小川智彦|アーティスト、船大工見習い

風景を主題に作品制作やワークショップを行う。材料と工法に地域性が現れることに興味を持ち、木造和船の伝統工法による制作にも取り組む。京都在住・旭川出身▽https://ogawa-tomohiko.com/boatbuilding.html ▽ig @tomohiko.ogawa

小川智彦|アーティスト、船大工見習い

風景を主題に作品制作やワークショップを行う。材料と工法に地域性が現れることに興味を持ち、木造和船の伝統工法による制作にも取り組む。京都在住・旭川出身▽https://ogawa-tomohiko.com/boatbuilding.html ▽ig @tomohiko.ogawa

    最近の記事

    誉田屋源兵衛の大きなテーブル

    古い船底を再利用したテーブルとある仕事で京都市内中心部の老舗にお邪魔した際、置かれている大きなテーブルが古い和船の船底を再利用したものであることに気づいた。 それが誉田屋源兵衛で、京都市室町で創業285年を誇る老舗の帯商だ。 誉田屋源兵衛→https://kondayagenbei.jp/ ちょうど京都市内で新しく和船を作る話が進んでおり、細かな部分の造作が新しく手がける船の参考になるかも知れない。或いは、そのテーブルが京都の高瀬舟や琵琶湖の丸子船から再利用されたものなら

    スキ
    3
      • 実測図:丹後のトモブト

        トモブトの実測図 今年の1月に京都府立丹後郷土資料館に収蔵されているトモブトという船を実測した。実測をもとに実測図を描いていたのだが、急に忙しくなったりして作図作業は断続的になっていた。 このほど完成したので公開したい。 トモブトの概要については以前の記事も読んでいただきたい。 実測図 実際の図面は1/10縮尺で作成しているが、noteの仕様もあるので図面のキャプチャー画面を掲載している。 トモブトのあれこれ 船首の「バン」と呼ばれる部材裏に墨書きがあった。 「昭

        スキ
        8
        • 湯船の構想

          Coyoteという雑誌の取材を受けたので、これを機会に前から考えていたことをここにまとめておこうと思う。 船を湯船にする 今回取材を受けたのは、2021年3月15日発売の 「Coyote No.73 特集 自然と遊ぶ、サウナのある暮らし」 お題は、和船とサウナで何か考えられないかということだった。和船をサウナにすることはそれほど真面目に考えたことはないけれど、船は水の上に浮かべるものだし、サウナには水が必要なので言われてみると色々できそうだと思う。 「湯船」という船は

          スキ
          7
          • 丹後のトモブト

            トモブトの実測調査 2021年明けて、トモブトという船を実測することが出来た。 2017年に丹後で開催された「ART CAMP TANGO 音のある芸術祭」に参加し、この時自分は美術作品の展示と、それから但馬地方から丹後にかけて日常的に使われていた「丸子船」という船を復刻したのだった。 そのリサーチの時に見て以来、トモブトがとても気になっていた。 トモブトと丸子船はなんとなく似ているところがあるように思っている。大きさはトモブトの方が一回り大きい。トモブトを小型にして、船

            スキ
            4

            和船を作る道具の話

            和船を作るのには電動工具から手工具まで色々使う。 大工さんが使う道具と大差ないが、特徴のあるものもいくつかある。 この記事はそういった道具の紹介。 珍しい道具①アイバズリノコ 漢字で書くと「合い刃摺り鋸」だと思う。 船は水が漏れないというのが大事。しかし、数枚の板を剥ぎ合わせて幅広い板を作ったり、曲げた板と板を接合するなど、隙間が出来ないほうが不思議なくらいだ。 この鋸は、そんな突き合わせ面の隙間をなくす為に使う。 片刃の鼻丸鋸なのだが、縦挽きの刃が付いてるのがポイ

            スキ
            4

            巨椋池の蓮見船 その4

            久御山町中央公民館に展示されている漁船と、宇治市歴史資料館収蔵の蓮見船の写真をもとに「巨椋池の蓮見船」をたどる試み。 宇治市歴史資料館の写真から新たに設計する 宇治市歴史資料館所蔵の写真を注意深く見てみる。 赤い破線が船梁(ふなばり)。これらの船梁の間に乗れる人数を想像してみた。 黄色の破線が人。前にもう一人、後ろは一人か無理してさらにもう一人乗れそうである。 船の幅は、後ろの船梁上の船頭の足から推測すると、足の長さの4倍くらいはあるのではないか。 女性が正座した際の

            スキ
            4

            巨椋池の蓮見船 その3

            「巨椋池の蓮見船 その2」に引き続き、本稿では久御山町中央公民館に展示されている「巨椋池の漁船」の考察をさらに進め、この船の出自と、どのような経緯でこうした構造をとることになったかを自分なりに考えてみたい。 構造の特徴「巨椋池の漁船」の構造では、以下の点が目を引く。 ①二枚水押+剣先船 ②ハタ(舷側板)が一枚ではなく下部で継がれている ③トダテが一枚ではない ↑各部材の名称 ハタと水押の接合部 ①の特徴については「歴史と民俗 32号 特集 和船」 の、織野英史氏による

