otaka_const

富山県黒部市宇奈月温泉に本社があります。主に黒部川水系の電源開発や治水、砂防事業の施工…

otaka_const

富山県黒部市宇奈月温泉に本社があります。主に黒部川水系の電源開発や治水、砂防事業の施工に携わっております。極めて厳しいといわれる黒部の自然環境のなかで長年培ってきた技術を有していることから「黒部川の防人」とい言われております。

最近の記事

この冬はなぜ例年よりも雪が少ないのか?驚きの理由を解説!

【まえおき】今年の冬は、皆さんもご存知の通り、例年に比べて雪が少ないですよね。普段なら雪かきや除雪で大忙しのこの時期ですが、今年は暖冬の影響でほとんど雪が降らず、積もりもせずに過ぎ去ってしまいました。では、なぜこんなにも雪が少ないのでしょうか?その驚きの理由を解説します! 【本題】 暖冬の影響で雪が少ない 今年の冬は、暖冬という現象が起こっていることが主な理由です。暖冬とは、通常よりも気温が高くなり、雪が降らないか降っても積もらない状態を指します。この暖冬の影響で、雪の量が

    • “未来を築く!建設業界でのキャリアとその魅力”

      建設業界は、社会基盤を支える重要な役割を果たしています。しかし、この業界は人手不足に悩まされており、新たな人材の採用が急務となっています。特に、若い世代からの参入が期待されています。そこで今回は、学生の皆さんに向けて建設業界の魅力と、私たちが提供するキャリアパスについてご紹介します。 まず、建設業界の魅力についてですが、一つ目は「社会貢献」です。建設業界で働くことは、直接的に社会の発展に貢献することを意味します。道路や橋、ビルなど、私たちが日々生活する上で欠かせないインフラ

      • 【情報系インターンシップ生が聞く!】大高建設が目指すデジタル...その先へ✨

        インターンシップ参加の情報系学生と当社管理職が【情報】を切り口にインタビューを実施。 今回は、当社管理本部長の大橋に質問しました。 ICTの活用について普段はどのようなお仕事をされているのですか? 自分は管理本部長として、組織の中で総務部、安全部、そして海外事業を担当するフロンティア事業部を指揮しています。特に安全部では、定期的に安全パトロールを行い、現場の安全状況や施設の状態をチェックし、安全管理に努めています。また、過去に金融機関と他社ゼネコンでの経験を持ち、その視

        • 女性技術者がドローンを用いて黒部奥山の急峻な砂防堰堤を施工!安全管理を徹底しながら工事を行う姿勢に注目!

          皆さん、こんにちは。 本日の記事は、大学生の皆さんに向けて、ドローンなどのI-Constructionを用いて施工する女性技術者についてお話しします。 現代の建設現場では、急峻な地形や厳しい環境下での施工が求められることがあります。その中でも、砂防堰堤の建設は特に困難な作業となります。しかし、最近ではドローンなどのI-Construction技術を駆使して、より効率的かつ安全な施工が可能となってきました。 特に、黒部奥山などの急峻な山岳地帯での砂防堰堤の建設は、従来の

        この冬はなぜ例年よりも雪が少ないのか?驚きの理由を解説!

        • “未来を築く!建設業界でのキャリアとその魅力”

        • 【情報系インターンシップ生が聞く!】大高建設が目指すデジタル...その先へ✨

        • 女性技術者がドローンを用いて黒部奥山の急峻な砂防堰堤を施工!安全管理を徹底しながら工事を行う姿勢に注目!

          🍑たんたんが解説🍑砂防堰堤建設の魅力とは?

          こんにちは〜🍑たんたんです🍑 今日は庭でガーデニングをしていました🌸🌿 気持ちのいい風が吹き、花々が咲き誇っていました🌺 土をいじり、植物たちに水をやることで、自然の営みを感じることができました😊 ガーデニングは私にとっての癒しの時間です。 植物の成長を見ることで、自分の努力が実を結ぶことを実感します🌱✨ また、色とりどりの花々を見ることで、心が豊かになります🌈 この日常の出来事からも、砂防堰堤建設でのお仕事にも共通する大切なことがあります。 それは、地球の自然を守り、

          🍑たんたんが解説🍑砂防堰堤建設の魅力とは?

