見出し画像

カフェオーケストラ、インドの山小屋の味

私の地元、西荻窪はカレーの激戦地だ。
フレンチカレーの「Spoon」、酒とおつまみも出す「シューベル」、ネパーリーな正統派「サジロクローブ」…etc、いろいろあるけれどやっぱり私はカフェオーケストラのカレーが好きだ。

駅から徒歩5分。賑やかな飲食街を少し外れたあたりにある。重厚な木の扉を開けると、宮沢賢治とインドが融合したような不思議な世界観の店内が現れる。
一応「カフェ」と銘打ってはいるけど、全然カフェっぽくない。店員さんは全然ハキハキしていない。だらっとしている。それもまた良しだ。味で勝負している店であることが、一目でわかる。

私はいつもインド料理の店に行くと混乱する。メニューに使われている単語と日常生活で普段使用している言語との乖離の度合いが凄すぎるからだ。サグって何だっけ。チキンティカのティカって何?
いっこいっこ写真と照合しながら、ああ、そういえばほうれん草の事ねとか、なんか辛くて甘くてしょっぱいチキンの事だっけとか、記憶の中のインド部を開いて味を思い出す。

たくさんあるメニューの中から、サグチキンを選ぶ。

この続きをみるには

この続き: 1,350文字
記事を購入する

カフェオーケストラ、インドの山小屋の味

小野美由紀

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。

ありがとうございます!
19
文筆家。著書に銭湯を舞台にした青春小説「メゾン刻の湯」(2017.2)「傷口から人生。メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった」(幻冬舎文庫、2015年2月10日発売)絵本「ひかりのりゅう」(絵本塾出版、2014)など。http://onomiyuki.com/

この記事が入っているマガジン

それでもやはり、意識せざるをえない(小野美由紀のマガジン)
それでもやはり、意識せざるをえない(小野美由紀のマガジン)
  • ¥580 / 月

作家小野美由紀によるエッセイマガジンです。タイトル通り "それでもやはり、意識せざるをえない” 物事について、月に5-10本程度配信します。日々のエッセイ、恋愛、性愛、家族、また書くことについて、作家という職業について、ジャンル問わず本気でおすすめしたいもの・こと、お店、本、文章の上達に関するちょっとしたティップス、気になる人へのインタビュー、過去にあまり書いてこなかった世界一周中の出来事や旅などについても書く予定です。過去の紙媒体のエッセイ、単発の有料記事なども全てこの中に含まれています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。