見出し画像

ベトナム・カントーの11月の観光イベントスケジュール

同僚が「11月は観光局にとって一番忙しい月だ」と言っていた。VITM(ベトナム国際観光見本市)日越文化・経済交流フェスティバルがあるので、確かにと思ったが、それだけではなかった。

ベトナム、とりわけ私が今いる地方都市カントーに関して思うのが、お祭りが大好きな地域柄(農作物が豊富にとれ、昔から自然や果物、穀物の豊作を祝うお祭り文化が根付いているから、少数民族の文化や伝統を祝うお祭りが多いから・・・等の理由かと思う)、イベントはとても多いのだが、とにかく身内だけで盛り上がって終わる感が否定できない。せっかくのカラフルかつ面白いイベントも多いので、事前に共有してまずは知ってもらうことも大切だ。(いつか年間スケジュールを作りたいと考えている半面、「カントーはイベントの日程とか変わりやすいからねぇ」と同僚に言われる。そう、あくまでも予定は未定のペースだ。)思えば、日本の桜の開花時期とか、桜の開花度(何パーセント)の提示、花火開催時期スケジュールは凄いなぁと思う。限られた週末や時間の中で、皆、その日に集中して旅程を計画する。

ベトナム・カントーで11月開催予定のイベント

11月1日(金)~22日(金)
Beauty Tourism Can Tho 2019 (Beauty Contest)

今年5月頃に、アオザイのファッションショーは無いのか、という話をしていた記憶があるが、なんとカントー美女コンテストが11月に開催されるとのこと。参加資格はカントー市在住の女性18歳~30歳まで。10月30日まで応募受付を行っており、最終選考は11月22日にカントー市文化センター(Trung Tâm Văn Hóa Thành Phố Cần Thơ)にて開催。このコンテストの面白いところは、「美しさ」を競うだけではなく、最終選考までにカントーにある農業体験、伝統工芸体験、孤児院訪問、障害者施設訪問、メコンデルタの伝統衣装であるアオババを着ながら水上マーケットでの写真撮影など、コンテストの中でカントーの魅力を十分満喫できるようになっている点。

11月7日(木)Mekong Connect 2019 
テクノロジーと農業ビジネスの促進、農業関連の起業家支援、各省・政府機関と民間の連携強化などを目的とした経済フォーラム。今年で5回目。Van Phat Riverside Hotelという市内からバイクで15分程の場所で開催。

11月6日(水)~10日(日)
Vietnam International Agricultural Fair 2019 
https://dbav.org.vn/event/can-tho-international-fair-of-vietnamese-agricultural-2019/

世界やベトナムの農業、テクノロジーとの協働、生産性の向上、質の高い農産物の生産促進等を目的に、各行政や企業が集結するフェア。

画像3

今朝、ちょうど以下サイトを読んでいたところで、今後のベトナムとりわけメコンデルタの役割(IT×農業)が非常に面白くなってくるだろうなぁと思っていた。

11月9日(土)~11日(月)Omon District Cultural, Sports and Tourism Festival カントーのオーモン地区は、クメール人が多く住んでいる場所でもあり、カンボジアで開催される「水祭り(ボートレース)」の日程と併せて開催される。少数民族の文化や伝統を伝える目的で開催されるお祭り。

https://mycantho.vn/en/detailevents/?t=ngay-hoi-van-hoa-the-thao-va-du-lich-quan-o-mon-dai-doan-ket-cac-dan-toc-thanh-pho-can-tho&id=event_267

画像2

カントーで出会ったクメール人の友人が共有してくれた、10月13日にバクリュウ省で開催されたクメール族のlễ hội đua ghe(水祭り(ボートレース大会))の写真。レースには、「ゴー(Ngo)」と呼ばれるクメール族の伝統的な木製船が使用される。このようなボートレース大会は、11月にもオーモン地区で開催される予定。また、ソクチャン省もかつてクメール族の支配地域だった為、国内でもとりわけクメール族が割合が高く、今でも約40万人のクメール族が住んでいる。

