見出し画像

『カフェでごはん写真をおしゃれに撮る7つのコツ』


まえがき

このnoteはブログやインスタグラムで公開する「ごはん写真」をおしゃれに撮るために、誰でもできる基本的な撮影テクニックと心構えをまとめたマニュアルです。カメラ初心者の人でもこのポイントさえ押さえておけばグッとレベルアップできる!という7つの秘訣を解説しました。

まずは自己紹介

こんにちは!オニマガです。2013年より、ただただ好きなことを書き続けている個人ブログ「オニマガ」を運営しています。家族で名古屋の街を散歩して、美味しいものを食べては写真を撮って、それをブログやインスタで公開しています。いつの間にかそんなのが本業になり(まさかの散歩家として新聞にも載りました!)、今はブログを軸とした広告収益・オリジナル商品の販売・WordPressテーマ Minimal WPの運営・ブログから受注する様々なオモシロ仕事だけで、のんびり家族3人暮らしています(これまでの最高月間アクセス数は45万PV超、いつの間にやら本業になってしまったブログの作り方は、有料note「人気ブログを作る10の秘訣」で公開中です)。

今回はワタクシがブログインスタグラムで公開している「ごはん写真」を良い感じで撮るための秘訣を全て解説しようと思います。

おしゃれな写真を撮るのってやたら難しくないですか?

昨今は、カフェや飲食店に行ったらごはんの写真を撮る!そしてSNSやブログで公開する!ってのがもう当たり前の行為になりましたけど、自分の撮る写真はどういうわけかインスタでよく見るような「おしゃれな写真」にならない!なんてことありませんか?

「写真をどう撮って良いのかさっぱり分からない」
「インスタで公開しても反応が微妙」
「ブログの写真がどうもおしゃれに撮れない」
「プロみたいな良いカメラじゃないとダメなのかしら」
「別に誰かに褒めてもらいたいわけじゃないもん!」

と、半分諦めつつも、せっかくなら良い写真を撮りたいですよね。もしちょっとしたコツだけで簡単にオシャレに撮れるなら!

カフェや飲食店でご飯の写真を撮るのって、誰もが簡単そうにやってるけど、「おしゃれに撮る」「美味しそうに撮る」「なんだか良い感じに撮る」ってのは実はかなり難しいですよね。だって、撮影用にセッティングされてるわけじゃなくて、普通にお客さんとしてご飯を食べに行くわけなので、どこの席に案内されるか分からない、席を立って撮影できない、テーブルセッティングもできない、背景も窓の位置も運次第、ライティングは当然できない、どんな料理が出るかも分からない、お昼休みの時間もあまりない、そもそもご飯を食べに行ってるんだから、撮影に時間かけるなんて本末転倒(早く食べたい!)。みたいな感じじゃないですか。これは写真撮影にとっては条件がかなり難しい!

ちなみにワタクシもあなたと同様、普通にお客としてお店に行っているだけなので(取材デーとかPRみたいなお誘いは全てお断りしてます)、『できるだけ写真は一瞬で終わらせて、さっさと美味しいごはん食べたい!(でもちゃんと良い写真も撮りたい!)』って感じです。だからこそ、撮影の細かなテクニックよりも、その手前にある段取りと心構えがとっても重要になってきます。

と言っても、そんなに難しいことでもなく、基本的なコツだけ抑えれば、どんな条件でもある程度はいい感じに撮れるんじゃないかなーってなことで、普段やってる写真撮影の秘訣をまとめました。9,000文字以上のボリュームになってしまいましたが、誰でも簡単に真似できる内容です。特にカメラ初心者の人に向けて書きました(中級者以上の人にはテクニック的な面では特に目新しいことは書いてませんよ)。

  • 楽しくおしゃれな写真を撮りたい!

  • インスタのフォロワーを増やしたい!

  • ブログに綺麗な写真を載せたい!

  • 思い出をいい写真で残したい!

  • 毎日楽しく暮らしたい!

って言うあなた、ぜひぜひ活用してください!

以下、目次です。

目次

  • 秘訣1. 座る席で8割決まる!(狙うなら●●席)

  • 秘訣2. 光の当たり方を見極める!(狙うなら●●●光)

  • 秘訣3. カメラはなんでもいい!レンズは●●●がベスト

  • 秘訣4. 座って見たままの角度で撮ればOKの理由

  • 秘訣5. カメラの設定は「絞り優先モード」がおすすめ

  • 秘訣6. 料理は出てきたらできるだけ早く撮る

  • 秘訣7. 撮影後のひと手間(プリセット加工)でシズル感を倍増!

  • まとめ. 結局は数をこなすことが一番大事

  • おまけ. インスタグラムでフォロワーを増やす方法


という感じで、気なる本編は以下からどうぞ。

続きをみるには

残り 7,498字 / 3画像

¥ 999

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?