          魅力的な建設のミライを描く?!メタバースVRC見学~お仕事探検隊

          DX担当の山本です。本日、黒部商工会議所主催の親子参加型イベント【くろべフェア2023企画】お仕事探検隊の一環として、当社へ訪問いただきました。 参加者は小学生8名、大人4名 計12名 連日の酷暑の中、”建設会社”なのに現場に行かず”室内にて現場”を体験する、ちょっと変わったプログラム…そう!メタバースの世界へご案内! 限られた時間は1時間半。あれも見せたいとの欲は抑え、砂防堰堤や建設への理解が深めることが可能なワールド(部屋)へご案内! さぁーっ、、、うまく操作できる

          魅力的な建設のミライを描く?!メタバースVRC見学~お仕事探検隊

          【若手が語る】小黒部砂防建設に迫る!

          山本:小竹さん、おつかれさまです。小黒部で建設中の砂防堰堤について教えていただけますか?砂防堰堤の役割や進行状況について教えていただけると嬉しいです。 小竹さん:おつかれさまです、山本さん。砂防堰堤についてお話しいたします。砂防堰堤は、土砂災害を防ぐために作られる施設です。豪雨などの自然災害によって発生する土砂を堰き止め、住民の安全を守る役割を果たします。砂防堰堤は、地域の防災力を高めるために重要な施設です。 現在、小黒部では砂防堰堤の建設が行われています。クローラクレー

          【若手が語る】小黒部砂防建設に迫る!

          大高建設㈱人事採用担当者インタビュー記事

          大高建設に大学卒業後新卒で入社し、現在11年目となります。現在の役職は総務部係長で、人事採用関係も3年前から携わっております。当社へ入社した理由ですが、元々黒部は温泉観光地で私自身の地元であることもあり、年々観光客が減少していることに対し危機感を持っていました。そんな中、就職活動として各社を調べた所、大高建設は黒部の環境維持や発展に取り組んでいる会社であったことを知り、この会社で働こうと決意したのです。 そんな私が人事採用関係に携わることとなったため、当社の魅力や強みを知っ

          大高建設㈱人事採用担当者インタビュー記事

          【大高建設の未来図】メタバースが描く未来の土木とは?

          【大高建設のメタバースでどのようなことが体験できるの?】 【DX担当、広報・採用を行う山本さんに聞く】 たんたん🍑:こんにちは、山本さん。今日は大高建設のメタバースについてお聞きしたいと思います。まずは、メタバースとは一体どのようなものなのでしょうか? 山本👓:こんにちは、たんたんちゃん。メタバースは仮想空間のことで、現実世界とは異なる自己表現やコミュニケーションが可能な空間です。大高建設のメタバースでは、土木部で構築したデジタルデータなどで現場を再現し、仮想的に体験する

          【大高建設の未来図】メタバースが描く未来の土木とは?

          大高建設㈱土木部部長インタビュー記事

          土木部部長インタビュー   大高建設へ新卒で入社し気付けば25年が経過しています。現在は土木部部長として全体を管理しています。 施工管理社員は25名おり、黒部奥山の施工管理をメインに活動しています。大手建設会社での施工管理業務は、現場にて部分的に役割が決まっていることが多いですが、当社では一人ひとりが現場全工程の施工管理を行うことが多くあります。勿論大変なこともありますが、責任を持って自身のやり方でスタートからゴールまで関われることが特徴であり、完成した時の達成感ややりがい

          大高建設㈱土木部部長インタビュー記事

          大高建設㈱代表取締役社長インタビュー

          記事を閲覧いただき有難うございます。 当社の沿革から事業内容・社員への想い等詳細が分かりますので 長文ですが是非最後まで読んでいただければ幸いです。 Q.事業内容や沿革について教えていただければと思います。 A.弊社は富山県黒部市宇奈月温泉に本社がある総合建設業を営む企業です。昭和21年の創業以来、主に黒部川水系の電源開発や治水、砂防事業の施工に携わっております。 極めて厳しいといわれる黒部の自然環境のなかで長年培ってきた技術を有していることから「黒部川の防人」といわれてお

          大高建設㈱代表取締役社長インタビュー

          黒部奥山にコロナを持ち込ませない ~大高建設のコロナ対策~

          大高建設では "社内より誰一人新型コロナウイルス感染者を出さない” を合言葉に、新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいる。 富山県独自の警戒レベルがstage2に引き下げられ、感染者数が落ち着きが見られるが、10月1日現在で取り組んできた内容について説明する。 ① 会社独自の新型コロナウイルス感染対策マニュアル策定 当社社員の看護師と産業医が中心となり、社内における感染症発症時の対策マニュアルを策定し、初動体制がしっかりと確立することが出来るかを焦点に様々なケースを想定

          黒部奥山にコロナを持ち込ませない ~大高建設のコロナ対策~