見出し画像

やりさえすれば運動は何でもいい!

こんにちは!スモールジムFlare代表の小野寺幸太郎です。

コロナ渦で健康や運動に対するニーズは高まっているように思います。ユーチューブを観ながらストレッチや家トレを行っている人、ジムで運動している人、外をジョギングしている人、スポーツをしている人、様々ですね。

同時に「何かやらなきゃなぁ」、「でも何をしたらいいのかなぁ」と悶々としている方も多いのかなと思います。

正直、やりさえすればなんでもいいと思います!

ピラティスが良い、ヨガが良い、いやいやランニングが、大きな枠組みで言えば大差ないです!

迷って結局何もやらないのが一番よくない。

運動の意義の一つとして、普段動かさない筋肉や関節を動かし、血流を全身に巡らせることです。

私たちの日常というのはコリや血流悪化の温床です。決まった姿勢で決まった動作を一日中している。それが痛みや不調の原因になります。

それを打開するのが運動です。なので運動なんてやりさえすれば何でもいい。

強いて言えば自分が楽しいと感じて、週1~2回程度で続けられること。

そうすればからだは確実により良くなりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝ですッ!!
7
フィットネスクラブ支配人兼トレーナーとして7年間勤めた後、地元青森市でフレアー株式会社を設立し「少人数制スクール型フィットネスジム」を開業。 <理念>:正しい運動・栄養・休養を伝え、心と身体をより良くし、人生を末広がりに謳歌する人を増やします!