見出し画像

「毎日世界が生きづらい」を読んで(普通に生きるつらさに共感できます。)

ore

この人の本は、本当に生きることの難しさと楽しさを教えてくれる。
悩みながらも必死に生きている人々の成長物語に吸い込まれる。
この本で4冊目だが、ずべて、読み始めると最後まで一気に読んでしまった。

とある夫婦が、相手を思いやるからこそすれ違い、友達や家族からの何気無い一言に悩み、でも悲観的にはならず、お互いの欠点や病気を助けあいながら、生きていく物語である。今回はそんな本です。

特に、妻である女性の悩みに共感した。パートに出て、自分の欠点を知り、母親が過去に放った呪いともいえる一言について、自分なりに理解し、許容する。好きなことをしてうまくいっても、それでいいのだろうかと悩む。好きなことしていないで働く夫に気を使う。うまくいってもいかなくても悩む。たぶんそれが人間であり、大小みんなに起きていることと考える。
 うまくいっていない時には、それ自体をねたみ、うまくいている時もこれで良いかと不安になる。そんな生きることの難しさ。割り切りや妥協の難しさ。相手を思ってしたことが、決して相手にとって良いとは限らない。そんな生きることのつらさ・難しさが描かれている。それ相応に年齢を重ねた人であれば、共感できることは間違いなし。
「したいことがあるじゃないの」という質問に対して「それは卒業したから気にしなくていいよ」と返す会話に心が打たれました。

文章も読みやすく、楽しい感じの話では無いけれど、前向きに生きる力を与えてくれる。そんな作品です。

生きることが難しいと持っている方にお薦めです。共感できます。

出版社:講談社 作者:宮西真冬 タイトル:毎日世界が生きづらい」  7/31 読了

ore
「マニアはすごい」「マニアは楽しい」の理由と自分が読んだ小説の感想と学びをただひたすら書いていきます。