見出し画像

日常生活を快適にするためのトレーニングは?

こんにちは。スモールジムFlare代表トレーナーの小野寺幸太郎です。

フィットネスクラブや県や市の運動施設を利用したことがある方は多いと思います。そういうところにおいてあるマシンといえば…

画像2

こんなのとか…(胸を鍛えるマシン)

画像1

こんなのですね!(お尻から太もも)

こういったマシンを使って筋トレをする前にそもそも考えなければいけないことがあります。それは「何のために筋トレをするのか?」ということです。

例えば「筋肉を大きくしたい」「筋肉をつけて見た目を良くしたい」というような「見た目」に関する理由であれば良いと思います。

しかし「疲れにくいからだをつくりたい」「雪道でも転ばないようになりたい」というような日常生活に対する問題を解決したいのであれば、マシンでの筋トレは適切だとは言えません。もちろんやらないよりはいいですが、お客様の要望に直接答えてはいません。

理由は、「座った状態で力強く脚を伸ばす動作」「座った状態で腕を前方に力強く押し出す動作」は日常生活にないからです。

日常生活にない動作を強くしても、日常生活を楽にすることにはなりません。逆に胸の筋肉は多くの方が硬く縮んでいますから、肩こりや巻き肩を助長してしまう可能性もあります。その前にそもそも姿勢が正しくないのであればまずそこを直していただかなければいけません。

日常生活を良くするという意味で筋トレをするのであれば、基本的には地に足をつけた状態での筋トレ、と同時に全身のバランス能力を向上させるような動作をする必要があります。特に片足重心での動作は重要です。

柔軟性や筋力が乏しく、それが難しいようであれば、段階を下げてまずはできる範囲で行って頂く。やれば必ずできるようになるので、そうしたら少し難度を上げる、を繰り返していくことで、歩く、走る、登る、しゃがむ、片足で耐える、などの動作が楽になる、自分のからだを楽に、そして思い通りに動かせるようになります。

いまやっていることと、自分がなりたいと思っていることはしっかり繋がっているかどうか?これを考える必要があります!

…といっても難しいですので(笑)そこはプロにお任せください!

くれぐれも、ご自身のからだの状態を把握しないまま、見よう見まねで筋トレをして怪我をする、ということがないようにお気を付けくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お役に立てるよう頑張ります!
7
フィットネスクラブ支配人兼トレーナーとして7年間勤めた後、地元青森市でフレアー株式会社を設立し「少人数制スクール型フィットネスジム」を開業。 <理念>:正しい運動・栄養・休養を伝え、心と身体をより良くし、人生を末広がりに謳歌する人を増やします!