見出し画像

お子さんの引きこもりで悩んでいるご家族の方に伝えたいこと

引きこもり経験を振り返って思うこと

私は3年程前、引きこもっていました。

現在の夫とまだ交際中の時にストレスから仕事に行けなくなり、不安定な私を夫が心配し同棲を始めました。引きこもり、うつ、パニック、家庭内暴力、自殺企図…夫は本当に大変だったと思います。

引きこもっていた時一緒に暮らしていたのは恋人ということで、親子の関係とはちょっと違いますが、当時を振り返って思うこと、今、お子さんの引きこもりに悩んでいるご家族の方に伝えたい。

お子さんのことで頭がいっぱいで、不安で不安で仕方がない…そんな毎日を送っていらっしゃると思います。「何が悪かったんだろう…」とご自分を責めているでしょうか?

心から何かを楽しめる気分になんてなれないかもしれません。

でも、ご家族に元気がないと、「私がみんなに迷惑かけてるんだ」ってお子さんはますます苦しくなってしまうかもしれません。

少なくとも私はそうでした。やつれた夫の顔を見ると辛くて悲しくて…。デートを楽しめていた頃のように笑顔を見せてくれることもなくなり、いつも疲れた顔をしている…。「俺どうすればいいの?」って言葉が責められているように聞こえ、私の隣にいようと近寄る夫に暴言暴力の日々…。夫は休日一緒にいても家の中の空気はいつもどんよりと重く、会社の飲みなど付き合いも減りました。

家族全体が孤立してしまわないように

家族全体が孤立してしまわないように、まずご家族が社会とつながっていること、不安な気持ちを話せる場があることはとても大切です。

引きこもりの家族会や支援機関の窓口、地域の居場所など、あなたが安心して話せる場を家の外に見つけてください。

それから、趣味などの気分転換も意識して取り入れてください☆「私だけ楽しんでいいんだろうか…」って後ろめたい気持ちになってしまうでしょうか?

でも、お子さんに元気を取り戻してもらいたいなら、ご家族が元気でいることは大切です☆

「あなたのことを大切に想っているよ」というメッセージをお子さんにしっかり伝えつつ、ご自身のことも大切にして楽しんでください(^-^)

横浜市港南区の店 手作りおやつ工房とさか

引きこもり経験のある店主が、社会とつながれるようにと始めた手作りおやつの店♪引きこもりの問題を家族だけでなく、地域社会で考え解決していきたい。

「ちょっと話したいなぁ」

「ここに来るとほっとする」

そんな地域の居場所になっています(^-^)

手作りおやつ工房とさか

所在地:横浜市港南区日野8-31-15
電話:08052439954
E-Mail:tezukuri_oyatsukobo_tosaka@softbank.ne.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
引きこもり経験の店主。私らしく生きて人の役に立てるように、引きこもったまま社会とつながれるようにと始めた手作りおやつ工房とさか。私の経験が何か役に立てればと思い書いていきます。https://m.facebook.com/TezukuriOyatsukoboTosaka/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。