忍翔 OSHOW Improviser
デュオインプロ塾 〜イマココの相手に反応する心と身体〜
見出し画像

デュオインプロ塾 〜イマココの相手に反応する心と身体〜

忍翔 OSHOW Improviser

デュオインプロとは?

デュオインプロとは「即興二人芝居」のことです。
多くの日本の俳優が、インプロを「頭を使って作るもの」「アイデアの面白さを競うもの」と誤解していますが、インプロは本来、俳優の恐れを取り除き、未来ではなくイマココに集中させるために作られ、そこからパフォーマンスとして発展していったものです。
特に2人で演じるデュオインプロは、目の前のパートナーしか頼れる人がいないため、相手と一瞬一瞬繋がりながら演じることが必要不可欠なのです。

マイズナーテクニックとのハイブリット

その感覚はマイズナーテクニックのリピテーションに似ています。
リピテーションとは、パートナーを観察し、相手の状態を言語化し(例:あなた頷いた、あなた怖がってる…など)、お互いにその言葉を繰り返すことで、思考や自意識から離れ、相手と一瞬一瞬繋がった真実味のある演技を目指すエクササイズです。
デュオインプロでは、この感覚を使ってストーリーを紡いでいきます。
頭で先を考えるのではなく、イマココに反応する心と身体に任せていくことで、自然とストーリーが生まれてくるような感覚です。
自分でも思ってもみないような感情や言葉が生まれるため、多くの参加者が「こんな展開になるなんて!」と驚き、時には「本当に悲しくなった」と涙する人も出てきます。

即興と脚本の橋渡し

このワークショップは「即興もしくは脚本での舞台経験がある人(映画でも良い)」が対象です。なぜなら、即興と脚本、どちらの分野の人にとっても有意義な体験になるからです。
即興をやっている人は脚本のような興味深い演技を、脚本をやっている人は即興のような躍動感のある演技を、それぞれ体感することが出来るでしょう。
両方やったことある人にとっては、即興と脚本が1つの橋で繋がり、より自分自身のパフォーマンスを高めることにもなるでしょう。
是非ともこれを機にデュオインプロを体験してみてください♪

おまけ:デュオインプロを実際に観るために

Netflixでは「Middleditch & Schwarz」のデュオインプロが配信されています(どちらかと言うとコメディ寄りですが)
ついでに僕がドバイで観て感動したパティ・スタイルズとジョー・ビルのパフォーマンスと、数年前に僕が行ったパフォーマンスも載せておきます♪

詳細

■日程
2022年
9月20日(火)18:30-21:30
9月22日(木)18:30-21:30
※扱う内容のレベルは同じですが、細かい内容はその日に集まった人に合わせて組みます。

■場所
豊島区周辺施設
※参加者にのみお伝えします。

■講師
忍翔 OSHOW

■定員
各回8名

■料金
【早割 8月中の申し込み】
2日とも 6500円
1日だけ 3500円
【一般 9月以降の申し込み】
2日とも 7500円
1日だけ 4000円
※1000円で見学も可能です。ただし初めましての人のみ一度だけ利用可能です。途中で参加したくなったら追加料金を払って参加も出来ます。

■キャンセルポリシー
参加予定日の2日前までのキャンセルであれば、キャンセル料はかかりません(例:9月20日に参加予定であれば、18日の24時までにキャンセル連絡ください)
以降のキャンセルは、キャンセル料として参加費の全額がかかりますのでご了承ください。

■参加申し込み
①忍翔の個人LINE
②忍翔の公式LINE【https://lin.ee/M58TLro
③HPの問い合わせフォーム【https://playerosho.com/
のいずれかから「名前」「年齢」「簡単なプロフィール(忍翔の知り合いは不要)」「参加希望日程&WS名」を明記して送ってください。

■ハラスメント防止対策ポリシー
ワークショップが安全で健全に進行されるよう、以下のことを大切に進行します。
・全ての参加者が、心理的安全性を感じられるような場作りをします。
・参加者全員に対して、敬意と尊敬を持ち、対等な立場でコミュニケーショを取ります。
・指導の上で身体的な接触が必要な場合は、当人の了承を取り、社会通念上適切な箇所にのみ行います。
・エクササイズについて、常にフィードバックや感想を聞くなど、全体での意見交換の場を作り、どの参加者も発言の機会が得られるようにします。
・参加者の中に、ヘイトスピーチや暴力等の不適切な言動や行動をする方が出た場合には、すぐさまその方の参加を断り、退室をお願いします。
・全てのエクササイズは、参加者個人の性別・ジェンダー・年齢・体力等に配慮して進行します。
・参加者の方から、進行に関してご意見や苦情をいただいた場合には速やかに対応をとります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
忍翔 OSHOW Improviser
Impro=舞台上で自由で創造的になる×何もない空間から物語を創る 俳優、演技指導者として世界を相手に仕事をしています。