見出し画像

【twitter炎上編】日本人全員に読んでほしい!癌になったら貯金も医療制度も役に立たない!母親の末期がんで不幸が重なりまくった自分と母の末路Part3【2020年1月27日追記】

このシリーズですが、今回で最終回です。※【11/2追記】続編もあります。本文の最期にリンク貼りました

2020年1月27日に一部文章追加しました。

全2作はこちらです。

さて、クラウドファンディングのpolcaで義援金を集めて丸山ワクチンをゲット。生活費も取り戻し、転院先もtwitterのフォロワーさん情報から見つけることができ、いよいよ反撃開始!・・・・

と思ったんですが、ここで、思わぬ迷惑な敵が出現します。

キ◯ガイ親戚がうちの親父から金を騙し取りました


これについては以前にnoteに書いたので、そちらをご覧いただけたらと。

さすがに家の親父も騙されたと理解したようで、再度、絶縁したらしいですが、「誰かが死にかけると親戚縁者がお金に群がる」というのは、お昼のドロドロしたドラマの中だけの話では無いようです・・・

さて、話は戻りますが、母は転院して丸山ワクチンを打ちながら、癌温熱療法を受けて、癌は小さいまま小康状態に。
これはワクチンと温熱療法が効いてるんだと安堵したんですが

母に認知症の診断が下されました

大病院でセカンドオピニオンを受けていたときは、ボーッとはしていましたが、せん妄による意識障害からだいぶ回復して、自分がどこにいて、なんでここにいるかといったことも、それとなく理解していたんですが、今回の転院後は全くそれも分からなくなり、せん妄からの認知症という診断が下されました。
認知症だけではなく、もともと鬱を長年患っていて、幻覚が見えることがあったのですが、それも酷くなり、リハビリや治療もワガママを言って拒否するようになりました。
その結果・・・

癌温熱療法が受けられなくなりました

「熱い!」と機械の中で暴れそうになったりすることがあり、危険という判断から温熱療法は断念。

そして

完全に寝たきりになり


喉の筋肉も衰えて、何も食べることができなくなりました


これが何を意味するかと言いますと・・・


もう治療法が無い


丸山ワクチンは残されていますが、これは患者側の希望としてやっているだけで、病院の治療ではないため、実質、病院側からできる治療はもう何もないという状況になりました。
本当は、せめてリハビリだけでも進んで体力が回復してくれれば、抗がん剤や先進医療を受ける予定でしたが、全てが不可能になりました。

そして、治療方法が無くなると、検査をすることも無くなり、

急にお金がかからなくなります

希望が無くなれば、お金も不要になるんです。

こうなると、病院側は治療法がないので、これ以上、いてもらっては困るわけです。そして、もう治療法がないのですから行き先は緩和ケアしかありません。
しかし、丸山ワクチンだけは残っているので、最後の希望としてなんとか丸山ワクチンを継続させてくれる緩和ケア病棟を探してもらうんですが

転院先が見つからない

転院先候補が見つかっても、ろくな病院じゃなかったりします。

正直、この段階で、私自身、疲れ果てました。
あまりにも色々なことがありすぎて、お金の浮き沈みも激しく、最終的に希望は絶たれ、転院候補の病院のサイコパス院長には暴言を吐かれてブチ切れ、こうなるとどうでもよくなってくるんですよね。

そして、お金もかからなくなりましたし、母の様子見ながらキャンプ行ったり家族旅行も行けるわけです。

もう、あとは希望もないし、こんな状況だけど不謹慎に生きてやる!

そうtwitterに書いて、貯金でテント買ってやる!とまで書くわけです。

するとどうなるかと言うと

twitterが炎上しました

私のTwitterアカウント
https://twitter.com/takamodoki

クラウドファンディングで支援いただいた一部の方が
「俺達の金を何に使う気だ!?」「貯金なんていつからあったんだ!!??」「みんな数百円で買えるものを我慢して寄付してるのに!」

こうなると、支援を「した」「しない」にかかわらず、趣味のキャンプ垢を中心に火種は延焼していきます。
挙げ句には「詐欺だろう!?」「終わったな」まで書かれ、意味不明だったのが「麻生セメントの前行ってカンパしてもらえ!」
当時、麻生セメントがマスコミに騒がれてた時期だったので、それに託けて上手いこと言ったつもりだったんでしょうが。

クラウドファンディングのpolca内では、一口500円で集まったお金は丸山ワクチンに使うことを書いて、丸山ワクチンを東京まで取りに行く模様はpolca内とtwitterで逐一、報告して、その後、リターンとして、自分が調べた癌の予防法や生き残る方法を公開し、このシリーズでも書いてある通り、その後はpolcaでの支援をきっかけに資金繰りは回復したんですが、逆に希望は絶たれお金がかからなくなってしまいました。
しかし、twitterでの旅行や飲みに行ったり、テント買おうと言ったことが、そんなことにに金使いやがって!不謹慎だ!という感想を抱いた人が火種となり、炎上しました。

