マガジンのカバー画像

日々のポジャギ作り★2021年

150
コツコツ&一針一針縫い進めているポジャギ作りの様子 ボツになるものもあり、いろいろ挑戦したり、試作したり 出し惜しみせずどんどんお披露目していきます
運営しているクリエイター

記事一覧

【ポジャギ制作過程】代り映えのしない マル技法のポジャギ

年末の大掃除をやろうと思ってはいるんですが、雨だし寒いし・・って言い訳ばっかりで全然進ん…

3週間前

【ポジャギ制作過程】お手頃サイズ&淡い色合い マル技法 シルクサンポ(覆い)

小さめのサンポ(覆い)のポジャギのキット作りました。見本&デザイン案は小さいけれど、各自…

3週間前

メドゥプ・組み紐 準備中

今日は朝からバタバタ。人の出入りがひっきりなし。なんで今日なんだろうなぁ~ 夕方になって…

4週間前

【ポジャギ制作過程】透け透け セットンのあずま袋

正確に言うと、ポジャギではないですが・・・ 透け透け&カラフルな縞模様の生地「セットン」…

1か月前

【ポジャギ制作過程】葉っぱのサンポ/覆い

昨晩めちゃめちゃ寒くなるからと、過剰なまでに対策を取り、暑くなりすぎてなかなか寝付けませ…

1か月前

【ポジャギ制作過程】優しい色合い ステンドグラス風 ノバンのポジャギ

福岡では、明日から冷えるっていう話だけど、今日はずーっと雨で、結構寒かったなぁ~ そんな…

1か月前

【ポジャギ制作過程】センミョンジュの端切れ繋ぎ

もう、楽しくて楽しくて、何を作っているのか、完成形は全くイメージできてないけれど、止まりません。これってすごく幸せなことだよね~ 「センミョンジュ」という、オクサとミョンジュの中間に位置する ちょっと透け感はないんだけど、柔らかくて針通りがよい韓国のシルク。 最初は端切れを縫い繋いでいってたけど、端切れも縫いつくし、それなりの大きさの生地までカットして、どんどんどんどん大きくなってます。 今は、70cmくらいのブロックと、細長いのが3本くらい。裏地のことを考えたら、11

スキ
15

【ポジャギ制作過程】グレー&ピンクのマル技法(ぐし縫い&重ね合わせ)

ちょっと写真が暗いんで、色合いがちょっと地味に見えるかもしれませんが・・・実物はもうちょ…

1か月前

【ポジャギ制作過程】蝶の刺繍入りモシのランチョンマット

ずっとシルクばっかりだったので、久しぶりに モシ(麻)を触るとなんか不思議だなぁ~ 冬っ…

1か月前

【ポジャギ制作過程】ひたすら三角!松の実飾りでブローチ作ろうと準備中

まだ生地をカットしているだけで、全く形になってないんですが・・・ こういうのを作ろうと思…

1か月前

【ポジャギ制作過程】シックなヤンダン敷物・コースター

大好きなヤンダンという艶々厚手シルクが続きます。っていうか、ずーっとこればっかりやってい…

1か月前

【ポジャギ制作過程】ストライプ柄?帯みたいなポジャギランナー

学生のころ使っていた、レジメンタルストライプっていう柄のマフラーみたいな、想定と全く違う…

1か月前

まさかの「なんちゃってシルク」騙された~!!

朝からサクサク ポジャギ制作がんばろうと思っていた矢先、 凹みました・・・がっかりです 昨…

1か月前

【ポジャギ制作過程】正月カラー?韓国カラー?ヤンダン敷物

クリスマスもいいけれど、もうちょい先のこと、お正月のことも考えて、正月飾りにも使えるようなポジャギ作品を・・・と考えて作りました。 ちょっと色が地味だったかな?ちょっと大きめ(14cmくらい)ヤンダンという艶々シルクで敷物/コースターみたいなもん、作ってみました。なんかちょこっと飾ったりするのに使えるかなぁ~と思って、めでたいイメージの配色で。もうちょい朱色がかった、明るい赤のほうが良かったかな? 白を中心に使ったけれど、これが、赤だったら、また全然違った感じになります。

スキ
20