見出し画像

S県創生局スグヤル係日報

 BRATATAT!!!

 銃弾が飛び交う中での、係長との面談は憂鬱だ。今月は成果、というものは上がっていないし。だが、S県職員は月一回は面談をしなければならない。係長も月末まで忘れていた。

「まー!正直に話してみなよヤマシタ君?どうですか今年を振り返って?」

「ハイ」

 ニタニタと意地が悪そうな顔している。俺は応戦で精一杯だ!

「睡眠が足りねェんじゃねえの?最近寝てる?」

「ハイ」

 全く的外れなのも、わざとだ。邪悪エルフやら知性ゾンビが押し寄せる!

「一時間寝る時間がずれれば、体調もわるくなる。つまり、県民サービスがだねぇ落ちるってことだよ」

「ハイ」

 と言いながら、二人で応戦する。係長は背中の個人端末を取り出して叫ぶ。

「課長のハンコまだですか?あー!今日、代休!じゃあ後閲で回しておいて!」

 係長がそういった瞬間、眼の前はナパームの爆炎に包まれた!安物官給品の割に威力は十分だ。今日も定時上がりできればいいが。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しっぽを振っている🐶
忠犬。