吉田 喜貴

個別企業への長期投資が信条の個人投資家。長期の視点を保つため、歴史・文化の探求がライフワーク。メインのBlogは「投資を楽しむ♪」https://pixy10.org/ noteでは投資信託に話題を絞って連載。
    • 月次レポート研究所
      月次レポート研究所
      • 15本

      アクティブファンドの「月次レポート」を研究します。研究や発信を通じて、投資家、投信会社の信頼関係を強化するような「月次レポート」を増やし、アクティブファンドを通じて明るく楽しい未来づくりを目指します。

固定された記事

資産形成に資する投資信託の選び方

rennyさんと「月次レポート研究所」を立ち上げ、これからnoteを使って投資信託の情報開示について書いていくので、まずは自己紹介的な話を少々。 2018年頃から個人の資産…

サステナブル投資に興味を持ったら気を付けること

サステナブル投資(ESG投資やインパクト投資)の分野は、20代、30代の若い方の関心が高いので、気を付けて欲しいことが2つある。 ひとつめはiDeCoや積立NISAへの投資を優…

+1

ESG投信の先駆け2ファンドの明暗を分けたもの

環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance) の要因を勘案して投資判断を行う「ESG投資」は、2006年に責任投資原則(PRI:Principles for Responsible …

+1

アメリカの投信文化の根付きは確定拠出年金の普及がきっかけ

杉田浩治「日米投信の長期比較から得られる示唆」(2021年6月発行のレポート)が興味深い。 アメリカもかつては家計資産に占める投信の比率は低く、1970年代末は1.2%。そ…

設定来の歴史を振り返ることのできる投信を選びたい

前回、リーマン・ショック前後に投資信託はどのような情報発信をしていたのか振り返りたいと書いたのだが… まったく見つからない。それどころか新しい月次レポートが開示…

過去の月次レポートは投信の財産

私が株式投資をはじめた2000年頃、受益者向けに丁寧な情報発信をしていたのは「さわかみファンド」しかなかったと思う。私は2007年1月まで投資していた。個別株投資を学ぶ…