11月15日(金)~17日(日)Hungary Cultural Week 
ハンガリー大使館とカントー市人民委員会が共同で開催する文化イベント。ハンガリーの食や文化体験、二国間の関係性強化、投資環境整備を目的としたもので、Luu Puu Phuoc公園で開催予定。同時に、カントー博物館ではハンガリーからの絵画特別展が開催。ベトナムとハンガリーは外交関係を結び来年で70周年(1950年から2020年)となる。

11月18日(月)~21日(木)Bac Lieu Cultural Tourism Week 
11月11日現在、同僚からBac Lieu省で観光関連のイベントがある、ブース出展がある、とは聞いているが、詳細が全く不明・・・!

11月18日(月)~20日(水)Cambodia Cultural Week 
上記オーモン地区でのイベントとあわせて、市内で開催予定のカンボジアイベント。

https://canthotourism.vn/en/detailevents/?t=organize-cambodian-cultural-week-in-can-tho&id=event_264&fbclid=IwAR3sbYHD49_aXrgeL4OpUgzgLkNMWR7vMUgYydmpc6kuQJK3Z9_stVUXzJQ

11月23日(土)~25日(月)
Ninh Kieu Lighthouse Night 
カントー市人民委員会と文化・スポーツ・観光局主催の年中行事。今年3回目の観光祭で、カントー市の中心でもあるニンキエウの歩行者専用橋近くとカイ・ルオン運河で開催される。2018年は年2回、8月も開催されていたみたいだが、今年から年1回、11月に開催が決まった。灯篭流し、民族舞踊、芸術プログラムなどが体験できるそう。

11月29日(金)~12月1日(日)
VITM Can Tho 2019 (Vietnam International Travel Mart 2019) 
https://vitm.vn/en/cantho (オフィシャルサイト:英語とベトナム語)

https://www.dulichtravinh.com.vn/index.php/tin-tuc/tin-tuc-tong-hop/841-hoi-cho-du-lich-quoc-te-can-tho-2019-se-dien-ra-vao-thang-11

11月29日(金)~12月2日(月)
カントー市第5回越日経済・文化交流フェスティバル
実はベトナム・カントー市と日本の関わりはとても深く、2019年、今回第5回目となるフェスティバルがソン川沿いの公園にて開催される。イベント盛りだくさんなので、これを機に日本から、もしくはベトナム国内からカントーを訪れる人々が増えることを期待する。

https://vj-festival.com/

https://vj-festival.com/wp-content/uploads/2019/08/BROCHURE-VIET-NHAT-LAN-5-NAM-2019.pdf

画像1

こういった来場者数やブース数の推移はわかりやすい!

ベトナム商工会議所のサイト:https://www.vccimekong.com/vi/tin-tuc/giao-luu-van-hoa-thuong-mai-viet-nam-nhat-ban-lan-5

で、このイベントの波の後、12月1日カントー観光局初開催のCan Tho Heritage Marathon 2019

同僚が、確かもう2つくらい地域のイベントが開催されると言っていたはずだが、もう、流れに身を任せよう。(2019年11月現在、イベント準備しながら、他のイベント開催を知る、ような流れ。そして、イベント前の集客用のイベント告知ができないまま、次のイベント準備に入る感じの為、来年は工夫が必要)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
mami@CanTho

「なんでもまずはやってみる」こと。自分のコトバで伝えたい。感性=知識×経験!頂いたサポートは、調査と探検に使わせていただきます。

オススメの本は『嫌われる勇気』
5
「世界中どこにいても、自分が好きな自分を生きる」世界約45カ国へ訪問。欧・米IT企業で営業&WS企画運営、マーケティング。ベトナム・メコンデルタの観光局にて観光開発政策や広報に携わる。国家、花、誇り、寛容について考える日々。