見出し画像

新年の運試し! “おみくじ”は“神様からの手紙”

小野照崎神社

新年を迎え、初詣の際に来る1年の願掛けとして、おみくじを引かれる方も多いかと思います😊

おみくじは、いうならば“神様からのお言葉”。

結果がいい場合も悪い場合も、おみくじには“今のご自身に必要なこと”が書いてあります。

運命は必ずや自ら切り開くことができます。結果が悪い場合も気落とすのではなく、おみくじに書かれた神様からの言葉をよく読み、心掛けてお過ごしください。

境内にはみくじの掛け所もございますが、書かれた言葉を自らの心に照らし合わせ、是非ご自宅までお持ち帰りいただいて、節目節目に見返していただき、咀嚼そしゃくをしながら、ご健勝にてお過ごしいただければ幸いです。

◆『日本書紀』のエピソードにちなんだ「まゆ玉みくじ」

当社のおみくじは、神様からの言葉を天然の繭に包んで守り届ける「まゆ玉みくじ」。

繭は蚕を守り育むものであり、古来から神様へ捧げる最高級の献上品である絹を産することから、「福を招くもの」「災厄を退けるもの」とされています。

『日本書紀』には、"天皇が皇紀に桑摘みと養蚕ようさんを勧められた"という記述があり、こうした歴史を大切に、皇后さまは現在も皇居内にある天皇家の養蚕所「紅葉山御養蚕所もみじやまごようさんじょ」で養蚕に取り組まれています。

当社の天然の繭を使って奉製された「まゆ玉みくじ」も、そんな歴史のある養蚕にちなんだもの。
また、もうひとつのおみくじである「幸せみくじ」は、まゆ玉に知恵の象徴とされているフクロウの姿を模したかわいらしい形をしています。

"フクロウ"という名前は「不苦労(ふくろう)」「福が朗々(ろうろうとあるように)」、という言葉とも掛かります。同封の「願い文」に願いを託し、御神前の結び処に繭ごと結ぶことで願いを育みます。

おみくじに書かれた言葉を自らの心に照らし合わせ、神様のお導きを戴いて、心豊かにお過ごしください…✨

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!