影響力は、人のために使うと大きく、自分のために使うと小さくなっていく

東日本大震災のとき、僕は外資系の航空会社に勤めていた。誰もがみんな、明日何が起こるかわからない状況で、外資系企業の日本人社員というのは、東京で普通に働く会社員の中ではひときわ不安定な存在だった。いつ本社が日本に見切りをつけてビジネスをたたんでしまうか解らなかったし、実際にどこかの外資系企業が要職を占める駐在スタッフを全員本国に引き上げた、などという話がちらほら耳に入ってきていた。

そんな震災直後のある日、当時僕は混雑を避けてかなり早く出社していたのだが、オフィスに着くと、まだ鍵がしまった扉の前で見慣れぬ外国人が携帯を見ながら立ち尽くしていた。近づいてみると、なんと本国の社長だった。グローバル企業の社長というのは、日本の支社で働く一社員からはとても遠い存在だ。年に1度会うか会わないかくらい。会っても話す機会はあまりない。まだ入社して間もない私はその時初めて彼に会った。慌てて鍵を開けると、彼は笑顔でありがとう、と言い、続けてこういった。君たちはいま大変でしょう、何か僕にできることはない?彼はそのとき、飛行機の乗組員から日本へのフライトの安全性を疑問視する声があがっていたため、安全だ危険だと判断する前に自分で様子を見にきたのだと言った。

何か私にできることは?このセリフは、その後大きな外資系企業を渡り歩く中で、何度も何度も聞くことになる。全部とんでもなく偉い人たちからだ。そして僕は悟った。影響力というのは、人のために使えば使うほど大きくなり、自分のために使えば使うほど小さくなっていく。そして、グローバル企業の偉い人たちはそれをよく知っているのだ。よく知っているからこそ、偉くなれたのだ。

だから、本社の偉い人と会う時は、僕はいつも「願い事リスト」を持って行った。プレゼンテーションの一番最後にそれをつけておき、万一他の案件が押して時間がなくなってしまったときでも、その「願い事リスト」だけは必ず説明させてもらった。すると、偉い人はそれを実際に叶えてくれる。少なくとも、叶えるためのアクションをしてくれる。そして、その願い事は、次に会った時必ず覚えていたりする。あの件担当に言っておいたけど、その後どうなった?などと聞いてくる。

もちろん「願い事」は、自分のキャリアに関することではなく、ビジネスに関することだ。一人の社員が切実に訴えるビジネス上の願い、というのは、それが誰であれ、願いが何であれ、叶えてあげる価値がきっとある。だから成就すればビジネス全体にとって大きなインパクトがあるだろうし、願いが聞き入れられれば働くモチベーションも上がるだろうし、願いを叶えた人への忠誠心は抜群に高まる。「願いは叶える」を原則にしておけば、意思決定に要する時間も節約できる。そしてそれは、願いを叶える本人にとっては、その影響力を持ってすれば、それほど大変なことではなかったりする。そんなわけで、影響力は雪だるま式にビジネスの成果と、部下のモチベーションと、忠誠心を積み上げていく。それを人のために使い続けている限り。

歴史上の独裁者たちは、ピークと言える権力を手にするまでは、実はみんな影響力を他人のために使っている。この時点で問題が起こるのは、その「他人」が特定の社会集団である場合だ。そして、栄華を極め、それを自分のために使い始めると、そこから凋落が始まる。影響力は、人のために使うと大きく、自分のために使うと小さくなっていく。これは古今東西例外がほとんどない影響力の法則だ。現代のインフルエンサーも、影響力が大きくなればなるほど頻繁に人のツイートをRTしたり、人のブログ記事を紹介したりする。

最近はSNSで、フォロワーを増やすのがゲームのようになっているようなところもある。僕は実は、それをあまり悪いとは思わない。フォロワーを増やして何をするか、目的が無くてはダメだ、という嫌いもあるけど、例え明確な目的があっても、それが自分のためだったら、影響力の輪は広がらない。フォロワーを増やしたかったら、影響力を他人のために使う他ないのだから、そういう人が増えるのはかえっていいことじゃないかと思います。

おわり

書籍もよろしくお願いします

たとえる力で人生は変わる


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

390
マーケター。アウディ、ユニリーバ、ニュージーランド航空でマーケティングを担当。東洋経済で「マーケティング神話の崩壊」連載中。著書に「デジタルマーケティングの実務ガイド」「たとえる力で人生は変わる」 : https://www.amazon.co.jp/dp/4883354563/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。