見出し画像

美と男性観

オンやるnote

日の登りも刻々と影に落ちる季節、想いを寄せるその先には
また同じように日を迎え、想いを落とすあなたがいるのでしょうか。

初めまして、あるいはお久しぶりです!
オンやる美容部、部長を務めますYOと申します!

季節もすっかり秋本番となり、山もほんのり色づく、
心が躍るような気候になってきましたね。
「秋は、夕暮。」
枕草子が執筆された当時も変わらないことが、今見る夕日と
もう一つ、実はメンズメイクだったんですね。
少々強引かもしれませんが、今でこそ徐々に市民権を得てきたメンズメイク。
それでも男性がメイクをすることに嫌悪感を覚える人が一定数いることも事実。
「男性がメイクをする文化はない」と言われたこともありますが、
歴史を紐解くと、男性とメイクというものは伝統も歴史もしっかりあるものだったのです。

もちろん一般的な文化ではない、と言われることが多々ある世の中です。
会社や学校では「女はマナーだから、メイクをしないのは失礼」というのに対し
「男が何メイクなんてしてるんだ」と叱りを受けるのは日常茶飯事です。

今の現状を嘆いたところで何も変わらないので、僕は気にせずただ好きなことをするだけですが、
実際生きにくいのも少々疲れたので、少しずつでも人の印象が変わればいいなというのが本音です。

画像1

そこで、今回のオンやるではメンズメイク企画を出展させていただきます!
これまで美容とは無縁だった人、少し経験があるが日常的なメイクはしてこなかった人。

そんな美容のお悩みを僕、YOと皆さんお馴染みのうぽるさんとともに
美容を好きなすべての人に送る大変身企画です!

当日は生配信でその場で返信してもらいますので、ぜひお越しいただいて
その変貌を一緒に見届けて下さい!

たくさんのご来場お待ちしております!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!