見出し画像

4週間で初心者をプロデザイナーにするチャレンジ【1週目】

こんにちは、シンガポールにいるぽりです。
GAOGAOデザインゲートで講師をしています。フリーランスデザイナーです。

この記事は、初心者がプロになるまでの過程記録ノートです。

これから0からデザインを始める人も、デザイン学習中の方も、
「デザインができるようになるまで、どのくらいの時間で、どのくらいできるようになるか」というイメージがつくかと思います。

本気で学んだら最短どのくらいでプロになれるのか?

未経験者・新人デザイナーってどのくらいでプロになれるのか?と

わたしの場合は、半年以上かかりました。
最初は先輩の添削がすごく多いものなんですが、それが半分以下で済むレベルになるのでそのくらい。

ですが、プロのメンターにライザップ的に、スパルタかつピンポイントで伸ばしたい部分を教われば、実は最短2-3ヶ月くらいで結構いけるんじゃないの?という予想をしています。

デザイナーとして完璧ではないだろうけど、

自分でできるレベルの案件を獲得→納品、という一通りの工程ができるまでにはなれそう。

ただ
・「最短で〇ヶ月でプロになれる!」と広告はよく見るけど「〇ヶ月でプロになれました!」という人、見たことない。

・「早くプロになりたい!」という本気の生徒さんは多いのに、本気のデザイン講師っているのか

・デザイナー育成の、効率的な教え方が世間に広まっていない。少なくとも自分はそんな先輩に会ったことがない


WEBでは動画チュートリアルとかあるものの、まだまだデザイン教育って洗練されておらず、

効率的な教え方も行われていない気がする(知らないだけ?誰か教えて)

デザインスクール講師も、現役でバリバリ稼いでる人はあまりやりたがらず、

リタイアした人やスクール卒業生がバイトでやっていることが多いというのも理由なのかなあ。。


だったら私がまずチャレンジしてみよう!!と思い
現役デザイナーが未経験者に本気でメンターをして、1ヶ月でプロに育てられるか、挑戦してみることに。

まずレクチャー

デザインを勉強する生徒は、

シルベスターくん(29歳・ポーランド出身・バックパッカー)

エンジニアでロボットやエレベーターを作っていました。ドラゴンボール好き。デザイン経験なし。
「アドビイラストレーター」というソフトの名前すら聞いたのも初めて。

画像2

がんばります!!!

まずはツールから

●まず、パソコンにIllustratorとPhotoshopをトライアルで早速、
公式サイトからダウンロード。

●私が目の前で「〇はこうやって作る」「テキストはこうやって打つ」とイラストレーターのツールを使って見せます。

●次に、Youtubeの動画とアドビ公式チュートリアルを見せ、横につき、自身で手を動かしてもらいました


【日本語】
・ツールのチュートリアル
https://www.youtube.com/watch?v=zwMZeAnNs6g
・アドビ公式/図形の組み合わせ 1/3 図形で絵を描く
https://youtu.be/q0etMpYlZmE

【英語】
・ツールのチュートリアル
https://www.youtube.com/watch?v=3GzumUieDPY&t=124s
・図形を作ってみる
https://www.youtube.com/watch?v=DgQAm20_Xuo

課題1 バナーに使う素材選び

1案件目は、バナーに使用する素材(写真とイラスト)を選ぶ課題。
マネージャーまで行かないミドルレベルの男性に転職を勧める広告で、表示先はニュース記事。

ビジネスマンが何かを捜しているイラストと、
ミドルな年齢のビジネスマン男性の写真をAdobeStockから探してもらいました。

これで何を学べるのか?というと

【1 】自分が感じることと、大衆が受ける印象のギャップを埋める
私もそうだったのですが、意外と大衆が感じることと自分が感じるイメージって結構ズレがあるものです。
デザイナーとしては大衆が見て違和感を抱かないために、大衆目線も同時に知る必要があります。

なんでかと言うと、「皆がこう思うだろう」と狙って作ったものが、
違うものに見えて違う意味に受け取られてしまったり、見て欲しい部分が見てもらえない、等が起こるからです。


【2】 デザインをする目的を意識してもらう
レイアウトを始めると、レイアウトそのものに凝ってぐるぐる回ってしまうビギナーも多いので
今回はまずレイアウト作業を除いて、「そもそもデザインの目的ってなーに?」というところを考えるのに、良いかなと思います。

「ターゲットは誰?」
「このバナーで達成したいゴールは何?」

ということを、自分がお客さん目線になってその広告を見るシチュエーションをイメージしてもらうことがまず一歩。

最終的には
【1.目的を顧客目線でイメージできる】
【2.的確に表現できる】
が両方できること

結果

かかった時間は1日(11hくらい)。

できたー!!!の図(作:友人)

画像2


課題で学んだこと
● 素材探し検索ワードを知る
● バナーは、素材に文字が入る前提で選ぶ、ということを学ぶ

イラストは順調で、3-4時間くらいで選び終わりました。
写真選びはすごく難しかったっぽい。

日本の広告・素材の傾向としては、
「文字が多い」
「欧米人×日本人のハーフを使いがち(アジア人は避ける傾向)」
「ビジネスシーンは特に、自然で作りすぎない光や加工」
「スーツや、かっちりした感じ」
などが反映される気がします。もし素材選びを外国人に選んでもらう場合は、これを先に伝えた方が良さそうです。

おまけ(メンター目線の感想)


この課題でメンター的にちょっとミスったかなと思ったのが、写真って具体的なだけに、お国柄が結構出てしまうのだなと思いました。
東アジア人などならまだデザインが近いこともあるんですが
同じアジアのタイですら、二度見してしまうような広告も多数あるので(鍋に具材がぶん投げられ、ばっしゃー!と勢いよく水しぶきが上がっている鍋料理屋の広告など。食物と飲料はよくぶちまかしてる気がする)

彼はヨーロッパ出身なので文化も見てきたものも広告もかなり違うこともあり、
スーツ着ててもカジュアルなふるまいや、ちょっと個性的な髪型をしている人を選んでしまったりもしていました。

【失敗例】
・スーツを着ているが、カジュアルすぎ、若すぎる男性を選んでいる
・文字を置くための余白が必要と説明したら、白バックがフラットすぎて写真自体が画にならない
・Photoshop加工が不自然
・日本人だと思って、別の国のアジア人を選んでしまっている(色白でも、ファッションや髪型などが日本人っぽくない)

というわけで、2週目はレイアウトです↓

GAOGAOデザインゲートはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(*´ω`*)
14
ふにゃふにゃフリーランスデザイナーのぽりです。よく海外にいます。GAOGAOデザインゲートのメンターをしています。 https://gaogao.asia/design-gate/

こちらでもピックアップされています

デザインメンター記
デザインメンター記
  • 4本

デザイナー育成日記など

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。