める「ヘンタイ」で、社内で一番のいじられ役であり、広告塔でもあります。 商談でも打合せでも、通常、まずは軽い挨拶がてら、お天気や最近話題のニュースなどで会話を始めることが多いですよね。 わが社の場合、ヤマキン社長を直

            スキ
            9

            ワインで接待/ 日本の常識・西洋の非常識

            北陸の転職エージェントに勤務する古狸です。 いつもは転職、就職、仕事にまつわるお話を書くよう努力(笑)しているのですが、締め切り間際のこの時間になっても頭が真っ白。 何故急に、な話題で恐縮ですが、 ふと昔上司に呆れられた経験を思い出したので、日本と西洋のお酒が絡む接待の違いについて、私が衝撃を受けたお話をシェアしたいと思います。 文章が下手で難しく見えますが、要はかつて教わった受け売りなお話(笑) ワイン片手に流していただければ幸いです♪ 日本で接待と言えばイメージは料

            スキ
            5

            わが社に女子会手当が新設されました

            皆様こんにちは。 北陸地方の転職エージェントに勤務するお節介古狸のページです。 ご覧いただきありがとうございますm(_ _)m 今回は勤務先北陸人材ネット(以下HJN)で先日新しく決まった「女子会手当」を使ってみた報告です。 はい、古狸もぎりぎり「女子」の端くれなんです(笑) ヤマキン社長より 「女子会手当を作ろうと思う! 皆で頻度とかどんな感じでするかとかちょっと考えてみて」  という鶴の一声がある日突然投げかけられたところからスタート。 そもそものきっかけは・・・日

            スキ
            10

            【つながらない権利】は業務に限らない/ジャイアンリサイタルを開催してない?

            最近テレビ番組などでも取り上げられていて、じわじわと認識度が上がってきている「つながらない権利」。 皆様はこの「権利」についてどう感じられますでしょうか。 転職相談にいらっしゃる方々のお話を聞いていて、実は「仕事」に限らないんだなと思っています。 【つながらない権利】ってなに?ざっくりいうと、「労働者が勤務時間外には仕事のメールや電話などへの対応を拒否できる権利」のこと。 週末や夜間など、就業時間外に取引先や上司から仕事の連絡がくることってありますよね。 そもそも就業時間じ

            スキ
            7

            『気軽な転職』より『キャリア形成の本質』を

            こんにちは、地方都市の転職エージェントに勤務する、古狸ことオバサン・コンサルタントです。 最近、人材業界のTV CM見ていて、「私は考え方が昭和なのか」とモヤモヤすることが増えました。 時代にある程度即した動きが出来なければ、コンサルタントとしてはお終いです。 お客様(求人企業)にも、求職者さんにも有益な意見をお伝えすることが出来ないばかりか、悪い影響を及ぼしかねません。 価値観は当然時代によって変わってくるものですが、本質を見失ってはいけなませんよね。 自分の感覚が信じら

            スキ
            14

            リモートワークは「少しずつ環境に慣れること」で成功できる

            北陸地方で転職エージェントに努める古狸です。 これまでも何度か書いてきましたが、当社(以下HJN)はフルリモートが可能です。 その宣伝効果があってか、最近チラホラと社長にリモートワーク導入についての相談が来るようになりました。 たまたま私も、これから導入を考えていらっしゃる企業様から「社員の目から見て実際どうなの?」の興味津々の目と質問を受ける機会に恵まれました。 様々なご不安や課題を伺い、 あぁ。現状からのゴールの遠さに途方に暮れられているのね というのことがよく分かり

            スキ
            9

            フルリモート・フルフレックスが可能にしたこと

            いきなり自慢からですが、私の勤める会社はとても自由度の高い勤務体系になっています。  二大「フル」の自由一つ目は「フルリモート勤務」が可能なこと。 そうです、【可能】がポイントなんです。 「フル」はつきますが、リモートしてもしなくても個人の自由。 敢えて出社する必要もないけど、出社したかったらご自由にどうぞ、という感じです。 正直慣れるまでは、  - そうはいってもずっとリモートはだめでょ、  - 週に何回かは出社しなくちゃ、 みたいな思いもありましたが、たまたまコロナ関

            スキ
            5

            電子書籍 vs 紙書籍

            箸休めにもならない緩~い時間です。 今回は私のどうでもいい小さな発見について。 皆さまは電子書籍派ですか? それも紙書籍派ですか? そもそも「派閥」ではありませんが、好みはありますよね。 これも時代 断捨離もブームになりましたし、物を出来るだけ持たないミニマリストという生き方に共感する方も増える中、 既存の紙の書籍を裁断機でカットし、スキャナで読み込みあえて電子化する動きまであるそうです。 電子書籍化されたものを購入し直すのではなく、自らそこまでするので「自炊」なんて呼ば

            スキ
            10

            退職交渉の重要性 完結編 いざ交渉!

            地方の転職コンサルタントが思う「退職交渉フェーズの重要性」シリーズ やっと交渉フェーズに入ります(笑) 其の一 は 円満退職についてのお話でした。 其の二 は「(円満に向けた)退職準備編」 完結編の今回は スムーズに退職を認めてもらうための交渉術について。 ※退職したい会社から酷いハラスメントを受けていて恐怖を感じられる場合や、体調不良等で早急な退職を希望される場合は別のお話です。 そういったケースでは無理に「円満退職」を心がける必要はありません。 事務的に進めることも難

            スキ
            6