見出し画像

重い・だるい・胃腸が不快、は「湿気」のせい!?

春の終わりの寒暖差から抜け出し、少しずつ暖かくなってくると、増えだす雨の日。梅雨の始まりまりです。中医学では、この大気に増えた水っ気を「湿(しつ)」と呼びます。そしてこの湿が増え過ぎると、体に悪さをする「湿邪(しつじゃ)」となるので注意を促しています。特に体の中にも余分な水分が溜まりがちな方だと、湿邪の影響は強く現れます。

今日は普段あまり耳にしないこの「湿」という中医学の独特な考え方のお話です。

重い・だるい・胃腸が不快、は「湿」のせい!

さわやかな春が終わり、夏の日差しが感じられるような日が続くと、ぽつぽつと雨の日が増えてきます。するとそろそろ梅雨の季節です。毎日毎日降り続く雨、洗濯物も乾きにくく、カビも生えやすく、気温も日を追うごとに上昇するので、大気は蒸せて熱くなるうっとおしい季節です。

そんな毎日が少しずつ私たちの体に悪影響を及ぼしていきます。湿気と暑さの影響で食欲も低下し、寝苦しさは体力を低下させ疲労がたまります。日中はいつもだるくて眠く、お腹もなんだかぐずぐずして、吐き気をもよおしたりします。中医学ではこのように体に悪影響を及ぼす自然の変化を「邪気(じゃき)」と呼び警戒します。

梅雨から夏にかけて増える湿気の邪気は「湿邪(しつじゃ)」と呼んでいます。湿邪は特に胃腸系に悪影響を及ぼし、食欲の低下や軟便、下痢などを引き起こし、むくみなどが現れます。もし舌を見て表面にびっしりと白い苔がついていたり、黄色く粘つくような状態になっているような方は湿が溜まっているので要注意です。

不調をもたらす「湿邪(しつじゃ)」とは、、、

この続きをみるには

この続き: 2,772文字 / 画像2枚

重い・だるい・胃腸が不快、は「湿気」のせい!?

櫻井大典

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いたお金で、新しい本を買ったり、講習会に参加し、知識を広げて皆様に必ずや還元します!!

ありがとうございます☆
49
ゆるゆる漢方家。著書:amzn.to/2XKS4sy 誰でも始めて続けられるゆるい養生法や漢方対策をお伝えします。HP: https://yurukampo.jp/  ご相談はこちらのサイトからご予約ください https://reserva.be/tamari

この記事が入っているマガジン

グッとnote。(2019年から)
グッとnote。(2019年から)
  • 475本

グッときたnoteをあつめています。こころを元気にしたい時に読み返したりしてます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。