※当時、支援者へのリターンとして用意した記事です。現在は公平を期すために有料記事にしています。


ただ、支援いただいた多くの方からは
「資金繰り上手くいったんだから良いんじゃないですか」
「別に詳しい報告なんていらないです」
「家族みんなで笑顔取り戻せたなら良いと思います」
「じゃあ、いつまで不幸でいたら良かったんですかね?」
「詐欺とかするような人じゃないだろう」
「twitter自重する必要ないですよ!」
と、DMで直接、中には自分のツイートで応援してくれる人もいてくれました。
しかし、もう疲れ果ててますし、自分の精神の健康のためにも自由にやりたいですし、一番は家族の元気を取り戻すことです。
自由にやればやるほど、今後も見る人が見れば不謹慎な行動は続きますし、もしかしたら、今はこうやって応援いただいている人にも、いつか不謹慎だ!と不快感を与える危険性もあるわけです。

twitterから一時、離れることにしました

面倒なことで更に疲れたくないですし、母、家族、友人、リアルの世界が一番大切です。それらを維持するために、自分の精神と体の健康が一番大切です。応援いただいた多くの人たちにはちょっと申し訳ないとは思ったんですが、自重することにしました。

しかし、その後、北海道の震災が起き、SNSで北海道民がBBQしたり酒飲んだりしてるのを見て「不謹慎だ!」「自粛しろ!」という声が多数出たのを見て、「不幸な人は不幸のまま存在しなくてはならない」という不謹慎警備隊が一定数いるんだということがよく分かりました。

ですので、震災より先に不謹慎だと炎上した自分なりに、支援や義援金とはなんなのかを、自分のブログでまとめました。

これでまた炎上するかもしれませんが自分には良い経験になりました。
そして、最後まで応援してくれた方々のことは忘れませんし、これから先、同じ境遇で支援を求められたらできる限りのことはやりたいと思います。

さて、そんなtwitter炎上を経て、ようやく母の転院先が見つかり、緩和ケア病棟に入ることになりました。

緩和ケア病棟に入って、次の日に検査があったんですが、病院から「できるだけ早く結果を聞きに来てください!」と慌てた感じで要請があり、その日に病院で説明を聞くと

癌が全身に転移

実は転院前、ちょうど10日くらい前に検査したときは、肝臓と肺に癌はあったものの、小さい状態(多少大きくなっている)で小康状態を保っていたんですが、わずか10日で、全身転移。

もともと手術した膵臓も癌再発。肝臓と肺の癌は大きくなり増加。骨にも転移。肺に水が溜まりだしている状況。
熱も出ているので、この状態だと、週末まで保つかどうか・・・という切迫した説明を受けました。

あれから、1ヶ月と10日ほど経ちました・・・


母は、まだ生きています。

先週も危ない状態だったんですが、また乗り切り、骨と皮になっていても元気に喋りまくっています。丸山ワクチンは続けていますが、正直、ここまで来たら1日1日を楽しく過ごしてくれるだけで良いかなと思っています。

膵臓癌で手術してから7ヶ月が過ぎました。
数々の不幸な出来事やトラブルに見舞われ、7ヶ月どころかもう5年くらい経過したんじゃないかという気すらしてきます。
そして、最後のトラブルが

北海道胆振東部地震で母の病院で震度5強

病院も停電になり、なかなか復旧せず、数日間、電気が通じない状態でした。
まあ、本人は「いやあ!!びっくりしたわー!」と元気そうに喋ってますし、特に電気がないとできない治療をしているわけではないので、問題はないというか

もう、これくらいのトラブルに見舞われても、普通に思えてきました(笑)

癌になったときに見舞われる不幸やトラブルの全部を体験したんじゃないかって気がします。
これを読まれた皆さんに、ちょっとでも癌の治療で起こりうるトラブルや不幸の可能性を知っていただいて、事前の予防や対策などの参考にしていただければ嬉しく思います。

その他、母の癌を通じて分かったことや感じたことは随時、noteで文章にしていますので、もしよろしければそちらも御覧ください。

※3部作で終わるはずがPart4ができました。これが完結編です。


※下は母と同じ膵臓癌で亡くなった志水正義さんのfacebookの闘病記録が、膵臓癌という癌の恐ろしさと、お金への焦りが突き刺さるくらい同調できたので書いた記事です。


※下の文章はpolcaで支援していただいた皆様へのリターンとして書いた文章です。無料で公開すると不平等になるので、有料にしてあります。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
北海道札幌在住。マイナビ「おすすめナビ」ライター。趣味は酒とキャンプ。元ブラック企業の優秀な社畜から自由業として独立。5chで炎上したキャンプ王ブログを書いてる。twitterも炎上。大痔主手術3回。シーランド公国男爵。http://www.sapporo-hunter.com/

こちらでもピックアップされています

母が癌になったら不幸とトラブルが押し寄せてきた話
母が癌になったら不幸とトラブルが押し寄せてきた話
  • 4本

日本人全員に読んでほしい! 癌になったら貯金も医療制度も無意味!自分のように悪条件が重なるとこんな事が起きる。 だからこそ、二人に一人がなる癌には、こうやって立ち向かう必要がある!ということを経験談からまとめました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。