マガジンのカバー画像

そうだ、イタリア行こう。~波乱万丈バックパッカーの旅~

48
2019年夏。金なし、ケータイなし、ガイドなし、目的なしの21歳がとりあえずイタリアに行って約1か月間生き延びるお話です。 当時書いていた日記のテンションのまま後日譚として記入し… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

vol.1 そうだ、イタリア行こう

2010 7/3~7/30  イタリアに一人旅に行ってきた。その中で様々な体験があり、そのすべてを…

7

Vol.2 ~イタリア1周15万の旅~【関西国際空港】出発

さあ、いよいよだ。。 7月5日の関空23:00発の便。 一緒に旅をする荷物たち。無事に帰って…

1

Vol.3 ~イタリア1周15万の旅~ 【ドーハ空港】初めての海外は熱くて寒かっ…

7/6(火) 「ポーーン」いつの間にか眠りについていた 無機質なアナウンスで目が覚める・・・…

1

Vol.4 ~イタリア1周15万の旅~ 帰りたい。 【ミラノ空港】

着きましたよーー!!!イタリアですよーー!! 長いフライトで腰が悲鳴をあげてきた頃 つ…

1

Vol.5 ~イタリア1周15万の旅~ コモはどこ!?切符が買えない 【キアッゾ…

現在バスに揺られ小一時間・・ このバスは直接コモに行かないらしい。 コモの手前のキアッゾ…

3

Vol.6 ~イタリア1周15万の旅~ チケットをガチャコンッてするチェリーボーイ【コモ→…

みなさんボンジョルノ。 今日は思ったより早く目が覚めたは 部屋を出て食堂へ。。一番乗りだ…

Vol.7 ~イタリア1周15万の旅~ 初めてのひったくり 【ミラノ】

やられた。 ミラノは写真が少ない。。 理由はのちのち・・・・ う~~ん。 なんかいまいち。 これがミラノの街の感想だ・・・。 勘違いするなかれ。 大きなビル。路線電車。まるで東京のような風景が多く、 勝手に抱いていたコモみたいなイタリアのイメージと違っていただけ。。 「ビジネスマンの街」「オシャレの街」といった印象で リュック背負ったガキがボロ着て歩くのは場違いに感じただけです。。 何よりお金がないからお買い物はできないからね!! まあつべこべ言わず観光

Vol.8 ~イタリア1周15万の旅~ ヴェローナ到着!初めてのバックパッカー仲間。【ヴェ…

ロミオとジュリエットの舞台ミラノから約1000円 列車の中ではずっとお金の計算してた。 …

Vol.9 ~イタリア1周15万の旅~ 一人旅の師匠現る!!【ヴェローナ】

なんか城みたいでカッコいいやないかい 貴族の家を改造したらしい。 これがまたすっごい坂の…

1

Vol.10 ~イタリア1周15万の旅~ ヴェローナ控えめに言って最高。【ヴェ…

みなさんボンジョルノ! 今日は一日観光。 その前に、昨日知り合った日本人の佐藤さんがヴェ…

1

Vol.11 ~イタリア1周15万の旅~ ホテルに帰れない!初めての迷子【ヴェロ…

まだ太陽はガンガン照り YHの庭には洗濯物。。。CMみたい 題名「驚きの白さ。」 自分のベッ…

1

Vol.12 ~イタリア1周15万の旅~ “しょっぺぇ“って何??【ヴェローナ…

みなさんボンジョルノ! すがすがすがしい朝ですよ。 筋肉痛やっべーー・・・ 昨日迷子にな…

2

Vol.13 ~イタリア1周15万の旅~ 初めてのレストラン!笑顔っていいね【ヴ…

いや~、 今朝は列車のストライキで足止めくらってしまった。 佐藤さんと2人でヴェネツィア…

4

Vol.14 ~イタリア1周15万の旅~ ロミオとジュリエットってどんなお話?【ヴェローナ】

はい。着きましたー。「ジュリエットの家」 ここで皆さんに質問!ロミオとジュリエットって結局どんな話か知ってますか? 「ああロミオ、あなたはなぜロミオなの?」 ってセリフしか知らないのに知ってるフリをしてないですか? 僕もです。 だから今回は内容を簡単にまとめてみました。 むかーしむかし。ヴェローナの町は「教皇派」と「皇帝派」に分かれていました。 この二つはとても仲が悪かったそうです。 しかしある日、教皇派のリーダー「モンタギュー家」の息子 「ロミオ」が一人の