            スキ
            3

            巨椋池の蓮見船 その2

            このところ取り組んでいる、京都から大阪に至る淀川水系の和船の調査は、もともとは巨椋池(おぐらいけ)の蓮見船がどのような船だったのかを明らかにしたいという興味から出発した。 「高瀬船」「淀川三十石船」「くらわんか船」などはよく知られ、文学や芸能、あるいは地域の歴史を語るものとして様々に親しまれていると思う。 一方、「巨椋池の蓮見船」はそれほど注意を払われていないように感じるが、自分にとっては謎めいた存在として惹きつけられる。 巨椋池が干拓によって消えてしまったように、そこで使

            スキ
            4

            巨椋池の蓮見船 その1

            巨椋池 巨椋池(おぐらいけ)のことをご存知だろうか。 高速道路の第二京阪に「巨椋池」というインターチェンジがあって、名前の割に池は見当たらないのを不思議に思ったことがあった。それが自分が巨椋池のことに興味を持ち始めたきっかけだったと思う。 巨椋池は京都市の南にあった。池というか、湖といってもおかしくないくらいの大きさだ。 Wikipediaによると、 「干拓前の巨椋池は周囲約16キロメートル、水域面積約8平方キロメートルで、当時京都府で最大の面積を持つ淡水湖であった。」

            スキ
            9

            淀川三十石船その2

            三十石舟の実測 京都伏見桃山の旅館、「桃山温泉月見館」には三十石船がある。 かつては宇治川に舟を浮かべ、宿泊客を乗せ、宿泊客をもてなしていたとのことで、今回実測したのはそういった船だ。 実測することで淀川水系にまつわる舟への理解が深まるかもしれないし、知られざるエピソードを掘り起こせるかも知れない。どうであれ、木造和船は失われる一方で、記録は手の届く限り尽くさなければならない。 写真 写真上:シキ(船底)とハタ(舷側)を接合する釘の間隔は18cm程度。釘の長さは125

            スキ
            7

            京都の高瀬舟

            ここ数日、京都の高瀬舟の図面を書いている。造船の予定はないが、この船について知識を蓄え、図面を用意し、いつでも作れるように準備はしておきたい。 高瀬川 高瀬舟は京都高瀬川で使われた物資輸送用の舟である。森鴎外の小説の題名にもなっているし、実際に話の舞台は京都だ。高瀬川というのは北は二条と三条の間くらいから、南は宇治川まで、鴨川の西側を流れている浅くて小さな川。高瀬川の水は鴨川から引かれている。木屋町の川といえばピンと来る人も多いだろう。 この高瀬川という名前だけど、「高瀬舟

            スキ
            4

            淀川三十石船その1

            三十石船の造船記録映像 2020年7月25日、 「ふるさとミュージアム山城 ー京都府立山城郷土資料館ー」で、横手洋二さんから京都周辺の往年の和船にまつわるお話を伺った。この記事はその記録というか、覚書。 同資料館の1991年の第9号の館報で、「伏見の船大工」という報告をこの横手さんが書いておられて、かなり興味深いのだ。 当日、横手さんには京都周辺のかつての舟運についてあれやこれやとお話を伺ったのだが、核心部は伏見の最後の船大工である野崎志郎さんの船作りについて。1991年

            スキ
            8

            丸子舟の復刻 ー 知恵と技の亡失、舟が浮かんだ情景

            2017年から翌年にかけて、京都府の日本海側、但馬地方で使われていた丸子舟(マルコブネ)の復刻の機会があった。二枚棚構造の木造和船で、漁労にも使われていたが、それよりも移動の足として特に久美浜湾内では都合が良かったようである。 ▽ 一連の造船記録写真はこちらからどうぞ 完成直後に久見浜湾に実際に浮かべて子供たちを交え乗船体験会をすることもでき、感慨深い体験だった。制作を終えて感じたことや、造船技術の継承について常々感じていることを、少しまとまった文章にした。 - - -

            スキ
            5

            《調査企画》木の船の浮かぶころ、人々が見ていた京都の風景を思う

            今回の取組みは、高瀬川、伏見港、淀川航路と、京都周辺で使用された木造船を調査し、実際の造船に必要な図面を作成するものである。図面作成に要した資料は記録保存する。〔調査期間:2020年7・8月〕 私は芸術家として風景を主題に作品を制作している。その傍ら、数年前より伝統的木造和船の技術習得や調査にあたっている。これまで実制作した船については追って別の記事でご紹介したいが、今回はこのnoteを前述の調査過程の公開に活用しようと思っている。 後日続くレポートに先立ち、まずは調査のね

            スキ
            5