見出し画像

備忘録④

本番当日、伊藤先生や学生の子が来て準備をして
ログインするとそこにはすごい数の人やカメラがあった、取材が来るとは聞いていたがあまりの数の多さにびっくりした、そして営業がスタートしてまず最初にOriHime-Dを視線入力で操作してお客様のテーブルに行き、注文を聞きキッチンまで戻り、配膳してそしてテーブルにいるお客様(クラウドファンディングの支援者の方や予約で来られた方)としばらくお話ししたりするのだが、最初OriHime-Dを視線入力でなかなかうまく操作できず別の方向に進んだりテーブルに着いたと思ったら注文を聞いてまたすぐ操作してキッチンに戻ったりと、息つく暇もなく大忙しで時間もあっという間に過ぎた、そして約2週間の営業を無事終え、第1回目の「分身ロボットカフェ」はとりあえずは大成功で終わった(失敗を繰り返してアップデートしていくカフェでもあるが)
怪我をしてからの初めての仕事はカフェの途中で「バンキシャ」の取材を島根で対応したり、仕事が終わってOriHimeの通信を切ったらそこは自分の部屋だったりでも仕事中は本当にそこに自分がいる感覚に実際になったり(まさに分身ロボット)など、今までにない
貴重な体験が色々とできた、そしてなによりも来てくれたお客様とSNSで繋がったり約10人ほどのパイロットやオリィ君、オリィ研究所のスタッフ、伊藤先生などの仲間ができ怪我をしてからの僕に足りなかった「居場所」「仲間」「仕事」など色々なものを僕にもたらし僕の孤独を解消し、さまざまな可能性と希望をくれたカフェになった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いいたします!今後の活動に活かしていきます!!

よろしければシェアよろしくお願いします♪
4
島根県在住の山﨑(ヤマサキ)です。現在33歳。2014年に事故で脊椎損傷で寝たきりに。2019年11月より共和メディカル(株)でOriHimeを介して勤務中。【仕事】Patisserie natura、hi-cheeseでスイーツ販売/大学・専門学校で臨時講師/広報活動
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。