「十三夜」秋晴れが魅せる美しい月
見出し画像

「十三夜」秋晴れが魅せる美しい月

秋が深まり、月がきれいに見える季節になりましたね🌕

お月見といえば十五夜の中秋ちゅうしゅうの名月が有名ですが、日本由来のお月見の風習十三夜じゅうさんやがあることをご存じでしょうか。

今年の十五夜は8年ぶりの満月で好天とも重なった印象的な年となりましたが、この9月の頃は秋雨前線が活発化する台風の多い月です。

月の宴を楽しめればと平安時代には旧暦8月15日(十五夜)だけでなく、秋雨の落ち着いたひと月後の旧暦9月13日(十三夜)にもお月見をする風習が生まれました。

今回はそんな10月18日の「十三夜」、そしてお月見の風習についてのお話です!

画像13


◆「十五夜」と「十三夜」

お月見といえば、中秋の名月「十五夜」ですね😊

今年は9月21日が中秋の日でした。
新暦なので中秋の日だから満月という訳ではありませんが、今年は8年ぶりに満月と中秋が重なる年。

東京は空模様も良く、各地で中秋の空に見事な満月を見ることができました🌕

画像7

一般的には「お月見=十五夜」のイメージが強いと思いますが、これから訪れる「十三夜」の月も大変美しいとされています。

というのも、十五夜は中国から来た風習ですが、十三夜は日本で生まれて発展した風習です。

月の満ち欠けなどで暦を計算していた旧暦の頃、“人びとの生活と月”は今よりも密接につながっていました。

暦

十五夜は旧暦の8月15日の夜のこと。「中秋の名月」という名前は旧暦で7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋と呼んだことに由来します。

そんな十五夜の旧暦8月15日の頃は、日本では台風に重なる9月の頃。

十五夜は月の見えない「無月」になることもよくありました。

画像6

そこで、十五夜からひと月ほど遅らせた、晴れることの多い旧暦の9月13日を十三夜としました。
十三夜の日は、より日本の環境にあったお月見のタイミングにあたるのです。

令和3年の「十三夜」は10月18日
十三夜には、ゆったりと空を見上げてみませんか?

画像10



◆ススキのちから

今月の当社の御朱印の主役は「ススキ」

日本の秋を代表する植物のひとつで、「お月見」にも欠かせない植物です。

黄金色のススキの群生は秋を感じさせてくれますね✨

画像6


「お月見」の原初は、この中秋の欠けることのない見事な満月を「豊穣の象徴」として捉えたことにはじまります。

見事なお月様に芋や豆などの収穫物を供え、秋の収穫への感謝を捧げました。

画像8

お米は生活の中心となる大事な収穫物。
本来は、収穫感謝を捧げるお月見でも稲穂をお供えすることが本義ですが、この時期は稲穂がまだ実る前であり、お供えすることができません。

茎が中空となるススキは「神様の依代よりしろとされ、葉も茎も切り口が鋭いことから「魔除け」になるとも考えられていました。

そんなススキを稲穂の代わりとして飾り、これからはじまるお米の収穫安全を祈って、「豊穣の象徴」である欠けることのない満月をかたどった、まん丸の米の団子(月見団子)を供えるようになったといいます。

画像7

花より団子ですから、お月見に団子は欠かせませんが、こういった秋の花をお部屋に飾って季節を取り込むのも、豊かな時間の過ごし方のひとつ。

良い心の巡りをたすけてくれますね🙂

蟾ォ螂ウ縺輔s10譛医舌せ繧ケ繧ュ縲曾蟾ォ螂ウ縺輔s10譛医舌せ繧ケ繧ュ縲曾miko10gatsu



季節が移り変わると、衣替えの季節がやってくる

秋が深まる10月は衣替えのシーズンでもあります。

画像10

衣替えは4月1日と10月1日の年2回。

平安時代の宮中では旧暦の4月1日と10月1日を「更衣ころもがえの日」として、衣裳だけではなく調度品も改めていたのだそうです。

この慣習は現在も受け継がれており、学校や職場の制服も多くがこの時期に夏服から冬服へと衣替えをします。

また、4月と10月(及び11月)に、夏の御衣みけしと冬の御衣を交換する神事を行う神社も多くあります。

画像10

近世になり木綿の普及と衣料が多様化すると、武家社会では武士が真夏には帷子かたびら(裏地をつけない一枚の布で作られたひとえの着物)・春秋にはあわせ(胴回りや裾、袖部分に裏地をつけて仕立てた着物)冬には綿入れ(表布と裏布との間に防寒用に綿を入れて仕立てた衣服)と、四季に応じて衣服を替えるようになりました。

画像11


現在では衣服の素材もファッションも進化して多様な提案がされていますが、季節ごとの気候の変化が急激で、適切な着衣に益々気を遣う時代になってきている気がします。

季節の汚れはその季節のうちに落として、身体も衣服もきれいな状態で次の季節を迎えたいものですね。

画像12


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日も素敵な一日でありますように♪
東京入谷にある、852年創建の「小野照崎神社」公式noteです。 こちらでは神社の情報や、生活の中にある日本の文化について発信していきます😊 http://onoteru.or.jp/