見出し画像

世界1位


これがどれほどのことなのか。

ツイッターのトレンド世界1位。


いつも自慢げにニュースで

取り上げているけど。


ワタクシはツイッターなど

SNSは一切、やりません。


ツイッターは日本のユーザーが多いとか。

ただ、日本はエンタメやスキャンダルの

ネタばっかりじゃないの?

それって必要なツイートなのかどうか。


自然災害だとか、あるいは社会問題を

個人が問題提起するようなね。

いろんな人に知ってもらうツール。

他国はそんな使い方してる感じがするし。


日本が幼さに寛容な社会だからか。

幼さというか、自律性の無さというか。

自立じゃないんです、自律のほう。


脈々と受け継がれている日本人特有の

「どこかに集まろうとする心理」を

併せ持っているからだろうか。


正直思うのは、みんなでワイワイな

Wi-Fi環境ならぬ、ワイワイ環境を

子どもみたいに求めているのかなぁと。


何かと集まりたい気質を持つ日本人が多い。

直接に会いづらくなっているコロナ禍だから

どこかに集まる環境を、ワイワイ環境を

求めているんだろうなと推測できる。


ワイワイ環境は弾むんですよ、話がね。

弾むということは

普段よりも大きく飛ぶ。

テイ~ン、テイ~ンって感じで。


空気パンパンに入れすぎた

ドッヂボールの玉みたいに。

イイたとえ(笑)


ということは、

話が大きくなるし、誇張されるし

感情が上塗りされた状態で伝え合う。

もうおわかりでしょう。


何割か増しで相手にも伝わるし、

自分にも何割か増しで伝わってくる。

この前提をみんな忘れている。


日本のツイッターはどうやら

諸外国のような「意見をする」という

ツールではなくて、ワイワイ環境で

井戸端会議の延長であるだけ。


これはたぶん、昔から存在していた。

それぞれの時代のカタチで存在していて、

いまはツイッターに居住しているが、

新しいツールが出るとまた移動し続ける。


この幼稚さのような部分を諸外国からは

指摘されていたりするようですけどね。


こういった志向をもっているからこそ、

他人に面と向かって強く言えないとか、

裏でコソコソ言い合うとか、になってくる。


駄々をこねて「え~?誰かやってよ」って

スタンスでケツをまくって前に進めない。


他人任せにしている間に、ホントの世界は

コロナ禍でも意志を明確に着実に前に進めている。


日本はどうですか?

内輪でゴチャゴチャ。言った言わない。

揚げ足取り。面白い面白くない。

楽しい楽しくない。・・・・・。


どうでしょう、「どの世界」の1位?

この「日本独特の世界」で1位なだけ。


強引にまとめると、幼い文化背景と

違うところで着想しないかぎりは

諸外国と「同じ世界」にカテゴライズされない。


そら、世界1位になるでしょうよ。

日本独特の心理を抱えた

「日本の世界」のユーザーが

東京の人口密度のように集中してるんだから。


誇らしげに世界1位を語れるもんでもない。

この精神構造が日本の血管となっていて

世代を超えて脈々と流れ続けている。


そして、それは構造的な欠陥でもある。

私たち日本人はこのことに気づいているのか。

まずここに気づかないかぎりは、

何をやっても変わらない。


それこそ「おしまいdeath!」(笑)







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
アメブロで「新しい鑑」というブログも同時進行中。過去の記事を含め、同じ記事を投稿してます。言葉とアイデアと発想で楽しく、面白く。2020年2月5日、note始め。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。