『アラヤシキの住人たち』× 長野県小谷村 観光スポット6選
見出し画像

『アラヤシキの住人たち』× 長野県小谷村 観光スポット6選

移動のバリアゼロ!の映画配信プロジェクト #うちドキュ第2弾 「うちにいながらドキュメンタリー映画で旅しよう」、7月5日までの期間限定で開催中。本日は3日目、はじめての週末です!
どうやら全国的にスッキリしない天気予報。でも大丈夫!
こんな時こそ、おうちで、映画で旅しよう。

配信中の映画『アラヤシキの住人たち』は北アルプスの山裾、長野県北安曇郡(きたあずみぐん)の小谷村(おたりむら)。車の通わない山道を1時間半歩いたところにある真木共働学舎(まき・きょうどうがくしゃ)を舞台にした映画です。
今日は長野県へ!自然あふれる旅に出ましょう!

お題作品「アラヤシキの住人たち」

2015年/本橋成一監督/117分

アラヤシキ

カンカンカン、あ・さ・だ!

山道の向こうにふとあらわれる小さな村。そこに住むちょっと風変わりな人たちの、春から春への暮らしを映したドキュメンタリー。

写真家である本橋成一監督が映し出す四季はとても美しく、誰もが懐かしい原風景。雪を踏む音、雪解け水の音、鳥のさえずり、夜の鈴虫、枯葉の音など、目でも耳でも旅を満喫できる映画です。

この自然豊かな映画の舞台である長野県小谷村ってどんなところ?まずは公式の紹介動画をチェック!

ものすごい圧で自然が迫ってきます!!!マイナスイオン浴びた…

さらに詳しい情報が知りたい!
ということで、おすすめスポットを勝手に厳選してみました。


1 栂池自然園(つがいけしぜんえん)

標高約1,900m、ロープウェーで行く雲上の高層湿原。新潟、富山、長野、岐阜の四県にまたがる中部山岳国立公園の中にあり、日本でも有数の高層湿原を有する自然園です。園内には約5.5kmの木道が整備されており、様々な動植物を観察することが出来ます。

栂池自然園の画像


2 鎌池(かまいけ)

草を刈る鎌の形に似ていることから名付けられたという鎌池。
隣には小さな鉈池(なたいけ)があり、地元には、ここを舞台に伝承が残っています。水面に映り込む光景は、息をのむ美しさ。カメラマンにも大人気のスポットです。

鎌池 水面に鏡のように映る紅葉


3 シャワークライミング

シャワークライミングって知っていましたか?専用のウェアを身に付けてガイドと共に渓流を歩き、滝壺で泳いだり、天然の滑り台で滑ったり、シャワーを浴びるように滝を登ったりする、大人でも楽しめる「水遊び」だそうです。気持ちよさそう!


4 Mukava Otari Private Camp(ムカヴァ オタリ プライベート キャンプ)

キャンプのスペシャリストによるフルアテンドで、初めての方でも安心の貸切キャンプ場です。焚火や温泉だけじゃなく、貸し切りならではのプライベートシアターが楽しめちゃうとか!?要チェックです。


5 白馬乗鞍ホタルの郷(はくばのりくらほたるのさと)

白馬乗鞍高原を流れる「ホタルの小川」は、6月中旬から8月末までの長期間にわたりホタル観賞が出来る、全国でも類まれなホタルの生息地です。今、まさにホタルが見れるなんて…映像だけでも浸りたい。


6 真木集落

最後に、真木共働学舎のある真木集落は今も実在していて、夏には、子どもたちや学生の合宿・実習、国際ワークキャンプなどが行われています!

パラブラスタッフのおすすめは、北海道にある新得農場のチーズ!
「チーズの物語」も一見の価値あり。オンライン販売もあります。


小谷村を旅してみたいな~と思った方は、ぜひ映画『アラヤシキの住人たち』を #うちドキュ でご覧ください!

「映画で旅してみた」「昔の旅を思い出した」そんな方はハッシュタグ #映画で旅しよう を付けて、感想をつぶやいてみてください。

映画の旅は1作品1000円!チケットをクリックして映画で旅しよう!

うちドキュ2チケット








この記事が参加している募集

雨の日をたのしく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
伝える。 つなぐ。 世界がひらく。 https://palabra-i.co.jp/